ゴッホが描いた恩人への追悼の絵 画家マウフェとの関係を超解説!

こんにちは!

今回は、ゴッホとマウフェについてです。

早速見ていきましょう!

ゴッホとモーヴ(マウフェ)

アントン・モーヴ《自画像》1884-1888年頃

モーヴとの出会い

アントン・モーヴ《浜辺の朝の乗馬》1876年

28歳のゴッホは、画家を志した初期に、ハーグに住み始め、義理の従兄弟で、オランダ写実主義・ハーグ派の画家のアントン・モーヴ(マウフェ)から絵の指導を受けました。

彼のアトリエで3週間過ごし、モーヴから油絵水彩画の指導を受けました。

モーヴは、ゴッホを励まし、アトリエを借りるための資金を貸し出すなど、親身になって面倒を見ました。

アントン・モーヴ《羊飼いと羊の群れ》1880年頃

しかし、モーヴは次第にゴッホによそよそしい態度を取り始め、ゴッホが手紙を書いても返事を寄越さなくなります。

ゴッホはこの頃、シーンというアル中病気持ちで子連れで妊娠中の娼婦をモデルとして使いながら、(弟テオのお金を使って)金銭的な援助をするだけでなく、結婚しようとしていました。

ゴッホ は、モーヴの態度が冷たくなったのは、この交際をモーヴが理解してくれなかったからだと、それとなくテオへの手紙に書いています。

石膏像のスケッチから始めるよう助言するモーヴと、モデルを使っての人物画に固執するゴッホとの意見の不一致も原因のひとつだといわれています。

ゴッホは、わずかな意見の違いも自分に対する全否定であるかのように受け止めて怒りを爆発させる傾向があり、モーヴに限らず、知り合ったハーグ派の画家たちも次々彼を避けるようになっていきました。

追悼の絵

フィンセント・ファン・ゴッホ《桃の木(マウフェの思い出に)》1888年

とはいえ、ゴッホのモーヴに対する敬意はその後も変わらず、モーヴの急死を聞いて、34歳のゴッホは、上の絵を彼の思い出として描き、モーヴの妻に贈っています。

絵の左下には「モーヴへの贈り物」と書いてあります。

クリスチャン・モアイェ=ピーダスン《花咲く桃の木、アルル》1888年

画家モアイェ=ピーダスンは、滞在先のアルルでゴッホと仲良くなりました。

上の絵は、ゴッホの描いた《桃の木(マウフェの思い出に)》と同じ木を描いた作品です。