天才贋作師メーヘレン作のフェルメールの贋作全11点を紹介!

こんにちは!

今回は、メーヘレンの描いたフェルメールの贋作を紹介します。

早速見ていきましょう!

フェルメールの贋作11+1点

フェルメールの全作品まとめ↓

こちらと比較しながら見るのも面白いです。

フェルメールの絵画全37点を一挙紹介!

2021.04.29

《ヴァージナルの前の女と紳士》1934-1938年

メーヘレンが手がけた初のフェルメール贋作です。

フェルメールの「合奏」や「恋文」などに出てくるモチーフを流用しています。

ハーグの画廊が4万ギルダー(約340万円)で購入しました。

《楽譜を読む女》1935-1940年

フェルメールの《青衣の女》を真似た1枚です。

《青衣の女》が立っているのに対して本作では座っています。

アトリエで発見された未売却作品です。

《音楽を演奏する女》1930-1940年

フェルメールの《リュートを調弦する女》と《音楽の稽古》を元に制作した作品です。

こちらも未売却です。

ハン・ファン・メーヘレン《エマオの晩餐》1937年

フェルメールの未発見の初期の宗教画を題材にし、フェルメール風の光で描き、フェルメールの専門家のお墨付きをもらった1枚です。

オランダのボイマンス美術館が54万ギルダー(約4500万円)で購入しました。

専門家が騙された教訓として、現在も常設展示されています。

メーヘレン贋作事件を超解説!フェルメールの新作を描いた男

2021.11.05

《最後の晩餐Ⅰ》1938年?

《最後の晩餐Ⅱ》の習作です。

メーヘレンが死亡した2年後の1949年に自宅から発見されました。

《キリスト頭部》1940年頃

《最後の晩餐Ⅱ》のイエス・キリストの頭部を先に描いたものです。

47.5万ギルダーで売却されました。

最後の晩餐(2)(1941年)\n\n160万ギルダーで売却された。

《ヤコブを祝福するイサク》1941年

125万ギルダーで売却されました。

ハン・ファン・メーヘレン《姦通の女》1942年

ナチスの高官ゲーリングに165万ギルダーで売却し、これが後に問題になり、メーヘレンの一連の贋作が発覚しました。

メーヘレン贋作事件を超解説!フェルメールの新作を描いた男

2021.11.05

《キリストの足を洗う》1935-1943年

美術の専門家委員会が「国宝級の作品」としたことで、オランダ政府が130万ギルダーで購入しました。

寺院で教えを受ける幼いキリスト(1946年

「姦通の女」をナチスに売却した容疑で逮捕されたメーヘレンが「自分がフェルメールの贋作を描いた」と証明するために、法廷で描いた作品です。

3000ギルダーで売却しました。

メーヘレン贋作事件を超解説!フェルメールの新作を描いた男

2021.11.05

番外編

《笑顔の少女》1925年

上の絵は、メーヘレンの息子ジャック(父と同じく贋作画家)がそれとなくフェルメールの贋作だと言及した作品のひとつです。

メーヘレンの友人であり仕事のパートナーである贋作師が描いたものということになっていますが、メーヘレンが描いた可能性もあるそうで…。