モネが木を買ってまで描き続けた連作『ポプラ並木』を紹介!

こんにちは!

今回は、モネの連作『ポプラ並木』についてです。

早速見ていきましょう!

ポプラ並木

エプト川近くのリメツ沼の岸辺にあったポプラ並木がモデルです。

23点の連作です。

木を買う

絵を描き終わる前に、描いていた木がオークションにかけられてしまいます。

今切り倒されたら困ると、モネはを買います。(笑)

連作を描き終わった後は、材木商人に木を売りました。

一部プライベートコレクションなどで、ネット上で画像が見つけられないものもありました…。

16点どうぞ!

《ジヴェルニーのポプラ並木:曇り空》1891年

《ポプラ並木》1891年

《エプト河岸のポプラ並木、秋》1891年

《エプト河岸のポプラ並木》1891年

《エプト河岸のポプラ並木》1891年

《ポプラ並木、風の影響》1891年

《ポプラ並木、灰色の天気》1891年

《ポプラ並木、春》1891年

《陽を浴びるポプラ並木、夏》1891年

《ポプラ並木、秋》1891年

《ポプラ並木、秋》1891年

《ポプラ並木、秋》1891年

《ポプラ並木》1891年

《エプト河岸のポプラ並木》1891年

《エプト河岸のポプラ並木、湿地の眺め》1891年

《沼から見たポプラ並木》1891年

成功

1892年、画商モーリス・ジョワイアン(ゴッホの弟テオの画廊を継いだ、ロートレックの友人)が、数点購入し、モンマルトル大通り展示したり、

画商デュラン=リュエルが15点ほど展示したりと、大成功。