スキャンダラスな名画!マネの『草上の昼食』とモネの絵を解説!

こんにちは!

今回は、マネとモネが描いた《草上の昼食》についてです!

早速見ていきましょう!

マネとモネの《草上の昼食》

エドゥアール・マネ《草上の昼食》1863年

クロード・モネ《草上の昼食》1865‐1866年

マネの《草上の昼食》

1863年のサロンに出品すると、「ハレンチすぎる…!!!!」と大不評。

サロンで落選したため、落選展に出品するも、批評家からも世間からも大バッシングを受けます。

なぜ大バッシングを受けたのか

謎の裸の女性がいるからです。

裸の女性の絵なんていっぱいあるじゃん?って思うかもしれませんが、

当時の絵画の暗黙のルールとして、「意味もなく女性の裸を描いてはいけない」というものがありました。

描いていいのは「神話や寓意、歴史上の出来事」のときだけです。

女神は人間ではないし、擬人化は人間ではないので裸でもOKでした。

みんな、裸の女性が描かれた絵を見たら、「これはなんの神話の場面かな〜」とか考えて、なんとかその絵画を正当化しようとするのですが、

マネは、普通の女性の裸を描いてしまったんです!

なので、この絵を見た人たちは、大変なショックを受け、「いやいやダメでしょ何これ???」状態でした。

ありえないものを見たときに、嫌悪感を感じるときと、ありえなさすぎて笑っちゃうときがあると思うのですが、当時の人の反応としては後者です。

元になった絵がある

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《田園の奏楽》1509年頃

マネはこの絵からインスピレーションを受けています。

この絵も、着衣の男性と裸の女性が描かれていますが、これはOKな絵です。

なぜなら、寓意画だからです。

裸の女性は詩歌の女神なので、人間ではないのと、この男性たちに実際に見えているわけではありません。妄想です。

だから裸でもOK、問題になりません。

マルカントニオ・ライモンディ《パリスの審判》

右下の3人のポーズがまさしく同じですね。

この絵もギリシャ神話、つまり描かれているのは神なので、裸でもOKです。

マネの絵は、左下に女性が脱いだ服が無造作に描かれていることから、「現実の裸体の女性」にしか見えず、非難殺到。

森は売春エリア

パリ郊外のブローニュの森など、今も昔も売春エリアとして有名です。

当時は、今のように規制が無かったため、たくさんいたそう。

そんな森での売春を描いた作品では?なんて言われてしまいます…

売春を描くなんてタブー中のタブーです。

何の絵なのかわからない

裸の女性はカメラ目線、男性2人は女性に興味なさげで2人で話し込んでいる、後ろで水浴びする女性…

パンやフルーツが転がっているけど、食べている感じはなし、お酒が入っていたであろう瓶が転がり、右の男性は外なのに、室内用の帽子を被っている…

水浴びしている女性の大きさも前景にいる人物と比べて大きすぎたり、影がなくて平たい感じだったり…

なにもかもがちぐはぐで、違和感がすごい。

元々は題名が違った

1863年のサロンに出品したときは《水浴》という題名でした。

このマネの作品を見て、感化されたモネが、1866年に、《草上の昼食》を描きます。

モネの作品を意識して、1867年に、マネは《水浴》から《草上の昼食》に題名を変えています。

モネの《草上の昼食》

クロード・モネ《草上の昼食》中央部分 1865-1866年

左の男性は、画家クールベがモデルだといわれています。

《草上の昼食》左部分 1865-1866年

男性は、画家バジールがモデルです。

中央の女性は後の妻、カミーユがモデルでは?といわれています。

なぜ絵が分かれているのか?

当初は、1866年のサロンに出品するため、縦4メートル以上、横6メートル以上のとても大きな絵を描いていました。

しかし、クールベに批判されたことがきっかけか、出品を取りやめてしまいます。

その後、1870年後半、経済的に困窮し、家賃を滞納しすぎて家を追い出されます。

その際、家主に借金の担保としてこの絵を渡します。

1884年に、やっと絵を取り戻したときには、湿気によって絵が激しく損傷しており、これはダメだと、モネ自ら絵を切断分割し、3枚残しましたが、1枚は行方不明です。

習作

クロード・モネ《草上の昼食(習作)》1865年

練習用に描いた作品です。

この絵が残っていたことによって、全体をある程度推測することが出来ます。