モネの生涯を超解説!うつろう光を色彩で表現した画家の戦いとは?

こんにちは!

今回は、日本人が大好きな印象派を代表する画家モネについて解説します!

早速見ていきましょう!

クロード・モネ

クロード・モネ《ベレー帽の自画像》1886年頃

クロード・モネはフランスの印象派の画家です。

パリの食料品店の次男として生まれます。

4、5歳のとき、ノルマンディ地方のル・アーヴルというセーヌ川河口の港町に引っ越しました。

学校を抜け出して、外で遊び回ることが大好きでした。

おこづかい稼ぎの似顔絵

クロード・モネ《オーギュスト・ヴァクリーの風刺画》1859年

絵が上手かったモネは、15歳頃には、描いた風刺画を、地元の文具兼額縁屋の店先に置いてもらっていました。

人気があり、似顔絵を注文する人も出てくるほどでした。

16歳のとき、母親が亡くなると、モネは学業を放棄してしまいます。

以降叔母のルカードル夫人が、モネのことを気にかけて面倒をみました。

モネにダヴィッドの弟子だった地元の画家にデッサンを学ばせたのも彼女でした。

モネの原点

クロード・モネ《ルエルの眺め》1858年

その似顔絵が画家のブーダンの目にとまり、モネを外でのスケッチに誘います。

モネより2歳年上のブーダンは、それまで室内のアトリエで制作することが当たり前だった時代に、キャンバスを戸外に持ち出し、陽の光の下で、空や海の風景を描いた画家でした。

ブーダンは、人間との付き合いより自然の中で独りで過ごすことを好むような控えめな性格でしたが、このときはなぜか乗り気でなかったモネを根気強く口説きました。

晩年になってもモネは、「自分が画家になれたのも、ブーダンのおかげだ」と語っています。

こうしてブーダンに口説き落とされたモネは、ブーダンの戸外での制作に同行し、この画家の即興的な絵画制作を見学しました。

ブーダンから、「似顔絵じゃなくて、油彩画勉強したらどう?」と言われたことから、モネは油彩に取り組むようになり、本格的に画家を目指すようになります。

画家の友達

父親の反対を押し切り、ブーダンの勧めるとおりにパリに出ました。

以後、モネと家族との間では何かと衝突が起こり、そのたびに仕送りが滞ることになったため、モネは経済的に苦しい日々を送ることになります。

バリで美術の勉強を始めたモネが学んだのは、歴史画家を養成する官立美術学校ではありませんでした。

歴史家になるつもりがなく、古典絵画に対して尊敬の念もなかったモネが選んだのは、自由に描くことができた私塾アカデミー・シュイスでした。

ここで出会ったのが、10歳年上のビサロでした。

印象派で一番の年長者で穏やかな性格だったピサロは、後に印象派の「長老」的な存在となり、個性の強い画家の集まりだったグループのまとめ役になっていきました。

21歳のとき、アルジェリアで1年ほど兵役を務めたモネは、病気になってル・アーヴルに戻りました。

そこでプーダンを通して、オランダ人の風景画家ヨンキントと知り合いました。

ヨンキントは、自然を自分が観察したとおりに描くことをモネに教えました。

17世紀オランダ風景画の伝統的な構図を基に、外光や大気を巧みにとらえ表すことができたヨンキントは、マネからは「近代風景画の父」と呼ばれていました。

ヨンキントには印象派のような大胆な画風は見られないものの、印象派の先駆者と見なされています。

健康が優れないことを理由に、家族が兵役免除の納付金を納めることで軍を正式に除隊することができたモネは、22歳のときにパリに戻り、官立美術学校に比べてはるかに自由な教育方針だったスイス人の画家グレールのアトリエに入りました。

