ピサロのホテルから描いた街の絵を紹介!

こんにちは!

今回は、ピサロがホテルから描いた街の絵を紹介します。

早速見ていきましょう!

街並みシリーズ

ピサロ66歳のとき、年とともに慢性の眼病が進んで視力が落ち、外で描くことができなくなりました。

そこで、ホテルの部屋の窓から街の風景を描き始めます。

ルーアン

ルーアン港の蒸気船、カミーユピサロ(フランス、シャーロットアマリエ、セントトーマス1830〜1903パリ)、キャンバスに油彩

《ルーアン港の蒸気船》1896年

朝、曇りの日、ルーアン、カミーユピサロ(フランス、シャーロットアマリエ、セントトーマス1830〜1903パリ)、キャンバスに油彩

《朝、曇りの日、ルーアン》1896年

《ルーアンのボワルデュー橋、雨天》1896年

《ルーアンのボワルデュー橋》1896年

モンマルトル大通り

..。

カミーユ・ピサロ《パリのモンマルトル大通り》1897年

カミーユ・ピサロ、ブルバードモンマルトル、マルディグラ

カミーユ・ピサロ《モンマルトル大通り、マルディグラ》1897年

モンマルトル大通り、朝、曇り

カミーユ・ピサロ《モンマルトル大通り、朝、曇りの天気》1897年

冬の朝のモンマルトル大通り、カミーユピサロ(フランス、シャーロットアマリエ、セントトーマス1830〜1903パリ)、キャンバスに油彩

カミーユ・ピサロ《モンマルトル大通り、冬の朝》1897年

カミーユ・ピサロ《モンマルトル大通り、春》1897年

カミーユ・ピサロ《夜のモンマルトル大通り》1897年

イタリアン大通り

Boulevard des Italiens、朝、日光

《イタリアン大通り、朝、日光》1897年

サントレノ通り

カミーユ・ピサロ《雨の中の午後のサントノレ》1897年

エピスリー通り

Rue de l'Épicerie、Rouen(Effect of Sunlight)、Camille Pissarro(フランス、Charlotte Amalie、Saint Thomas 1830–1903 Paris)、キャンバスに油彩

《ルーアンのエピスリー通り、日光の影響》1898年

Rue de l'Épicerie in Rouen, Morning, Rainy Weather

《ルーアンのエピスリー通り、朝、雨模様》1898年

テアトル・フランセ広場

《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》1898年

《テアトル・フランセ広場、雨の効果》1898年

..。

《テアトル・フランセ、春》1898年

テュイルリー庭園

《春の朝のテュイルリー庭園》1899年

冬の午後のチュイルリー庭園、カミーユピサロ(フランス語、シャーロットアマリエ、セントトーマス1830〜 1903年パリ)、キャンバスに油彩

《冬の午後のテュイルリー庭園》1899年

冬の午後のチュイルリー庭園、カミーユピサロ(フランス語、シャーロットアマリエ、セントトーマス1830〜 1903年パリ)、キャンバスに油彩

《冬の午後のテュイルリー庭園》1899年

ファイル:Tuileries Gardens, Afternoon, Sun 1900 Pissarro.jpg

《テュイルリー庭園、朝、陽光》1900年

カルーゼル広場、パリ

《カルーゼル広場、パリ》1900年

ルーヴル美術館

ルーブル、午後、雨天

《ルーヴル、午後、雨天》1900年

《雪の中のルーヴル美術館》1902年

《セーヌ川とルーヴル》1903年