ホガース『当世風結婚』没落貴族の息子と成金商人の娘の結婚は上手くいくのか?

こんにちは!

ホガースの物語画シリーズ『当世風結婚』です。

早速見ていきましょう!

『当世風結婚』(1743年)

全6枚の絵からなる物語です。

舞台は18世紀ロココの時代、没落貴族の息子成金商人の娘が結婚することに…

1. 結婚の契約

 

右に座っているのは、借金でとにかくお金のない伯爵。家系図を指差して血筋をアピール。

テーブル挟んで左は、地位が欲しい大商人

両家の利益が合致し、結婚することに。

悲しげな大商人のにささやきかけるのは、伯爵家お抱えの弁護士

伯爵の息子は結婚相手ではなく、鏡に映る自分を見ていることからも無関心でナルシスト。

2人の上にあるメデューサの丸い絵や、下の短い鎖で繋がれた犬からもわかるように、2人は上手くいかなそうな雰囲気が漂っています。

2. 新婚夫婦

 

新婚とは思えない空気感の2人。親が勝手に決めた相手だから興味なし。

夫は朝帰り、そのことは、ポケットに入っている女性もののナイトキャップを、飼い犬が引っ張っていることからわかります。

は妻で賭けトランプに明け暮れた疲れで伸びをしています。

呆れ顔の会計士大量の請求書を持って出ていきます。

3. 医者の診察

 

夫と愛人(右)が藪医者の元へ行きます。

夫が座っている椅子には処方された軟膏が置いてあったり、愛人は口の痛みを訴えたりと、2人とも梅毒の症状が出始めています。

4. 化粧の間

 

当時、上流階級の女性は、朝の身支度を公開することが公式行事であり、上流階級の社交の場でもありました。

当時、音楽を聴きたい!となったら、生演奏してもらうしかありません。(左側)

客人の白いドレスで手を広げているちょっとやばそうな人は音楽に酔いしれています。

黄色のドレスを着た妻は、右にいる仮面舞踏会の絵を指差した弁護士からなにやらをもらいます。怪しい関係です。

ちなみに頭に白い角のようなものがいくつかある人、あれは髪をカールさせるためのカーラーをしています。

6枚の中で一番面白くて見所満載なのはこの絵です。

例えば、壁に掛かっている絵画元ネタがあるんです!

いろんな画家に描かれた人気の主題です。

例外として左上は、この弁護士の肖像画ですね。特別な存在なんだなぁと思わせる1枚です。

ホガースの絵の該当部分を最初に、比較の画像を後に添付しますので、比較して見てみてください!

その下、「ガニュメデスの誘拐」は、美青年すぎるガニュメデスを自分のものにしたいゼウスという神が、に変身してさらっているシーンです。

 


ピーテル・パウル・ルーベンス《ガニュメデスの略奪》1636-1638年

中央、「ユピテルとイオ」は、これまたゼウス(ユピテル)になって可愛いイオを誘惑しています。

 


コレッジョ《ユピテルとイオ》1531-1532年

一番右が「ロトの娘たち」で、いろいろあって男性が父親しかいない、子孫を残すために、実の娘たちが父親に酒を飲ませて泥酔させて寝るという、なんとも気持ち悪い話です。

 


シモン・ヴーエ《ロトとその娘たち》1633年

さらにさらに!右下の黒人の男の子のところにあるバスケットの中のお皿には、

「レダと白鳥」という、またまたゼウスが今度は白鳥に変身して人妻レダを誘惑…

 


レオナルド・ダ・ヴィンチ《レダと白鳥》のチェザーレ・ダ・セストの模写 1515年 – 1520年

これらの絵からわかるように、弁護士との浮気や、夫からの略奪、不貞を表す手助けをしています。

5. 安宿

 

先ほど渡していたがここで繋がってきます。

足元には仮面などが転がっていることから、仮面舞踏会後なことがわかります。

場面は怪しげな宿、2人の仲を怪しんで後を付けていた夫と喧嘩になり、夫は刺し殺され、刺した弁護士は窓から逃げ、妻は夫に謝ります。

6. 夫人の死

 

実家に戻った妻は、愛人の弁護士が絞首刑になったことを足元にある新聞で知り、全てに絶望、服毒自殺します。

乳母は妻の子供を抱き抱え、母に最後のキスをさせます。

そんな妻の子供は、先天性梅毒で頬に斑点、足は義足であることから、1枚目の絵で伯爵が家系図を見せびらかすほどの家もここで断絶

父親は死後硬直が始まる前に金目な結婚指輪を抜き取る。商人魂。

〜バットエンド〜

という節度をもって生活しようっていう戒めのお話でした。

▼他の物語はこちらから!▼

『娼婦一代記』…都会に出てきた田舎娘が早速道を踏み外す話↓

ホガース『娼婦一代記』道を間違えた田舎娘の転落人生物語

2020.04.18
『放蕩一代記』…親の遺産で急にお金持ちになった息子が調子に乗る話↓