世界で一番有名な名画モナリザを徹底解説!

こんにちは!

今回は、絵に興味ない人でも誰もが知っている名画、モナ・リザについて解説します!

早速見ていきましょう!

モナ・リザ

レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナ・リザ》1503-1506年

モデルは誰?

イタリアの貴婦人リザ・デル・ジョコンドがモデルです。(ということになっています)

夫であるフィレンツェの裕福な絹商人フランチェスコ・デル・ジョコンドが、レオナルドに「新居引っ越し祝いと、次男出産祝いとして妻の絵を描いて欲しい」と依頼した作品です。

モナ・リザのモナって何?

モナマドンナの短縮形で「私の貴婦人」を意味しています。

ラ・ジョコンダの2重の意味

レオナルド亡き後、レオナルドの遺言で、弟子のサライに「ラ・ジョコンダ (la Gioconda)」という肖像画を相続したことが、サライの個人的覚書に記されていました。

イタリア語のjocund「幸福、陽気な」という意味です。

La Gioconda」はモデルの姓であると同時に、「幸せな人」を意味する「La jocund」の語呂合わせにもなっています。

依頼主の元に絵が渡らなかった

この作品、晩年まで手を加え続けていたため、依頼者の元に届くことはありませんでした。

ただ、レオナルドが亡くなった時点で、完成・未完成に関わらず、注文の絵は依頼主に渡すルールがあったにも関わらず、なぜか弟子のサライに渡しています。

このことから、リザの肖像画というのは《モナ・リザ》とは別にある絵なのでは?などの説もあり、じゃあこの《モナ・リザ》って一体何の絵…と謎が深まるばかり…。

ちなみに《モナ・リザ》は弟子のサライがモデル説もあります。

何がそんなにすごいのか

ぼかされた輪郭

で輪郭を描いていないんです!

絵の具を何度も塗り重ねて筆の跡が見えないようにし、輪郭線をぼかすスフマートという技法を使って描かれています。

この技法を生み出したのがレオナルドだとされています。

何でも最初にやった人が一番評価されます。

だからレオナルドもこの絵も有名なんです。

この技法で描くことによって、柔らかで不思議な表情を生み出すことに成功しています。

謎の微笑み

かすかな微笑みを表現するために、少し目を細めています。

微笑んでいるから口周りに影が付いているのか、それともスフマートで描いたから陰影で微笑んでいるように見えるだけなのか…

スフマートで描かれたことによって謎めいた表情が生まれ、人を惹きつけています。

青い背景

背景は、遠くに行くにつれて段々と青っぽくなっています。

色彩遠近法という手法で描かれています。

今となっては「遠くのものが青っぽく見える」というのは、当たり前じゃん〜って思ってしまいますが、

当時、光の屈折の作用で、こういう風に見えるということを、科学的に理解し、その色合いを絵画に応用しようって思いつくのがすごい。だからこの絵はすごいんです。

それにしても背景謎…

どこにいるのこの女性(笑)現実の風景っぽくない感じ…。

両端が切り取られている?

ラファエロ・サンティ《女性の肖像》1505-1506年

ラファエロが《モナ・リザ》を模写したときのスケッチとされています。

のコピー

レオナルドの追随者《モナ・リザ》の模写 約1635-1660年

上の絵のような、モナリザを模写した作品いくつか残っています。

これらの作品と、《モナ・リザ》の決定的な違いは、両端の柱の存在です。

《モナ・リザ》には、柱の基部しか描かれていません。

このことから、モナリザの両端は切り取られたのでは?

とも考えられていましたが、2005年の調査結果では、両端は切り取られていないっぽいね、という感じで終わっています。

もう一枚のモナ・リザが見つかった?

《アイルワースのモナ・リザ》

レオナルドが描いたとされていますが、真贋が議論されている作品です。

先ほどの両端に柱が描かれている模写は、この《アイルワースのモナ・リザ》の模写なのでは?だからこの絵はレオナルドが描いた本物じゃない?なんていわれています。

この絵の女性は、《モナ・リザ》より10歳ほど若く見え、背景も異なり、作品のサイズも若干大きいです。

劣化があまり見られず、色彩が鮮やかなままで、大気や女性の表情に深みがないことや、

レオナルドが好んだ木板ではなくカンバスに描かれていることから、偽物だと主張する人もいます。

裸のモナ・リザ?

ファイル:Monna Vanna.jpg

サライ《モナ・ヴァンナ》

レオナルドの愛弟子サライが描いた作品です。

この作品以外にも、ヌードバージョンの模写がいくつかあることから、レオナルドが描いた裸のモナ・リザが存在していたのでは?と考えられています。

盗難事件

1911年、ルーヴル美術館から《モナ・リザ》が盗まれます。

この事件によって《モナ・リザ》の知名度は上がりました。

盗難が発覚したのは翌日で、画家ルイ・ペローが《モナ・リザ》のスケッチをしにルーヴルに行ったところ、絵が無くなっていることに気がつきました。

ピカソが疑われる

その犯人として、以前「ルーヴル美術館なんて燃えてしまえ!」と言った詩人アポリネールと、その友人ピカソも事件への関与を疑われ、警察へと連行されています。

もちろん2人とも無実です。後に無関係だったことが証明されています。

真犯人は英雄扱い

もう見つからないかも…と思われていましたが、盗難から2年後、かつてルーヴル美術館の職員だったイタリア人ピンセンツォ・ペルージャが真犯人であることが判明しました。

その動機は「イタリア人のレオナルドの絵はイタリアにあるべきだ!」という愛国心から盗んだんだ、というものでした。

これに関しては、愛国心ではなくて、金に目が眩んだ説や、黒幕が別でいた説などもあります。

イタリアで裁判にかけられましたが、愛国者であると称賛されて、刑は軽く、6ヶ月間投獄されただけでした。

日本でスプレーを吹きかけられる

1974年、なんと東京国立博物館に《モナ・リザ》がやってきたことがあります。

そのときの美術館の身体障害者への対応にキレた足の不自由な女性が、赤色のスプレーをかけてしまいます…!

防弾ガラスに入っていたので絵は無事でしたが、もう二度と日本に来ることは無いでしょうね…

どんな理由であれ、抗議の仕方最悪かよ…