ジョジョに影響を与えたミケランジェロってどんな人物?超解説!

こんにちは!

今回は、ジョジョといえばミケランジェロ!ミケランジェロといえば万能の天才!

ということで、ミケランジェロについてジョジョネタ交えて解説します。

早速見ていきましょう!

ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564年)

Miguel Ángel, por Daniele da Volterra (detalle).jpg

ダニエレ・ダ・ヴォルテッラ《ミケランジェロの肖像》

ミケランジェロ・ブオナローティは、イタリア、ルネサンス期の彫刻家、画家です。

トスカーナ州アレッツォ近郊のフィレンツェ共和国のカプレーゼに生まれました。

貴族の末裔?

数世代にわたって、ミケランジェロの一族は、フィレンツェで小さな銀行業を営んでいましたが、父親が経営に失敗し、共和国政府の臨時職員として生計を立てていました。

父親は貴族の末裔だと自称していて、ミケランジェロもこれを信じていましたが、事実かどうか現在でも実証されていません。

ミケランジェロが生まれて数ヶ月後にはフィレンツェへ移り、幼少期をここで過ごします。

1481年、ミケランジェロが6歳のとき、長い闘病生活の後に母親が亡くなります。

当時父親は、大理石採石場と小さな農園を経営し、石工の一家と一緒に住んでいました。

あふれる才能

ミケランジェロ・ブオナローティ《階段の聖母》1491年

13歳のとき、画家ギルランダイオに弟子入りします。

当時としては異例中の異例、14歳のときには、ギルランダイオに一人前の画家と認められます。

1489年、フィレンツェ最大権力者ロレンツォ・デ・メディチから、「最も優れた弟子を2人連れてきて〜」と言われたギルランダイオは、ミケランジェロと画家グラナッチを派遣します。

ミケランジェロは、メディチ家のサン・マルコ庭園にある彫刻などを見て勉強します。

ミケランジェロが作っていた彫刻を見て、ロレンツォは才能を見出します。

ロレンツォに気に入られたミケランジェロは、家族同様に扱われました。

鼻が曲がる…

これをよく思わなかったのが、ミケランジェロの友人のトリッジャーノ

ミケランジェロは顔を殴られ、以降は曲がったまま…

死体を見て勉強

1492年、パトロンのロレンツォが亡くなり、父親の元へ戻ります。

その後、フィレンツェのサント・スピリト修道院長への奉献用に、木彫の《キリスト磔刑像》を制作します。

この修道院長は、修道院付属病院で亡くなった人の死体を、解剖学の勉強のためにミケランジェロに提供していた人でした。

瀕死のミスタを抱えたジョルノのモデル ピエタ

ミケランジェロ・ブオナローティ《サン・ピエトロのピエタ》1498-1500年

1494年、政情不安になったフィレンツェを脱出し、ベネツィア、ボローニャを経てローマへ行きます。

1497年、フランス大使からの依頼で《ピエタ》を作成します。

ジョジョ5部の、瀕死のミスタを抱えるジョルノのシーンは、この作品のオマージュですね。

ジョルノのモデル ダヴィデ像

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ像》1504年

共和制になったフィレンツェに戻り、政府から注文を受けます。

ダヴィデ像制作中、市政長官ピエールから「鼻が大きすぎるんじゃない?」と言われたミケランジェロ。

そこで、鼻を直すフリをしたところ、気付いていないピエールは「直したら良い感じじゃないか〜!」と満足したというエピソード、機転が利いてて良き。

ジョジョ5部の主人公ジョルノのモデルはダヴィデ像だそう。(かっこいい)

値切られて倍の値段で買わせた作品

ミケランジェロ・ブオナローティ《聖家族》1505-1506年

フィレンツェの商人アニョロ・ドーニが自分たちの結婚祝いとして注文した作品です。

アニョロから値切られたミケランジェロは、めちゃキレて、アニョロは2倍の金額で買うことに…(笑)

壁画以外の絵画としては、これが唯一残っている作品です。

レオナルド・ダ・ヴィンチとの幻の競作

ミケランジェロ 未完の壁画|「アンギアーリの戦い」展から<下 ...

バスティアーノ・ダ・サンガッロ《カッシーナの戦い》の模写 1542年

ミケランジェロとレオナルド・ダ・ヴィンチは、市庁舎の大評議会室の壁画競作を依頼されます。

ミケランジェロは《カッシーナの戦い》を描いていました。

教皇ユリウス2世が、ミケランジェロを呼んだので、壁画が完成することはありませんでした。

この壁画は残念ながら残っていませんが、上の絵、弟子の模写が残っています。

鶴の恩返しみたい

ユリウス2世から、自分の墓標を作って欲しいと依頼されます。

制作中は絶対見ないでと言ったのに、見に来た教皇に激怒したミケランジェロは、仕事を放り出してフィレンツェへ行ってしまいます。鶴の恩返しみたい。

ブチャラティと瀕死の奴隷

ミケランジェロ・ブオナローティ《瀕死の奴隷》1513-1516年

この作品も、教皇ユリウス2世の墓標に置くために作った作品のひとつです。

ちなみに、中断に次ぐ中断で、教皇の墓標は結局完成することはありませんでした。

ジョジョ5部、最終決戦後の話で、この《瀕死の奴隷》が登場しています。

このシーンの時、若い彫刻家スコリッピ(「スコリッピ」はイタリア語で「彫刻する」の意)が「どう彫るかは自分では決めていない、石自体がすでに彫るべき形を決めていて、私はそれを石の中から取り出しているだけ(要約)」と、

ミケランジェロの言葉を引用し、我々は「運命の奴隷」なんだと語る場面もありましたネ。深い…

余談ですが、この話を見た後、公園を散歩していたら、似たような丸い石のオブジェをいくつも見つけて笑いました。(笑)

(※スコリッピは丸い石のスタンド使いです。)

システィーナ礼拝堂

ミケランジェロ・ブオナローティ《アダムの創造》1508-1512年

和解し、ローマに戻ってきたミケランジェロには新たな仕事、システィーナ礼拝堂の天井画と祭壇壁画の仕事を任されます。

上の絵は映画『E.T.』のモデルとしても有名ですね!


E.T. (字幕版)

システィーナ礼拝堂天井画の解説はこちら↓

ミケランジェロ・ブオナローティ《最後の審判》1541-1547年

この祭壇画、実はミケランジェロが描く前に、別の画家の絵が描かれていたんです…!

詳しい解説はこちら↓

神から愛された男

88歳で亡くなったミケランジェロの元に、多数の芸術家たちが弔問に駆けつけました。

ミケランジェロは生前、絵や彫刻だけでなく、建築や詩なども残しています。

まさに「万能の天才」です。

存命中から現代にいたるまで、非常に優れた芸術家として高い評価を得ている最強の芸術家です。

まとめ

ミケランジェロは、最強の画家であり彫刻家
・ミケランジェロの表現方法は、現代に至るまで幅広く影響を与えている