ダンディーでパリジャンな画家マネについて解説!

こんにちは!

今回は、印象派ではないけど、印象派のリーダー的存在マネについてです。

早速見ていきましょう!

エドゥアール・マネ(1832-1883年)

エドゥアール・マネ《自画像》1878-1879年

エドゥアール・マネはフランスの画家です。

マネの自画像は2点しか残っておらず、その内の1点、上の作品はアーティゾン美術館で見ることができます。

ブルジョワ

父親は高級官僚、母親は外交官の娘というブルジョワな家庭の長男として、パリで生まれました。

マネには2人の弟がいます。

母親からピアノを、芸術好きの伯父からを教わりました。

叔父は、マネや弟たちをルーヴルへ連れて行ってくれました。

夏には、避暑地のブルターニュの別荘に行き、毎日海を眺めていました。

諦め

伯父の影響もあり、絵画に興味を持っていましたが、父親はマネに法律家になってほしいと考えていました。

なぜなら芸術家は収入が安定しないからです。親心。

そんな両親の気持ちを汲んで、16歳のとき、父親に「海軍に入る!」と宣言し、海軍兵学校の受験を受けますが失敗

今度は、水夫の見習いでブラジル行きの船に乗りますが、海を眺めているばかりで、全然水夫としての仕事はしませんでした。

翌年、パリに戻り、また海軍芸学校の受験を受けますが、失敗

「手堅い職を!」と思っていた父親も諦め、マネは画家の道を歩むことを許されます。

画家を目指す

18歳のとき、画家を志し、歴史画家トマ・クチュールのアトリエに入り、6年間修業します。

ルーヴル美術館に行き、ティツィアーノやブーシェ、ルーベンスなどの絵を模写しました。

他にもイタリアやドイツなどの美術館をまわりました。

誰の子?

エドゥアール・マネ《ピアノを弾くマネ夫人》1868年

弟のピアノ教師だった、シュザンヌ・レーンホフと恋仲に。

20歳のとき、シュザンヌがレオンという男の子を生みます。

マネの子では?といわれていますが、よくわかっていません。

シュザンヌと結婚してからも、マネがレオンを認知していないことから、マネの父親がレオンの父では?ともいわれています。修羅場かな?

どちらにせよ世間から隠すために、戸籍上はシュザンヌの弟として届け出ていました。

サロンへの挑戦

エドゥアール・マネ《アブサンを飲む男》1859年

27歳のとき、サロンに初めて上の作品を出品しますが、酔った男という現実的な主題が絵として相応しくないと酷評され、落選します。

しかし審査員のひとりだったドラクロワは評価してくれました。

サロン初入選は両親の肖像画

エドゥアール・マネ《オーギュスト・マネ夫妻の肖像》1860年

29歳のとき、サロンに上の作品と《スペインの歌手》が初入選します。

サロンに作品が入選=画家としての成功への道、なので、サロンでの成功を重要視していた父親を安心させることができました。

スペインの歌手、エドゥアールマネ(フランス、パリ1832〜1883パリ)、キャンバスに油彩

エドゥアール・マネ《スペインの歌手》1860年

ちなみにこの絵、間違えてギターの構えを逆に描いてしまっています。(笑)

その後、マルティネ画廊で、主要作品を展示する展覧会を開き、若い画家たちがマネの作品を見て衝撃を受けました。

30歳のとき父親が亡くなり、翌年31歳でシュザンヌ結婚しました。

一大スキャンダル

エドゥアール・マネ《草上の昼食》1863年

1863年のサロンは、例年に比べて審査が非常に厳しく、出品作品約5,000点の内、約3,000点が落選しました。

そこで正式なサロン展覧会とほぼ同時期に落選展が開催されました。

31歳のマネの作品も落選点で展示されました。

その作品こそ、スキャンダルを巻き起こした《草上の昼食》です。

何が問題なのかというと、「現実の女性の裸を描いた」からです。

詳細はこちら↓

スキャンダラスな名画!マネの『草上の昼食』とモネの絵を解説!

2020.06.10

位置が逆

天使のいる死んだキリスト、エドゥアール・マネ(フランス、パリ1832-1883パリ)、キャンバスに油彩

エドゥアール・マネ《死せるキリストと天使たち》1864年

32歳のときのサロンに入選したこの絵、びっくりするような間違いがあるのですが、どこかわかりますか?

なんと、イエスの傷口の位置が違うんです!