そしてこのアトリエで、モネはシスレー、ルノワール、パジールとの運命的な出会いを果たし、仲良くなり、戸外で一緒に絵を描くようになりました。

26歳のとき、1865年のサロンで初入選しました。

バルビゾン派を思わせる暗めの色調でノルマンディーの海岸線を描いた2枚の海景画で、モネは海景画家として美術界にデビューしました。

そして、アルファベット順に展示されていたため、マネの《オランピア》と同じ部屋に展示されていました。

そのため、 その海景画はマネが描いたと勘違いされてしまいました。

マネは、自分の名を利用していると勘違いして憤慨したとか…。(後に誤解だと和解)

マネとモネ

クロード・モネ《草上の昼食》1865-1866年

そしてシャイイーで制作したのが、1863年の落選者展でスキャンダルを起こしたマネの《水浴(草上の昼食)》に着想を得た作品《草上の昼食》でした。

そんなマネは、モネのような若い画家たちのカリスマ的存在でした。

マネとモネの《草上の昼食》についての詳しい解説はこちら↓

この作品を観たクールベから批判を受けてしまったため、この作品を完成させることなく、1866年のサロンへ出品することを諦めました。

クロード・モネ《緑衣の女》1866年

そして代わりに入選を果たしたのが《シャイイーへの街道》と、当時知り合ったばかりの恋人で4年後に結婚するカミーユを描いた上の絵でした。

ベラスケスを思わせる暗い背景とともに描かれたこの作品は、スペイン趣味が強かったこの頃のサロンの審査員からも批評家からも好評でした。

前年のサロンではモネに対して憤慨したマネでしたが、彼も《緑衣の女》に注目し、それを知った友人のアストリュクがモネをマネのアトリエへと連れて行き2人は出会いました。

そしてマネの死まで、2人の友情は続くことになりました。

翌年、カミーユが再びモデルの一人を務めた《庭の女たち》をサロンに応募しました。

伝統的に人物は屋内の設定で描くところを、外光に満ちた戸外に持っていった作品でしたが、結果は落選となりました。

この1867年のサロンの審査委員会が保守化したため、後に印象派と呼ばれる画家たちはドガとモリゾ以外は落選しました。

そのため、彼らは自分たちだけのグループ展を企画しようとしましたが、質金不足のために計画は頓挫しました。

お金持ちバジールに頼りまくる極貧モネのエピソードを紹介!

2020.11.24

1867年8月8日、モネとカミーユの長男ジャンが誕生しました。

ジャポニズムブーム

パリで日本ブームが起こります。

日本の浮世絵、特に葛飾北斎の絵に影響を受けます。

同じ風景を描いても、時間によって色彩が変化するということに気が付きます。

一番仲良しなルノワール

クロード・モネ《ラ・グルヌイエール》1869年

29歳の夏、ラ・グルヌイエールルノワールと一緒に絵を描きます。

このときに描いた絵こそ、印象派の画風が誕生した記念すべき絵でもあります。

詳しい解説はこちら↓

結婚とロンドンでの出会い

普仏戦争が勃発すると、徴兵を逃れるために、ロンドンに渡りました。

そこで、同じ時期にロンドンに避難していたピサロと出会います。

このとき、モネはカミーユ結婚します。ピサロも同じくロンドンで結婚します。

その約1週間後に、画家になることを後押ししてくれた叔母ルカードル夫人が亡くなりました。

その後モネは、ノルマンディー地方の海辺の保養地トルーヴィルに、カミーユと息子ジャン、そしてブーダン夫人と滞在しました。

普仏戦争で、親友パジールが29歳の誕生日を目前に戦死しました。

戦争を避けてロンドンに滞在中だった画商ボール・デュラン=リュエルと出会いました。

彼は、印象派絵画に誰よりも早く着目し、フランスのみならず世界に売り込んだ人物でした。

同じようにロンドンに逃れていたバルビゾン派のドービニーが、モネとビサロをデュラン=リュエルに紹介しました。

ドービニーは1870年のサロンの審査委員を務めた際、落選扱いとなったモネに対する審査結果を不満として審査委員を辞めたほど、28歳年下のモネの才能を高く買っていました。

