ルノワール最愛の妻アリーヌを描いた絵を紹介!

こんにちは!

今回は、ルノワールが描いた最愛の妻アリーヌの絵について紹介します。

早速見ていきましょう!

アリーヌ・シャリゴ(1859-1915年)

アリーヌ・シャリゴは、フランスのシャンパーニュ地方の田舎の村エソワで生まれました。

母とともにパリに出てお針子をしていた彼女は、20歳のとき、38歳だったルノワールと出会い、恋人に。

アリーヌは、洗練された女性…!というわけではありませんでしたが、純朴で、性格もよく、家庭的な女性でした。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《シャトゥーの漕ぎ手》1879年

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ルノワール夫人と犬》1880年

ピエール=オーギュスト・ルノワール《イラスト入りのジャーナルを読む若い女性》1880年

ピエール=オーギュスト・ルノワール《舟遊びをする人々の昼食》1880-1881年

左に座っている女性がアリーヌです。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ボートに乗る夫婦(アリーヌとルノワール)》1881年頃

ルノワールは、アリーヌへの思いを込め、左手の薬指に指輪を描いています。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ブロンドの入浴》1881年

アリーヌとのイタリア旅行中に描いた作品です。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ブロンドの入浴》1882年

ルノワールは、アリーヌのようなふくよかでぼっちゃりした女性が好きでした。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《田舎のダンス》1883年

ピエール=オーギュスト・ルノワール《海岸沿い》1883年

ピエール=オーギュスト・ルノワール《大水浴図》1884-1887年

中央がアリーヌ、左がシュザンヌがモデルです。バチバチです。

当時のルノワールはアリーヌとシュザンヌと二股の交際をしていました。

三角関係についてはこちら↓

本命と愛人を同時期にダンスの絵として描いた画家ルノワール

2020.04.26

ピエール=オーギュスト・ルノワール《庭の女》1884年

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ルノワール夫人の肖像》1885年

アリーヌは、ルノワールのために、いつもアトリエをきれいに掃除し、パレットを磨き、花を飾っていました。

ルノワールは、アリーヌが生けた花を好んで描きました。

というのも、ルノワールにとって「花の絵を描くことは、女性の裸体を描くことと同じ」だったからです。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《庭で》1885年

ピエール=オーギュスト・ルノワール《母性》1885年

長男ピエールが生まれ、授乳している姿を描いています。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《母性》1886年

ピエール=オーギュスト・ルノワール《母と子》1886年

長男ピエールとアリーヌが描かれています。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ルノワール夫人と息子ピエール》1890年

ルノワール49歳、アリーヌ31歳のとき、2人は結婚しました。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《りんご売り》1890年

アリーヌにりんごを差し出す田舎の少女を描いています。

横の少女が誰なのかはわかっていません。

麦わら帽子をかぶった少年は、ルノワールの甥のエドモンドでは?といわれていますが、ひとつ上の絵と似ているのでピエールのような気もします。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ルノワールの家族の肖像》1896年

ルノワールは、パリにある邸宅の庭にいる家族を描きました。

中心にいる緑の帽子の女性がアリーヌです。

アリーヌの腕を握っているのは長男のピエール、白い服を着ているのは次男のジャン、ジャンを支えているのはメイドのガブリエルです。

赤い服の少女は、隣人か友人だと考えられています。

ルノワールはこの絵を生涯離さず持っていました。

アリーヌの献身的な支え

1897年の冬、ルノワールは自転車から落ちて右腕を骨折し、持病のリウマチも悪化し、麻痺と痛みで絵を描くのにも支障をきたすようになりました。

アリーヌは、ルノワールの腕や手をマッサージしたり、包帯を変えたりとサポートしますが、ついに右腕が変形し硬直してしまいます。

さらに麻痺は、次第に両足にまで及んでいきました。

そこで、ルノワールのために車椅子を用意し、座ったまま片手でキャンバスの位置を変えられるように、特注の可動式イーゼルを職人に作ってもらいます。

アリーヌの献身的な支えによって、ルノワールは絵を描くことに集中することができていました。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ルノワール夫人とボブ》1910年

しかしアリーヌは、この絵の5年後、1915年、56歳でこの世を去ります。

実は三男クロード出産後から、糖尿病を発症していました。

ルノワールには心配をかけないよう病気を隠していました。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ばら》1915年

上の作品は、亡き妻に捧げた絵です。

生命力溢れる美しいバラの花を描くことで、アリーヌの永遠の命を表現しようとしたのかもしれません。

ルノワールはこの絵を、泣きながら描いたといわれています。

ルノワールも後を追うように、アリーヌの死の4年後に亡くなっています。

アリーヌの幸せそうな姿は、100年以上経った今でも、ルノワールの絵画の中で輝き続けています。