陶器や花瓶を地震から守るミュージアムパテ、ジェル、ワックスを紹介!違いは何?

こんにちは!

今回は、花瓶や陶器の転倒防止にオススメな製品を紹介します。

早速見ていきましょう!

ミュージアムシリーズ

「ミュージアムシリーズ」は、日本と同じ地震多発地帯であるアメリカのカリフォルニアで、博物館・美術館用に開発された製品です。

ミュージアムジェル


アイガーツール(EIGER TOOL) ミュージアムジェル クリア 110ml ba6412

ガラス製品、クリスタル、陶器、タイル、磨かれたみかげ石、上塗のしてある木材、金属など。

口コミを見ると、暑い時期は溶けることがあるようです。

ミュージアムパテ(おすすめ)


スガツネ工業 ミュージアムパテ 99111

陶器、磁器、ガラス、木製品など。

長時間放置しても良し、飾る場所やモノを頻繁に変えたい人にも良し、ということで、使い勝手が良さそうなパテを購入しました。

ただし、パテが白いため、ガラスのような透き通ったものを固定したい場合は、別のものの方がいいかもしれません。

手でちぎって丸めて、3〜4コ固定したいものの底につけるだけです。

ミュージアムワックス


LAMP 転倒防止用ミュージアムワックス(210-038-866) 55111

木材・陶器用。

あまり頻繁に外さないものに適しているそうで、これが一番固定力が強いみたいです。

そのため跡が残るようで、アルコールなどで取り除く必要があります。

実際に使ってみた感想

 

開けると紙に包まれたパテが…!

 

リサ・ラーソンのマンズを固定します。

写真では2コですが、これだとぐらつくので(笑)、3コは付けた方がいいです。(この後付けました)

 

上からギュッと押すと、しっかり固定されました!

軽く叩いても全く揺れないくらいにはしっかりとくっついています。

繰り返し使えますが、年2回程度パテを交換をするのがオススメだそうです。

花瓶や陶器など割れ物以外にも、不安定で倒れやすいフィギュアの固定なんかにもおすすめです。