そして、ロンドンに一緒に逃れることを強く勧めた彼は、経済的に困窮しながら外国に滞在中のモネを、何かと気にかけてくれていました。

こうした出会いもあって、バルビゾン派を扱う画廊(もともとは文具・画材)を引き継いでいたデュラン=リュエルは、次の時代を担う絵画として印象派に注目していきました。

ロンドンでは、同地に逃れていたピサロとともに美術館を訪れて、イギリスの風景画家コンスタブルとターナーを研究しました。

その後1871年5月までロンドンに滞在したモネ一家は、敬愛するドービニーとともにオランダに向かいました。

水面を好んで描いた画家だったドービニーとモネの2人は、運河や水車など、水辺の多いオランダの風景はさぞかし気に入ったことでしょう。

モネはその後もオランダを訪れています。

第1回印象派展

クロード・モネ《印象、日の出》1872年

1874年、第1回印象派展が開催され、モネは12点出品します。

余談ですが、パリでこの第1回印象派展が開催された建物をチラッと見る機会があり、わ〜あれがこれか〜!と感動しました。ラコステの隣の建物で、今はお店が入っていました。聖地巡礼〜!

上の絵は「印象派」の命名の元となった、有名な作品です。

《印象、日の出》というタイトルですが、モネが描いたのは夕日です。

ちなみに「印象派展」というタイトルは、この展覧会でモネの《印象、日の出》を見た批評家が、批判するために使った「印象」という言葉から、後につけられた名称で、モネたち言い出したわけではありません。

結局、最初のグループ展はモネに経済的な安定をもたらすことはありませんでした。

この頃のモネは、デュラン=リュエルからの経済的支援が難しかったため、かつて親友パジールにそうしたように、マネに経済的援助を頼むことがありました。

モネは成功した後も、友人に家族の心配事など、愚痴や泣き言を手紙に書いて訴えることが多くありました。

モネ確かに苦労人ではありましたが、基本的に自分の周りの甘えられる人物に、経済的であれ、精神的であれ、たえず無心するようなところがありました。

したがってこの頃のモネも、経済的な困射を大げさに訴えていた傾向があります。

モネの家族の姿は、どう見ても優雅なブルジョワ風です。

モネには、売り込み上手で甘え上手なところがあり、それは職業画家としては大事な才能でもありました。

愛しのカミーユ

クロード・モネ《散歩、日傘をさす女性》1875年

モネは、カミーユをモデルに多数の絵を描きます。

2人はとても仲が良かったそう。

モネは常人と違う視力を持っていたと言われています。

空に厚い雲がかかっていても、「陽が出てきた」と言い、実際まもなく晴れてきたと同時代人が証言しています。

クロード・モネ《死の床のカミーユ》1879年

次男ミシェルが生まれた時も、マネがモネの訴えに応じて経済的援助をしています。

しかしカミーユは病気で32歳という若さで亡くなってしまいました。

その際、モネは死の床のカミーユの変化していく顔を描いています。

妻に対する愛情と画家としての業(ごう)が同時に表れている作品です。

ドロドロの昼ドラ…

1880年頃の写真 緑がモネ家、紫がオシュデ家

同じ年の秋、モネ一家はアルジャントゥイユよりずっとセーヌ河口に位置する村ヴェトゥイユに引っ越しました。

借金はマネに頼みました。(モネの常套手段)

モネは以後、パリに住まいを構えることはなく、その結果、印象派の仲間たちとは物理的にも精神的にも距離が生まれていくことになります。

このヴェトゥイユでは、事業にも印象派への投機にも失敗して破産し、住むところを失ったオシュデ夫妻と、彼らの6人の子供たちと同居生活を送ることになりました。

世間からは印象派の中心人物として見なされるようになっていったモネの前に、顧客として現れたのが実業家のエルネスト・オシュデでした。

オシュデの妻アリスの子供の1人は、昔、絵を描くためにオシュデの邸宅に滞在した1年後に生まれた子供のため、モネの子では?ともいわれています…。

一方、オシュデは家族を残してベルギーに行ってしまいました。

病気のカミーユと、カミーユの子供の面倒を見たのは、アリスでした。

カミーユの存命中からお互いに愛情を感じていたといわれているモネとアリスは、以後2人で お互いの8人の子供を育て家庭を築いていきました。

しかし、当然のことながら 経済的な負担は相当なものとなりました。

そのため、モネは1880年のサロンへの復帰を決意しました。

この決断の背景には、1879年のサロンでの親友ルノワールの大成功がありました。

ルノワールの《シャルパンティエ夫人と子供たち》がサロンで大評判となり、ルノワールは一気に上流階級の人気肖像画家としての地位を確立し、やっと貧しい生活から抜け出すことができました。

