ミケランジェロの最後の審判を徹底解説!日本でも見れるって本当?

こんにちは!

今回は、ミケランジェロの《最後の審判》について解説します!

早速見ていきましょう!

《最後の審判》

Last Judgement (Michelangelo).jpg

ミケランジェロ・ブオナローティ《最後の審判》1536-1541年

13.7 × 12メートルの超巨大作品です!

最後の審判ってなに?

キリスト教の終末論で、世界の終末に、イエス・キリストが人類を裁くという考えです。

死者をよみがえらせ(この時点で人類は全て死んでいます)、全員を審判し、天国行きか地獄行きか決めます。

(これ、無宗教の人が多い日本だと、「まぁ…作り話で嘘でしょう」って思う人が多いかと思いますが、世の中には、この考えを本当に信じている人が、現代でもたくさんいます。)

なので、地獄に行きたくなければ、清く正しく美しく生きなさいってことを伝えるための絵です。

約20年後、5年かけて制作した

ミケランジェロは、ローマ教皇ユリウス2世から、システィーナ礼拝堂の天井画制作を依頼され、1508〜1512年にかけて完成させます。

それから約20年後、教皇クレメンス7世から祭壇画の制作を依頼され、次の教皇パウルス3世の治世である1535〜1541年にかけて制作し、1541年に完成しました。

449回に分けて描いた

フレスコで描かれているため、一度に全てを短時間で描かない限り、継ぎ目ができてしまいます。

その継ぎ目を数えると449、この壁画制作に449日はかかったことがわかります。

ちなみにキリストは9回に分けて描いています。

元々は違う絵が描いてあった

ペルジーノの《聖母被昇天》ピントゥリッキオの模写

ミケランジェロが描く前から、祭壇画としてペルジーノ《聖母被昇天》が描かれていました。

ミケランジェロも、このペルジーノの絵を残すプランを提案していました。

しかし、クレメンス7世は「ペルジーノの絵は全部消して描いて!」

…ということで、ペルジーノの絵は完全に失われてしまします。

ペルジーノが描いた絵の中に、実父を殺した事件の黒幕シクストゥス4世が描かれていたため、消したかったのでしょう。

ペルジーノの絵は残っていませんが、その壁画を見て模写したスケッチが上の絵です。

400人以上描かれている

 

400人以上描かれているので、圧がすごいです。

左が天国、右が地獄行きの人々です。

イエスと聖母マリア

 

裁きを下すイエスと、聖母マリア(イエスの母)が描かれています。

生皮と聖バルトロマイ

 

聖バルトロマイは、キリスト教を信仰して、生皮はぎの刑で死んだ聖人です。(キリスト教は弾圧されていたので、殺されてしまいます)

聖人が絵に描かれるときは、自分の死にまつわるモノが一緒に描かれます。

聖バルトロマイはナイフを持って、さらに皮も持ってますね…

ちなみにこのミケランジェロの自画像になっています。

地獄の番人ミノス

 

自分の嫌いな人を、地獄の番人として描いています。

さらに、ロバの耳(愚か者の象徴)まで描き込み、身体はでぐるぐる巻きです。(笑)

この絵を見て困り果てたモデルとなった張本人は、「どうにかしてくれ〜(泣)」とパウルス3世(この絵の発注者)に抗議しますが、

「煉獄はともかく、地獄では私は何の権限も無いからネ〜」と冗談まじりに受け流されます。(笑)

誰を描いたのかというと…

「公衆浴場じゃないんだから…(笑)」

当初、ミケランジェロが描いていたバージョンは、今よりもっとだらけでした。

それを、儀典長チェゼーナ「公衆浴場や宿屋にお似合いだ」とけなします。

当時の公衆浴場は、売春などが行われていた場所でした。

礼拝堂を飾るための渾身の作品を、そんな場所がお似合いと言われたミケランジェロは激怒し、地獄の番人として彼を描き入れました。

腰布画家と呼ばれる

Miguel Ángel, por Daniele da Volterra (detalle).jpg

ダニエレ・ダ・ヴォルテッラ《ミケランジェロの肖像》

ミケランジェロが亡くなった翌年の1565年、トリエント公会議がこの絵の裸を非難し、画家ダニエレ・ダ・ヴォルテッラによって、裸体の上になどを描いて隠します。

ダニエレはミケランジェロに可愛がられていた画家で、ミケランジェロの肖像画が有名です。

ダニエレも本当は上から描きたくなかったと思うのですが、上の命令には逆らえないので、必要最低限の部分にのみ布を描き入れています。

悲しいかなダニエレの名は、ミケランジェロの絵の裸を隠す仕事をした画家として有名になってしまい「腰布画家」というあだ名が付いています。笑う

加筆した部分を一部除去

マルチェッロ・ヴェヌスティ《最後の審判》の模写 1549年

1993年に、《最後の審判》が修復されたとき、全てではありませんが、ダニエレが加筆した部分が除去されています。

加筆部分も、歴史的資料として一部保存されています。

また、ダニエレ以外にも後世の画家たちが、オリジナルを削り取ってそこに加筆していたため、修正することが出来ない部分もありました。

上のマルチェッロ・ヴェヌスティが描いた、後世の画家が腰布を描く前の、ミケランジェロの作品を模写した絵が残っています。

徳島の大塚国際美術館の原寸大レプリカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

おもち(@omochi_art)がシェアした投稿

バチカン市国まで行かなくても、徳島にある大塚国際美術館でなんと!原寸大で見れちゃいます!!

ミケランジェロの天井画と、祭壇画の《最後の審判》のレプリカがあるんです!!

これすごくすごくよかったです!!!

いつか必ず本物を見に行きたいなぁ〜〜〜って思いました…。