魔法使いマーリンのあっけない最期とは?湖の乙女ヴィヴィアンに一目惚れして…

こんにちは!

今回は、魔法使いマーリンの最期&ヴィヴィアンとの物語についてです。

早速見ていきましょう!

マーリンとヴィヴィアン

フランク・ゴッドウィン《マーリン》

マーリンは実在した?

アーサー王伝説に登場する世界一の魔法使いマーリンは、アーサー王に仕えていました。

湖の乙女ヴィヴィアン(ニミュエ、ニニーヴ、ニヴィアンとも)は妖精で、騎士ランスロットの育ての親です。

アーサー王伝説と言われるだけあって、物語自体は創作ですが、アーサー王らしき人物は実在したかもしれないそうで…(とはいえ、いないと断言できないというだけで、可能性はほぼゼロに近い)。

マーリンはそもそも、『ブリタニア列王史』に登場する魔術師でしたが、その後、アーサー王物語に組み込まれました。

彼は、実在した将軍アンブロシウス・アウレリアヌスと半伝説的なウェールズの予言者マルジン・ウィスルトの物語を組み合わせて作られた人物だといわれています。

美女に弱い

フランク・カドガン・クーパー《湖の乙女》1924年

マーリンは数多くの女性に言い寄る色男で、とにかく美人に弱く、そのせいで身を滅ぼすことになります…。

すごい魔法使いなのに、その最期はあっけないものでした。

エリナー・フォーテスキュー=ブリックデイル『国王牧歌』の挿絵 1913年

アーサー王と妃グィネヴィアの結婚式で、マーリンはヴィヴィアンに一目惚れしてしまいます。

ギュスターヴ・ドレ《ヴィヴィアンとマーリン》1867年頃

ヴィヴィアンもマーリンの魔術を全て習得して自分のものにしたいと思っており、2人は付き合うことになりました。

そしてマーリンは彼女に、自分の知る魔法の全てを教えてしまいます。

死を予知していながらも…

マーリンは、アーサー王に対して近いうちに自分は生きながら地中に埋められるだろうからと前置きして、国の行く末をあれこれと予言し、エクスカリバーとその鞘だけは絶対に護るようにと忠告しました。

その後、ヴィヴィアンと一緒に旅に出ました。

ウンザリするヴィヴィアン

エドワード・バーン=ジョーンズ《マーリンとヴィヴィアン》1861年

旅の道中、マーリンは魅了の魔法を使おうとしたりするなど、たびたび強引に彼女に迫りました。

ヴィヴィアンはうんざりすると共に、マーリンが悪魔の子(人間の女性と悪魔の子)だということも思い出し、彼のことが怖くなってきました。

最強魔術師のあっけない最期

アーサー・ラッカム『アーサー王物語』の挿絵 1917年

途中、魔法で大きな石の下にはまっている岩があり、マーリンはヴィヴィアンをそこへ案内しました。

ヴィヴィアンは「まあ不思議、よく見せてください」と誘導してマーリンを石の下に潜り込ませると、どんな魔術を使っても二度と出られないようにし、そのまま立ち去りました。

エドワード・バーン=ジョーンズ《欺かれるマーリン》1874年

マーリンがどこに閉じ込められたについては、洞窟、魔法の塔、木など様々な説があります。

上の絵では、セイヨウサンザシの木の茂みに閉じ込められています。

エドワード・バーン=ジョーンズ《魔法の木》1882-1898年

ヴィヴィアンが最強の魔術師に

マーリンを生き埋めにしたヴィヴィアンはその後、円卓の騎士の一人ペレアス卿と結婚し、魔術の力でアーサー王や円卓の騎士たちを助けています。

彼女はペレアス卿が死ぬまで添い遂げました。

彼女の庇護のおかげで、ペレアスは他の騎士たちとは違って安楽な死だったそう。

また、アーサー王がカムランの戦いで傷つくと、モーガン・ル・フェイら他2人の貴婦人と共に王をアヴァロンへ導きました。

アーサー王はこの地で亡くなったとも、眠っているだけで時が来たら目覚めるともいわれています。