低下してきたとはいえ依然としてサロンの権威は、世間にとっては絶対的なものでした。

モネは無事に1880年のサロンに入選を果たした後、6月には最初の個展を開くことができ、顧客もつき始めたおかげで借金を無事に返すことができました。

こうしてモネの運勢も、40代になってから徐々に好転していきました。

41歳のとき、画商デュラン=リュエルに引っ越し資金を出してもらい、モネとアリスと子供たちはセーヌ川に面したポワシーに引っ越しました。

しかし、この新しい土地が気に入らなかったモネは、新しい移転先を探し、見つけたのがジヴェルニーでした。

42歳のとき、再びデュラン=リュエルに資金を出してもらい、モネ一家は人口300人ほとの小さな村だったジヴェルニーに引っ越しました。

セーヌ川と支流のエプト川の合流地点に位置する、パリから3キロメートルほど西にあるジヴェルニーはモネの終の棲処になりました。

46歳のときの最後のグループ展には出品しなかったモネでしたが、この頃には彼の作品をはじめ印象派はすでに革新的でも前衛的でもありませんでした。

皮肉なことに、だからこそ印象派は世間に受け入れられ始めたのでした。

芸術運動においても印象派は、後に「ポスト印象派」や「新印象派」と呼ばれるようになる画家たちにとって「古典」になっていました。

そしてそのことを象徴するかのように、1889年にモネは同い年の彫刻家ロダンと合同で展覧会を開いています。

「近代彫刻の父」と「近代絵画の象徴的存在」との合同展でした。

翌年に50歳を迎えるモネにとって、それは自分の半生の回顧展にもなりました。

一方、風景画家としての道を歩んでいたモネにとって、着想源を得るための旅行は大事な仕事の一部でした。

1880年代に入ると、モネはノルマンディーやブルターニュの海岸をはじめ、リヴィエラ海岸やオランダなどに頻繁に制作旅行に出かけるようになりました。

そして、同じ場所で天気や時間などの違った状況の下で描き、後の連作群の予兆のような作品を制作し始めました。

49歳のときのクルーズ溪谷への旅行では、モネ自身が初めて 「連作」という言葉を使った9点の作品が制作されました。

一方、1880年代初頭まで好景気を迎えていたフランスの美術市場全体が活性化されたことで、その余波は印象派絵画にも及んでいました。

しかし、1882年に再びフランスの景気が悪化したため、有能な経営者デュラン=リュエルは、フランス市場よりも巨大なアメリカ市場を新しいターゲットとして狙いを定めていきました。

奇跡の連作

40代から晩年にかけて、モネは連作を描くようになります。

詳しい解説はこちら↓

モネの連作を超解説!あまりにも革新的だったその作品とは?

2021.07.21

クロード・モネ《積みわら、夏の終わり》1891年

『積みわら』25連作

クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》1891年

『ポプラ並木』23連作

クロード・モネ《ルーアン大聖堂、ファサード(日没)》1892年

『ルーアン大聖堂』33連作

睡蓮の池を造る

クロード・モネ《ジヴェルニーの日本の橋と睡蓮の池》1899年

世間での印象派に対する風当たりが弱まっていく中、モネの顧客や取引先も増え始めていき、経済的な成功に伴い、私生活も充実していきました。

ジヴェルニーに熱烈に恋したモネは、50歳のときにはデュラン=リュエルの資金援助を受けて正式に家と土地を購入しました。

そしてさらに53歳のときには土地を買い増し、エプト川から水を引いて「水の庭園」を造り上げ、歌川広重の「名所江戸百景亀戸天神境内」(1856~58)に似せたといわれる太鼓橋を架けました。

