移ろいゆく光を描いたモネの連作『積みわら』を紹介!

こんにちは!

今回は、モネの連作『積みわら』についてです。

早速見ていきましょう!

積みわら

フランスのジヴェルニーの当時モネが住んでいた家の近くにあったがモデルです。

収穫後、畑に積まれた干し草の山を描いています。

フランス人画商ダニエル・ウィルデンシュタインが作成した印象派絵画目録『ウィルデンシュタイン作品番号』に記載されている25点(1266〜1290番)を連作としていますが、その他にも積みわらを描いた作品は存在しています。

絵の題材にしては、『積みわら』ってシンプルすぎるというか、そこまで魅力的ってわけでもないのに、25枚以上描き続けたという狂気が最高。

モネが描きたいのはモノよりも、その場のその瞬間の空気感だったんでしょうね。

たくさんのキャンバスを持っていく

モネは、散歩中に見つけた積みわらに興味を持ち、一緒に散歩していた義娘のブランシュに「2枚のキャンバスを持ってきてほしい」と頼みます。

晴れと曇り用で2枚で十分だろう、と考えました。

しかし、いざ積みわらと向き合うと、「天気どころか、一日の中でも見え方が変わる…季節が変わればもっと変わる…!」ということに気付きます。

アシスタントに手押し車に積めるだけのキャンバスを運ばせ、時間帯によって描くキャンバスを交換し、描き続けました。

浮世絵の影響

モネは浮世絵にとても興味がありました。

《積みわら – 日没》1890‐1891年

葛飾北斎《富嶽三十六景 凱風快晴》1831‐1833年

北斎の、同じ富士山を描いているけど、時間帯によって、富士山が赤く見えたり、青く見えたりするっていう発想に刺激を受け、自分の作品にも取り入れています。

1888‐1889年の作品

25点の連作より前に描かれた作品です。

これらの作品も含めて『積みわら』の連作と考える場合もあります。

モネの粒度-ギブニー-サンセットW1213.jpg

《ジヴェルニーの積みわら、日没》1888‐1889年

モネの粒子スタック-ジヴェルニー-モーニング効果W1214.jpg

《ジヴェルニーの積みわら、朝の効果》1889年

《積みわら – 白い霜の効果》1889年

ジヴェルニー1889のクレインモネテルアビブ.jpg

《ジヴェルニーの積みわら》1888‐1889年

1890‐1891年の作品

25点全てお見せします!!

と言えないのは、一部プライベートコレクションなのでネット上で画像が見つけられないものもありました…。

22点どうぞ!

《積みわら、夏の終わり》1891年

モネグレインスタックスヒルスティードミュージアムW1267.jpg

《積みわら、晴天》1891年

クロード・モネ、日差しの中の穀物の山、朝の効果、1890年、キャンバスに油彩65 x 100 cm.jpg

《積みわら – 晴天、朝の効果》1890年

《積みわら – 夏の終わり》1890‐1891年

《積みわら ‐ 一日の終り、秋》1891年

クロードモネ-干し草、正午(ヘイスタック、正午)-Google Art Project.jpg

《積みわら – 午後》1890‐1891年

モネの粒子スタックW1273.jpg

《積みわら》1891年

モネの粒子スタック-雪効果-1891 W1274.jpg

《積みわら、雪の影響》1891年

クロードモネ(フランス語-小麦の山、雪の効果、朝-Google Art Project.jpg

《積みわら – 午前中、雪の影響》1891年

クロードモネ-干し草の山-雪の効果-Google Art Project.jpg

《積みわら – 雪の効果》1891年

《積みわら – 日没、雪の効果》1890年

《積みわら、冬の効果》1891年

モネの穀物山の朝の雪の効果-1891 W1280.jpg

《積みわら – 朝、雪の効果》1891年

《積みわら – 雪の効果、曇天》1890年

モネの干し草の山の夕焼け-凍るような天気-1891 W1282.jpg

《積みわら – 日没、冬》1891年

《積みわら》1890年

《積みわら – 雪融け、日没》1890年

Monet粒子スタック65 x 92 cm、1891 W1285.jpg

《積みわら》1891年

クロードモネ-グレインスタック、霧の中の太陽-Google Art Project.jpg

《積みわら – 霧の太陽》1891年

Poss 1288 Grainstack in Sunshine、1891、Meule au soleil、Oil on Canvas、60 x 100 cm、Zurich、Kunsthaus Zurich.jpg

《積みわら – 晴天》1891年

《積みわら – 日没》1890‐1891年

日光の中の1290 Grainstack、1891年、キバカンに油彩、Private Collection.jpg

《積みわら – 日光》1891年

経済的にも成功

1891年、画商ポール・デュラン=リュエルによって展覧会が開催され、『積みわら』の連作のうち15点は、数日のうちにすべての作品が売れ、大好評。

展覧会開催前に、ポール・デュラン=リュエルが8点購入、モネ自身がすでに売却することが決まっていた絵が2点あったので、実質5点が展覧会で、最大1,000フランで売れています。

この後、モネの絵の価格は急激に上がり始め、貧乏生活から開放され、自宅の庭に睡蓮の池を作る余裕ができ、そして『睡蓮』を描くようになります。