印象派の先駆け?風景画の地位を向上させたコンスタブルを解説!

こんにちは!

今回は、現在イギリスで最も人気のある画家のひとりコンスタブルを解説します。

早速見ていきましょう!

ジョン・コンスタブル(1776-1837年)

ジョン・コンスタブル《自画像》1806年

ジョン・コンスタブルはイギリスの画家です。

彼やターナーの登場によって、風景画というジャンルが市民権を得ることになりました。

画家を目指したのは遅い

ロンドンの北東にあるサフォーク州イースト・バーゴルトで、裕福な製粉業者の次男として生まれました。

兄が知的障害者だったこともあり、父親はコンスタブルを後継者にと考えていましたが、結局コンスタブルの弟が製粉所の経営を引き継いでいます。

画家を目指したのは20歳と遅く、親戚を訪ねロンドンへ出てきたときに、ジョージ・スミスという風景画家と出会ったのがきっかけでした。

23歳のとき、ロイヤル・アカデミー附属美術学校の見習生となり、翌年には正規の学生となりました。

彼は、ゲインズバラやクロード・ロラン、ルーベンスなどの作品から影響を受けました。

コンスタブルとターナー

ジョン・コンスタブル《デダムベール》1802年

26歳のとき、初めてアカデミーの展覧会に出品しました。

ターナーが27歳にしてロイヤル・アカデミー正会員となっているのに対し、コンスタブルは43歳の時にようやくロイヤル・アカデミー準会員となりました。

1歳年上のウィリアム・ターナーも、コンスタブルと同じく19世紀イギリスを代表する風景画家です。

劇的な画面を描いたターナーに対し、コンスタブルは終生故郷サフォーク周辺の身近な風景を描き続けました。

コンスタブルが正会員になるのはさらに10年後の53歳のときでした。

故郷かロンドンか

ジョン・コンスタブル《司教の敷地からのソールズベリー大聖堂》1826年

コンスタブルは、冬はロンドンで過ごし、夏は故郷のイースト・バーゴルトで絵を描くというという生活をしていました。

最愛の妻

ジョン・コンスタブル《マリア・ビックネル、ジョン・コンスタブル夫人》1816年

40歳のとき、提督の事務弁護士の娘マリア・エリザベス・ビックネル結婚しました。

33歳のときには2人は恋愛関係にありましたが、マリアの祖父が反対していた(画家という職業を見下していた)ため、結婚が遅くなったそう。

ちなみに祖父は牧師でした。

この絵は結婚式の前に描かれた作品です。

2人の間には7人の子供が生まれましたが、12年後、彼女は結核で亡くなってしまいます。

母国よりフランスで人気

ジョン・コンスタブル《干し草車》1821年

コンスタブルの故郷サフォークの平凡な風景を詩情豊かに描き出した作品です。

45歳のとき、母国のロイヤル・アカデミーに出品した時は全く話題になりませんでしたが、

49歳のときにパリのサロンに出品したときは絶賛を浴び、ロマン派の画家ドラクロワにも大きな影響を与えました。

このように、コンスタブルの作品は、母国のイギリスよりも、フランスで人気でした。

野外での制作を始めたことや、刻々と変化する光の効果をとらえようとしたこと、

そしてパレットで色を混ぜ合わせるのでなく画面上に異なる色の筆触を並べたりしたことなど、その制作態度や技法は印象派に先駆するものでした。

そして61歳で亡くなりました。

まとめ

コンスタブルは、風景画の地位を向上した画家で、印象派の先駆け