51歳のとき、エルネスト・オシュデが世を去ったため、翌年7月10日にアリスと正式に結婚しました。

その4日後には義理の娘となったシュザンヌが、ジヴェルニーに移り住んだアメリカ人画家セオドア・アール・バトラーと結婚しました。

最初は2人の結婚に反対だったモネでしたが、バトラー家が資産家だとわかると態度を変え結婚を許しました。

59歳のとき、シュザンヌが2人の子供を残して世を去ると、バトラーはシュザンヌの姉妹のマルトと再婚し、バトラーはジヴェルニーで生涯を終えることになります。

彼女たちの姉妹のブランシュは、17歳の頃からモネの助手兼生徒となりました。

そしてシュザンヌのように、アメリカ人の画家と恋に落ちました。

バトラーの友人ジョン・レスリー・ブレックでした。

しかし、この2人の関係はモネに反対されて破局に至ってしまいます…。

結局ブランシュは、一緒に育ったモネの長男ジャンと1807年に結婚しました。

そして1913年に夫ジャンに先立たれると、プランシュはジヴェルニーに戻り、1911年にアリスに先立たれていたモネの晩年の世話をしました。

20世紀になるとモネの名声は、アメリカをはじめ世界各国へ広がっていきました。

そして母国フランスでも大家扱いを受けるようになっていました。

作品はモネ自身も驚くほどの高額で取引され、前衛的で革新的と見なされていたモネも確固たる古典になっていました。

68歳のとき、アリスと訪れた水の都ヴェネツィアを最後に、モネは愛するジヴェルニーから離れることはありませんでした。

そして、晩年のモネの着想源となった庭の池の睡蓮を、それまでの植物カタログや図鑑から発展したボタニカル・アート以外では西洋美術ではあり得ない構図で描いていきました。

かつては伝統的な静物画のように壺に生けた花を描いていたモネでしたが、ジヴェルニーの池を描いていくうちに周囲の庭から離れて、水面の睡蓮のクローズアップという画期的な構図で描くようになりました。

花鳥風月を主題にした美術に親しんできた日本人にはお駅染みの構図ですが、西洋美術では独創的で画期的でした

75歳のとき、『睡蓮』連作専用のアトリエを建て、制作しました。

そして白内障による視力の衰えから、対象はいっそう抽象化していき、図らずも前術性が強調される結果となりました。

印象主義が古典になっていた20世紀において、新たに現代性の強い作品を最晩年に生み出すことになりました。

視力の衰えさえも、生涯自分の視覚に忠実であろうとしたモネにとって、新しい造形性を生み出す手段となりました。

83歳のとき、嫌がっていた白内障の手術を受けたのは、友人であるクレマンソー首相と78歳のときに交わした約束を守るためでした。

モネが新たに大アトリエをジヴェルニーの庭の一角に建て、制作していた「睡蓮」の大壁画の連作の一部を、第一次世 界大戦の勝利を記念しフランス政府に寄贈する約束をしていました。

すでに動き始めていたプロジェクトに対して、白内障が悪化したからといって制作を放棄できなくなっていました。

こうして最晩年のモネに、母国フランスは最大の敬意を払うことになります。

晩年のモネが描き続けた睡蓮の集大成ともいうべき大壁画のために、政府はテュイルリー公園内のオランジェリー(オレンジの温室)を美術館として生まれ変わらせました。

印象派最大の巨匠となっていたモネは、愛するジヴェルニーで86歳の生涯を閉じました。

クロード・モネ《睡蓮:緑の反射》

1927年5月7日、オランジェリー美術館で大壁画8点の除幕式が行われました。

「睡蓮の絵だけで部屋を飾りたい」というモネの夢は実現し、オランジェリー美術館で見ることができます。

オランジュリー美術館に行ったときの話はこちら

まとめ

・モネの描いた《印象、日の出》が印象派の名前の由来
・睡蓮を描くために庭を造り、専用アトリエも作った