音楽を感じる不思議な絵?カンディンスキーを超解説!

こんにちは!

今回は、抽象絵画の創始者カンディンスキーについてです。

早速見ていきましょう!

ワシリー・カンディンスキー(1866-1944年)

Vassily-Kandinsky.jpeg

1913年以前の写真

ワシリー・カンディンスキーは、ロシア出身の画家です。

裕福な家庭

モスクワの裕福な茶の商人の家庭に生まれました。

父親はモンゴル国境の町ネルチンスク出身で、ひいおばあちゃんは王族でした。

両親が離婚したため、伯母に育てられ、素描、ピアノ、チェロ、ドイツ語、童話を教わりました。

幼い頃から絵が上手でした。

法律と経済の道へ

20歳のとき、モスクワ大学で法律と経済を学びました。

卒業後は、国家試験に合格し、教授資格試験にも合格し、27歳でモスクワ大学法学部の講師になりました。

モネの絵に感動

エリートコース一直線なカンディンスキーでしたが、大学在学中から美術への欲求が高まりました。

エルミタージュ美術館では明暗に、パリ万博のエッフェル塔では科学技術の凄さに、そして決定打となったのは、30歳のときにフランス美術展で見たモネの《積みわら》でした。

この絵を見て画家になることを決意し、ミュンヘンアカデミーに入学し、絵画の勉強を始めました。

パウル・クレーに出会いました。

皆を統率

35歳のとき、前衛芸術家グループ「ファーランクス」を結成しました。

画家のガブリエーレ・ミュンター愛人となり、2人はヨーロッパ中を旅しました。

Wassily Kandinsky、乗馬カップル、1906-1907

ワシリー・カンディンスキー《馬上の二人》1906-1907年

42歳のとき、「ミュンヘン新芸術家協会」を結成し、若手をまとめました。

横倒しにした絵から…

風景の抽象化を試みていたある日、アトリエに戻ると、何が描いてあるのかわからないけれども、美しい絵がありました。

それは横倒しに置いていた自分の絵でした。

ワシリー・カンディンスキー《滝》1909年

ここからカンディンスキーの絵は抽象化が進んでいきます。

抽象作品を「新芸術家協会展」に出品しようとしますが、新芸術家協会の副会長にもかかわらず、拒否されてしまいます。

青騎士

ファイル:ワシリー・カンディンスキー、1903年、青騎士(Der Blaue Reiter)、キャンバスに油彩、52.1 x 54.6 cm、StiftungSammlungEGBührle、チューリッヒ.jpg

ワシリー・カンディンスキー《青騎士》1903年

そこで、45歳のとき、マルクと「青騎士」を結成しました。

「青騎士」の意味は特になく、マルクの馬好き、カンディンスキーの騎士好きからそう命名したんだとか。

「青騎士展」にはルソーなどフランスの画家も出品し、話題になりました。

国外退去命令

Wassily Kandinsky、カラースタディ-同心円状のリングのある正方形、1913年

ワシリー・カンディンスキー《色の研究-同心円のある正方形》1913年

48歳のとき、第一次世界大戦が勃発し、「24時間以内にドイツ国外へ去るように」と急に国外退去を命じられ、ガブリエーレと別れモスクワへ向かいました。

不自由

モスクワでは、教育委員会など美術行政の公務で多忙を極めました。

51歳のとき、ロシア革命が起こり、それ以降実家からの仕送りは途絶えてしまいました。

ニーナ・アンドレイフスカヤ結婚しました。

衣料や食料もなかなか手に入らず、靴を買うために書類を申請するも、たらい回しにされて結局買えずに終わるような生活が続きました。

そんななかでも、芸術科学アカデミーの設立や、多くの地方美術館を立ち上げました。

55歳のとき、ソ連を出てミュンヘンの画廊にある150点の作品を売って生活費にあてようとしますが、ドイツマルクが下落しており、値がつきませんでした…。

バウハウスの教官に

ワシリー・カンディンスキー《円の中の円》1923年

56歳のとき、ドイツ、ワイマールで、クレーの紹介により、バウハウスという美術学校の教官になりました。

File:Kandinsky - Jaune Rouge Bleu.jpg

ワシリー・カンディンスキー《黄・赤・青》1925年


点と線から面へ (ちくま学芸文庫)

60歳のとき、「点と線から面へ」という本を書きました。

ワシリーカンディンスキー、いくつかの円、1926年1月から2月。キャンバスに油彩、55 3/8 x 55 1/4インチ(140.7 x 140.3 cm)

ワシリー・カンディンスキー《いくつかの円》1926年

67歳のとき、ナチスがカンディンスキーのバウハウス解雇を要求してきました。

解雇しなければ、バウハウスを解体すると言われましたが、教授会は全員一致でナチスの要求を拒み、バウハウスは解体されました。

コレクションアイテム0958

ワシリー・カンディンスキー《継承》1935年

ワシリーカンディンスキー、リトルアクセント、1940年1月。木製パネルに油彩、12 5/8 x 16 1/2インチ(32 x 42 cm)

ワシリー・カンディンスキー《リトルアクセント》1940年

カンディンスキーはパリへ亡命し、モンドリアンやダリミロたちと親しく付き合いました。

デュシャンは、カンディンスキーに永住許可を取る裏技を教えてくれたんだとか。

ワシリー・カンディンスキー《空の青》1940年

セーヌ川の見えるアパートで制作を続け、78歳のとき、動脈硬化で亡くなりました。

まとめ

カンディンスキーは、抽象画の創始者で、理論家、教育者としても有能でエリートな画家