1番印象派っぽい絵を描いた画家シスレーを超解説!

こんにちは!

今回は、一番印象派っぽい絵を描いた画家シスレーを紹介します。

早速見ていきましょう!

アルフレッド・シスレー(1839-1899年)

ピエール=オーギュスト・ルノワール《アルフレッド・シスレー》1864年

アルフレッド・シスレーはフランス生まれのイギリス人の画家です。

裕福な家

パリで4人兄弟の次男として生まれました。

父親も母親もイギリス国籍で、父親はパリで絹を扱う貿易商だったこともあり裕福でした。

18歳のとき、英語とビジネスの勉強のため叔父のいるロンドンへ行きました。

しかしビジネスよりも美術に興味を持ち、美術館に熱中し、ターナーコンスタブルなど、イギリスで主流の風景画に心惹かれました。

モネやルノワールとの出会い

21歳のとき、帰国し、バジールのすすめで当時パリで一番有名なシャルル・グレールの画塾に通い始めます。

そこでモネルノワールと知り合い、仲良くなります。

24歳のとき、落選展でマネ《草上の昼食》に衝撃を受け、モネ 、ルノワール、バジールとフォンテーヌブローの森で作品を制作しに出かけます。

彼らは、室内より戸外で風景画を制作することを選びました。

そのため、彼らの作品は当時の人が見慣れていたものよりも色彩豊か大胆だったため、あまり売れませんでした。

25歳のとき、パリでアパートを借り、貧乏だったルノワールに部屋を提供しました。

シスレーは父親の援助があったため、他の画家より経済的に恵まれた立場にありました。

ビギナーズラック

アルフレッド・シスレー《森へ行く女たち》1866年

27歳のとき、サロンにこの作品で初入選します。

結婚は50代後半

ピエール=オーギュスト・ルノワール《アルフレッド・シスレー夫婦》1868年頃

花屋の娘マリー・レクーゼクと同居し、2人の子供が生まれます。

なぜか2人が正式に結婚したのは50代後半でした。

29歳のとき、カフェ・ゲルボワに通い始めます。

そこには、モネ 、ルノワール 、バジール、ファンタン=ラトゥール、ピサロ、ドガセザンヌらがマネを慕って集まっていました。

状況が一転…

31歳のとき、普仏戦争が勃発します。

敵兵に、家と財産を奪われてしまいます。

父親は破産し、翌年亡くなってしまい、経済的援助が無くなってしまいます。

売れない

アルフレッド・シスレー《ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンヌの橋》1872年

ピサロに画商デュラン=リュエルを紹介してもらいますが売れず…。

アルフレッド・シスレー《霧の中の隣人》1874年

35歳のとき、第1回印象派展に5点出品します。

2、3、7回展にも出品しました。

しかし、良くも悪くも注目されるのは、モネやルノワールなどで、シスレーの作品は誰の目にも止まらず…。

アルフレッド・シスレー《洪水と小舟》1876年

経済的困窮

アルフレッド・シスレー《サン=マメス六月の朝》1884年

40歳のとき、久々にサロンに出品してみますが、落選します。

44歳のとき、デュラン=リュエル主催で個展を開きましたが、全く売れず…。

扇に絵を描くバイトを始めますが続きませんでした。

芸術的にも経済的にも困窮します。

49歳のとき、デュラン=リュエル画廊でルノワール、ピサロと3人展を開き、少し売れました。

51歳のとき、国民美術協会のサロンが開設され、出品し続けます。

病と死

アルフレッド・シスレー《モレ教会(完全な太陽)》1893年

56歳くらいから、リウマチを患います。

58歳のとき、ジョルジュ・プティ画廊で大回顧展が開催されますが、全く売れず大失敗に終わります。

マリーと正式に結婚しますが、彼女は翌年亡くなってしまいます。

フランスの市民権を得ようと申請しますが、却下されてしまいます。

2度目の申請時には、病気が原因で却下されたそう。

59歳のとき、自分の死を予感し、モネに子供たちとアトリエの後見を頼み、妻が癌で亡くなった数ヶ月後、喉頭癌で亡くなりました。

いちばん印象派

アルフレッド・シスレー《モレの私の家》1892年

1900年頃、マティスがピサロに会った時に、マティスが「典型的な印象派の画家は誰か?」と尋ねると、ピサロは「シスレーだ」と答えたそう。

他の印象派の画家の多くが、後に印象派の技法を離れたなかで、シスレーは最初から最後まで印象派の技法で描き続けていました。

シスレーの描く絵は、明るくきれいな絵ばかりで、言ってしまえばワンパターンでした。

エッジの効いた作品というものが特になく、個性や独創性がないといわれています。(私は大好きですが)

生前あれだけ売れなかったシスレーの絵は、死後評価され、高く売れていきました。

まとめ

シスレーは、印象派の中で一番印象派っぽい絵を死ぬまで描いた画家。