メディチ家のお坊ちゃんが遊び友達だった画家ボッティチェリ

こんにちは!

今回は《プリマヴェーラ》や《ヴィーナスの誕生》が有名な画家、ボッティチェッリについてです!

早速見ていきましょう!

サンドロ・ボッティチェッリ(1445年頃-1510年)

サンドロ・ボッティチェリ《東方三博士の礼拝》部分 1475年頃

サンドロ・ボッティチェリはルネサンス期のイタリア、フィレンツェの画家です。

本名はアレッサンドロ・ディ・マリアーノ・フィリペーピです。

兄が酒飲みで太っていたことから「小さな樽」を意味するボッティチェリというあだ名が付きました。いい迷惑ですね。私ならキレます。

上の画像は、画家の自画像では?といわれています。

小さい頃から、頭の回転が早く、ユーモアのセンスもあり、落ち着きがないところもありましたが、みんなから好かれるタイプの人間でした。

サンドロ・ボッティチェリ《薔薇園の聖母》1468年

15歳くらいのときに、フィリッポ・リッピ工房に弟子入りします。

ここで技法や描写を学び、どんどん上達していきます。

フィリッポ・リッピからもとても可愛がられていたそう。

上の絵は、20代前半で描いた絵です。

レオナルド・ダ・ヴィンチは弟弟子

その後、アントニオ・デル・ポッライオーロ、そしてアンドレア・デル・ヴェロッキオの工房で働きます。

ヴェロッキオの工房で後から入ってきたのが、約7歳年下のレオナルド・ダ・ヴィンチです。

師匠の息子を弟子に

最初の師匠の息子、フィリッピーノ・リッピを助手にします。

2人は親友となります。

ピサの斜塔

有名なピサの斜塔の隣にあるピサ大聖堂の壁画を頼まれますが、完成することはありませんでした。

その理由は定かではないですが、フィレンツェ以外の場所から依頼されていた、という事実が、評判の高まりを表しています。

メディチ家のお坊ちゃんと仲良し

サンドロ・ボッティチェリ《東方三博士の礼拝》1475年頃

師匠リッピのパトロンはメディチ家でした。

その縁もあって、ボッティチェリはメディチ家と繋がりがありました。

上の絵には、メディチ家の人々が多数描かれています。

絵の出来栄えに喜び、 メディチ家に気に入られます。

ロレンツォ・デ・メディチは、パトロンであり、友達でした。

「食いしんぼうでハエより厚かましい、おしゃべり上手のボッティチェリ」なんて言う仲だったそう。(笑)

プリマヴェーラやヴィーナスの誕生のモデル

サンドロ・ボッティチェリ《美しきシモネッタの肖像》1480-1485年

ロレンツォの弟ジュリアーノの愛人、シモネッタ・ヴェスプッチは並外れた美しさを持つ女性でした。

彼女は《プリマヴェーラ》や《ヴィーナスの誕生》のモデルでは?といわれていますが、否定的な意見も多いです。

彼女は22歳という若さで亡くなっています。

《美しきシモネッタの肖像》はなんと!日本の丸紅が所有しています。

サンドロ・ボッティチェリ《プリマヴェーラ》1480年頃

諸説ありますが《プリマヴェーラ》は、ロレンツォのいとこの結婚祝いとして描かれたといわれています。

詳しい解説はこちら!

システィーナ礼拝堂

サンドロ・ボッティチェリ《モーセの試練》1481-1482年

当時一流の画家として、教皇シクストゥス4世に招かれ、ローマのシスティーナ礼拝堂の壁画を制作します。

余談ですが、レオナルドは招かれなかったことに、かなりショックを受け、ボッティチェリのことをけなしてます。(笑)

システィーナ礼拝堂といえば、ミケランジェロの《最後の審判》が有名ですが、それが制作されるのは、もっと後の話です。

名声の高まり

サンドロ・ボッティチェリ《マニフィカトの聖母》1483年頃

丸い絵のことをトンドといいます。

ボッティチェリは、この形式を使用した最初の画家のひとりでもあります。

サンドロ・ボッティチェリ《ナスタジオ・デリ・オネスティの物語 第3場面》1483年

4枚の連作です。

ディズニーシーにこの絵のパロディがあったりします。

くわしくはこちらで解説しています!

サンドロ・ボッティチェリ《ヴィーナスの誕生》1485年頃

この絵もメディチ家の依頼で描かれたといわれています。

当時の考えでいくと、この絵はあまりにも異教的で、大問題な作品でしたが、メディチ家の尽力もあり、奇跡的に焼かれず現在まで残っています。

この絵についての解説はこちら!

サンドロ・ボッティチェリ《ヴィーナスとマルス》1485年頃

ヴィーナスとその恋人軍神マルスが描かれています。

ちなみにこの絵のパロディもディズニーシーにあります!

自分の作品を燃やす

サンドロ・ボッティチェリ《神秘の降誕》1500年

パトロンのロレンツォが亡くなり、ドミニコ会の修道士サヴォナローラが神政政治でフェレンツェを支配します。

贅沢品として、工芸品美術品を広場に集め、焼却してしまいます。

ボッティチェリはというと、反対するどころか、サヴォナローラの考えに感化されて、自ら美術品などを焼いてしまったともいわれていますが、さすがにそこまではしていないのでは?ともいわれています。

この頃から作風がガラリと変わり、聖書を題材とした絵しか描かなくなりますが、1501年頃、絵を描くことすらやめてしまいます。

晩年は、画家としての存在を忘れ去られ、19世紀末に、やっと名声が回復しました。

まとめ

ボッティチェリは優雅な線画が特徴
・代表作は、《プリマヴェーラ》や《ヴィーナスの誕生