ベラスケスが描く絵の中で生き続けるマルガリータ王女の生涯とは?

こんにちは!

今回は、ベラスケスが描いたマルガリータ王女をまとめてみました!

特に有名なのが、あの《ラス・メニーナス》ですね。

早速見ていきましょう!

マルガリータ王女

マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャは、スペイン王フェリペ4世の娘です。

フェリペ4世は、マルガリータのことを溺愛

神聖ローマ皇帝レオポルト1世の最初の皇后でもあります。

ちなみにレオポルト1世は叔父さんです…。

3歳

ディエゴ・ベラスケス《ピンクのドレスを着たマルガリータ王女》1654年

手に持っている「高貴さ」のシンボルです。

しゃくれてない

ハプスブルク家といえば、近親婚を繰り返したことによる「しゃくれ顎」で有名ですが、マルガリータは、そこまで影響を受けなかったそう。よかったね。

4歳

ディエゴ・ベラスケスとその工房《マルガリータ王女》1654年

お見合い用の絵

マルガリータ単体のこういった絵って、何のために描いていると思いますか?

実は、お見合い相手「ウチの娘、こんな感じに美しく育ってるよ〜」と伝えるための絵なんです。(もちろんそれ以外にも、自分のお城に飾る用だったりもします)

昔は、今のように遠いところへ行くには相当時間もかかるし、危険も伴うし、もちろん写真も無いので、絵を送っていたんです。

実際に初めて会うのは、結婚式の日や、実際に相手の城へ嫁入りしたときでした。

なので絵とあまりにも違いすぎて、ショックを受ける人もいたり…(笑)

マルガリータの肖像画は、3歳、5歳、8歳のときのものを、相手に送っています。

5歳

ディエゴ・ベラスケス《白いドレスを着たマルガリータ王女》1656年頃

叔父さんと結婚

15歳のとき、母親の実弟で11歳年上の聖ローマ皇帝レオポルト1世と結婚します。

王族の人間は他国に嫁いだ場合、もう二度と両親とは会うことができません。

マルガリータはレオポルト1世のことを「叔父上さま」と呼び、

レオポルトは、「グレートル(ドイツ語での愛称)」と呼びました。

2人とも芸術と音楽が好きで、結婚生活は幸福だった…といわれています。

今の感覚でいうと、「ありえない…無理…」って思いますが、

時代背景や、生まれ育った環境が特殊なため、小さい頃から教育という名の洗脳を受けていれば、これを「幸せ」って思えるのかなぁ…いや、かわいそうでしょ…

ディエゴ・ベラスケス《ラス・メニーナス(女官たち)》1656年

世界3大名画のひとつ《ラス・メニーナス》についての詳しい解説はこちら

ピカソが描いた《ラス・メニーナス》については、こちら

8歳

ディエゴ・ベラスケス《青いドレスのマルガリータ王女》1659年

6年間の結婚生活で、マルガリータは6人の子供を授かりましたが、成長したのは1人だけでした。

血族結婚の弊害で生まれつき体が弱いのに、多くの妊娠を経験し、体がかなり弱っていました。

そして、第6子を出産した直後に亡くなりました。

まだ21歳でした。

彼女は今も、絵画の中で生き続けています。

ディエゴ・ベラスケスまたはフアン・バウティスタ・マルティネス・デル・マーソ《ピンク色のドレスを着たマルガリータ王女》1661年頃

この絵は、ベラスケス作だろうと思われていましたが、現在では、ベラスケスの義理の息子フアン・バウティスタ・マルティネス・デル・マーソの作品では?といわれています。