ミレー「落穂拾い」はのどかな絵ではない?解説!

こんにちは!

今回は、ミレーの代表作《落穂拾い》を解説します。

早速見ていきましょう!

落穂拾い

《落穂拾い》1857年

一見、農作業に勤しむ農婦を描いた、のどかな風景に見えますが…

貧困の三女神

 

当時、収穫の終わった畑では、こぼれた落穂は、貧困者のために残しておくものだと考えられていました。

そのことから、彼女たちが貧困層だとわかります。

貧困層というのは、未亡人孤児怪我病気などで働けない人々のことです。

 

手は赤く荒れていて痛そうです。

聖書の記述?

旧約聖書レビ記に「貧しい者と在留異国人のために、落穂を残しておかなければならない」とあり、カトリック教徒だったミレーは、このことを意識して描いたのでしょう。

顔がわからない

人物の表情ははっきりと描かれていません。

そうすることによって、人種国籍に関係なく、見た人が感情移入できるようになっています。

赤・青・黄色

彼女たちの帽子をよく見ると…青、赤、黄色で、色彩効果を考えて色を置いていることがよくわかります。

農場で働く人々

 

農場で働く人々が描かれています。

麦わらが積み上がっていることから豊作だとわかりますね。

 

馬に乗った農場主らしき人物がいます。

農場の人々の方を明るく、貧困層の彼女たちを暗く描くことによって、豊かさと貧しさを対比させています。

ミレーのすごいところは、貧困層とはいえ、彼女たちを貧弱に描かず、その労働する姿を、むしろどっしりと、大地と一体化したように堂々と描いているところです。