ディズニーシーにあるドナルド一族の絵の元ネタはボッティチェリ?

こんにちは!

ディズニーシーには多数の名画パロディがあるって知ってましたか?

今回はその中の1枚を紹介します!

東京ディズニーシー ヴィラ・ドナルド・ホームショップ

ディズニーシー「ヴィラ・ドナルド・ホームショップ」というお土産物屋さんの中に飾られている絵画です。

ドナルド一族大集合!とっても賑やかな絵ですが、元になった絵画があるんです!

それが…

元になった名画

サンドロ・ボッティチェリ《ナスタジオ・デリ・オネスティの物語 第3場面》1483年

こちらです!

これ1枚だけ見ても意味不明ですよね?カオスって感じで…

連作絵画なので全部で4枚あります。

最初から見ていきましょう!

ナスタジオ・デリ・オネスティの物語

『デカメロン』って聞いたことありませんか?

『デカメロン』とは、男女10人が退屈しのぎに、1人10話ずつ(全部で100話)語ったその話をまとめた物語集のことです。

その中の1話を元に描いたのがこの4枚の絵です。

当時の人々にとっては、おなじみの話だったので、絵を見ればすぐに何の話かわかったそう。

第1場面

左から右に物語が流れていきます。

水色と赤いズボン姿の、ラヴェンナの貴族ナスタジオ・デリ・オネスティが主人公です。

彼は、パオロ・トラヴェルサーリの娘に恋していますが、彼女は彼を拒否

ひどく落ち込んだ彼に、友人たちが「街を出たらどう?」とアドバイスをもらっているのが、左の赤いテントの部分。

街を出て、うつむいて元気なく森を散歩していると…

騎士に追われ、に襲われている半裸の女性に遭遇!

びっくりしながらも女性を助けるため、その辺の木の枝を拾い、犬を追い払おうとしています。

第2場面

助けられなかった。

騎士は女性を引き裂き、心臓を取り出し、犬がそれを食べています。地獄。

女性の上の木々が、切り裂かれたことを強調するように、ギザギザとしています。

なんでこんなことになっているのかというと、

この騎士は、追いかけている女性にをしていたが、拒絶させて、悲しみのあまり自殺

彼女が死んでもなお恨み続け、彼女を追いかけては殺し、また追いかけては殺し…と永遠にループしていたのです。

第3場面

そこでナスタジオ、いいことを思いつきます。

友人や家族、そして大好きな彼女との宴会をこの場所でセッティングします。

右に第1場面に出てきたテントがあります。

手前に切り株が数本あることから、わざわざ木を伐採して宴会会場を作っていることがわかります。(怖)

そしてその場に、騎士と犬に追いかけられている女性が登場、突然の出来事に、みんな大混乱

そんな中、1人冷静なナスタジオ、そしてその視線の先には、意中の彼女(白い服)。

「結婚しないと、君もこうなるよ?」と大好きな彼女にをかけます。

第4場面

めでたく結婚。

左のテーブルの白い服の女性が意中の彼女、向かいにいるのがナスタジオです。

彼は彼女にめちゃくちゃ何かを話しかけているようですが、彼女の目が死んでいるようにしか見えません。(笑)

中央の凱旋門は、勝利の象徴です。彼の愛の勝利ということですね。

めでたしめでたし。

結婚の記念に

感覚が違いすぎて理解できませんが、この絵、大富豪が息子の結婚の記念にと依頼した絵だと言われています。

新婚夫婦の寝室を飾る絵としてこれを注文するのすごい…グロくない?話も強引だし…

って思ってしまいますが、間違った選択をして永遠に苦しむことを事前に阻止したという、いい話扱いなんでしょうね。すごい。