マネの絵では左にありますが、正解はです。

前以上に不評

エドゥアール・マネ《オランピア》1863年

33歳のとき、サロンに作品が入選しましたが、この作品は、《草上の昼食》以上のスキャンダルとなりました。

何が問題なのかというと、「現実の娼婦を描いた」からです。

詳細はこちら↓

マネがこういった前衛的な絵を描き続けられたのも、家がお金持ちで生涯お金に困ることもなく、他の画家のように生活のために絵を売る必要がなかったからというのも大きいはず。

マネモネマネモネ…

この時のサロンに、無名時代のモネの作品も入選していました。

アルファベット順でマネと同じ部屋に作品が並べられていたことから、モネの絵をマネの絵と勘違いした人々が、マネに祝福の言葉をかけました。

マネは、自分の名前を悪用して名を売ろうとしている画家がいると思い、とても怒りました。(後に誤解だったと和解)

ベラスケス風

絵を酷評されすぎて疲れ果てたマネは、スペインへ旅行に行きます。

スペイン滞在中は、マドリードの王立美術館(現プラド美術館)でベラスケスの絵を研究しました。

エドゥアール・マネ《笛を吹く少年》1866年

34歳のときのサロンには、上の作品を出品しますが、落選。

この絵は、ベラスケスの影響を受けて作られた作品でした。

少年の顔のモデルは、シュザンヌの子レオンだといわれています。

この頃、駆け出しの作家だったエミール・ゾラがマネのアトリエを訪れ、マネに心酔するようになりました。

マネは、カフェ・ゲルボワの常連客でした。

このカフェには若い画家や、ゾラなどが集まっていました。

個展を開く

35歳のとき、パリ万博で自分の作品が展示されなかったことから、展覧会場近くに多額の費用をかけて会場を作り、主要作品50点を展示する個展を開きます。

費用は1万8000フランで、これは高級官僚の年収1年分に相当しました。

どこからそんなお金が出てきたのかというと、マネの母親が費用を出しています。ブルジョワ…。

同時期に犬猿の仲のクールベも個展を開いていました。

個展を開いたはいいものの、興行的には微妙でしたが、若い画家たちは大きな影響を受けました。

モリゾとの出会い

エドゥアール・マネ《スミレの花束をつけたベルト・モリゾ》1872年

36歳のとき、画家ベルト・モリゾと出会います。

彼女はマネのモデルを務めつつ、絵を教えてもらっていました。

そんな2人は恋仲を噂されることもありました。

マネが42歳のとき、マネの弟ウジェーヌと結婚しています。

ケンカするほど仲がいい

エドガー・ドガ《マネとマネ夫人》1868-1869年

ドガとは、ルーヴル美術館で模写をしているときに知り合って親しくなりました。

2人は、お互いに尊敬しつつも、遠慮なく言い合う関係でした。

ある時、ドガがマネとピアノを弾くシュザンヌ夫人を描いた絵を贈りました。

マネは、妻の絵が気に入らず、切断してしまいます。

ドガはその絵をマネの家で目にして激怒し、マネからもらった静物画を送り返します。

怒ったドガは、絵を描き直すためにキャンバスを継ぎ足しましたが、上の絵を見ての通り、結局描くことはありませんでした。

こんなことがあって、2人は絶交したのかと思いきや、仲直りしています。謎。

ドガは気難し屋なので本当に謎。

マネのこと本当に好きだったんだな…って思わせてくれるエピソードです。

モネと仲良くなる

マネの友人であり画家のアストリュクの紹介で、モネはマネと知り合います。

当初は誤解からモネを嫌っていたマネも、その誤解が解け親しくなり、金銭的に援助したりしています。

印象派のつもりはない

42歳のとき、第1回印象派展への参加を断っています。

印象派の画家たちと関わっていたことから、印象派に分類されがちですが、本人はサロンでの成功にこだわっていました。

高級ブティックに展示

エドゥアール・マネ《ナナ》1877年

45歳のとき、サロンに出品して落選。

しかしこの作品を高級ブティックに展示したところ大人気。

48歳頃から、若いときに感染した梅毒の症状が悪化し、骨が腐る病気になります。

医師から、田舎での静養を指示され、パリ郊外のベルビューに滞在しました。

寂しかったのか、友人やモデルに毎日のように手紙を書いています。

49歳のとき、親友のアントナン・プルーストが美術大臣に任命され、彼の働きかけによって、念願のレジオン・ドヌール5等勲章を受章することができました。

最後の大作

エドゥアール・マネ《フォリー・ベルジェールのバー》1881-1882年

左脚の痛みに耐えながら描いた最後の大作です。

51歳のとき、絵を描き終えた後、病気の進行のため、左足を切断する手術を受けますが、10日後に亡くなりました。

生前は、一部にファンがいる程度の人気だったので、絵もそこまで高く売れませんでしたが、死後、時が経てば経つほど評価は上がり、作品の価格も高騰していきました。

仲間との友情

マネの死後、お金に困った妻のシュザンヌが《オランピア》をアメリカの収集家に売ろうとしていることを聞いたモネは、

マネの渾身の作品が国外へ散るのを防ぐため、この作品を購入し、保守的な美術界から反対を受けながらも、なんとか最終的にはルーヴル美術館に入れることに成功します。

まとめ

マネは、西洋絵画の革命者であり、印象派のリーダー的存在
・本人は印象派ではない