苦悩と苦痛を力に 生きるために絵を描いた画家フリーダ・カーロを超解説!

こんにちは!

今回は、つながった眉毛がチャームポイントのフリーダ・カーロについてです。

早速見ていきましょう!

フリーダ・カーロ(1907-1954年)

フリーダ・カーロ《いばらの首飾りとハチドリの自画像》1940年

フリーダ・カーロは、メキシコの画家です。

メキシコシティ郊外のコヨアカンで生まれました。

フリーダの生家「青い家」は、現在フリーダ・カーロ記念館として一般公開されています。

フリーダと父親

フリーダ・カーロ《私の父、ギリェルモ・カーロの肖像》1952年

父親はドイツからの移民でハンガリー系ユダヤ人で写真家、母親はスペインとインディオのハーフでした。

6歳のとき、ポリオを患い、後遺症として右足の成長が止まって、痩せ細り、引きずって歩くようになりました。

父親は、足が元に戻るようにと、自転車、ローラースケート、ボート、レスリングなどいろんなスポーツをやらせましたが効果はありませんでした…。

リハビリを兼ねて父親は、フリーダをよくハイキングに連れていき、水彩画やカメラの使い方を教えました。

この経験が、画家となった後年のフリーダに大きな影響を与えました。

上の父親の肖像画の下の文には、

「私は父ギリェルモ・カーロを描くものなり。父はハンガリー・ドイツ系の出にして、芸術家であり、職業写真家である。心ひろく、知的で、その人となり貴く、勇敢にして、60年の長きにわたっててんかんに悩めるも、休みなく働き、ヒトラーにはむかった。敬愛する娘フリーダ・カーロ」

と父親への感謝が書いてあります。

医者を目指していた

14歳のとき、医者になることを目指し、メキシコシティでトップ国立高校に入学しました。

国立高校にこの年に初めて女性が入学し、2000人の学生のうち35人しかおらず、フリーダもその中のひとりでした。

ドイツの学生と同じ服で、学内の注目を浴びました。

右足の細さをカバーするため、白い靴下を何枚も重ね、ブーツを履いていました。

父親の友人で広告デザイナーのフェルナンド・フェルナンデスにスケッチを習っており、次第に画家を目指すようになりました。

ある日、学校の壁画を描きに来ていた画家ディエゴ・リベラを初めて見ました。

フリーダ・カーロ《アレハンドロ・ゴメス=アリアスの肖像》1928年

フリーダは、秀才グループ「カチュチャス」に入り、リーダーのアレハンドロと恋仲になりました。

上の絵の右上には「アレックス、愛情を込めてあなたの肖像画を描きました。彼は永遠に私の同志のひとりです。30年後のフリーダ・カーロ」と書いてあります。

事故で体がボロボロに…

18歳のとき、フリーダと恋人のアレハンドロが乗ったバスと路面電車が衝突し、多数の死傷者が出る事故が発生しました。

アレハンドロは軽傷でしたが、フリーダは体に鉄の棒が突き刺さり、意識不明の重体に…。

1ヶ月後には退院し、ベットの上で絵を描き始めました。

アレハンドロとの仲は、この事故で自然消滅のように破綻しました。

リベラとの出会いと結婚

20歳のとき、通常の生活が送れる程度に回復したフリーダは、41歳のリベラに会いにいき、自分の作品を見せ、彼に意見を求めました。

リベラは後に、この時の出来事を「カンバスにはものすごい表現力が示されていた」と語っており、フリーダの感性に大きな感銘を受けたそう。

フリーダ・カーロ《フリーダ・カーロとディエゴ・リベラ》1931年

ディエゴはフリーダに一目惚れし、短い交際の後、フリーダ22歳のときに結婚しました。

21歳という歳の差や、リベラの外見上の印象から、フリーダの両親からはあまり祝福されませんでした。

23歳のとき、リベラの壁画制作のため、サンフランシスコに同行しました。

妊娠と流産を繰り返す

エラーサ博士の診断で、子供を中絶しました。

フリーダ・カーロ《ヘンリー・フォード病院》1932年

その後、2度の流産と中絶をします。

事故の影響で骨盤や子宮に損傷を受けていたためでした。

この出来事は、彼女に深い影を落とし、その後の作品に大きな影響を与えています。

リベラに同行してニューヨーク、デトロイトへ行きました。

妹との不倫

27歳のとき、脚の症状が悪化し入院しました。

フリーダ・カーロ《ちょっとした刺し傷》1935年

その間に、子連れで戻ってきたフリーダの妹クリスティナとリベラが不倫…。

28歳のとき、リベラと別居します。

不倫と成功

白いカーテンに囲まれた舞台のような空間に立つ。 赤い毛糸と花で織られた黒い髪の下で、重い眉が彼女の暗い目の視線を強調します。 フリンジ付きのハニートーンのショールに身を包んだ。 長いピンクのスカート。 とゴールドジュエリー、彼女は花束と手書きの手紙を持っています。

フリーダ・カーロ《レオン・トロツキーに捧げる自画像》1937年

リベラへのあてつけのように、彫刻家イサム・ノグチと関係を持ちました。

30歳のとき、ロシアの革命家トロツキーと恋愛関係に。

フリーダ・カーロ《自画像「ザ・フレーム」》1938年

31歳のとき、ニューヨークでの初めての個展が成功します。

写真家ニコラス・ムライと恋愛関係に。

32歳のとき、パリで「メキシコ展」に参加しました。

離婚、再婚

フリーダ・カーロ《ふたりのフリーダ》1939年

ついにリベラと離婚しました。

テワナとしての自画像、1943年フリーダ・カーロ

フリーダ・カーロ《テワナ衣装の自画像》1940-1943年

33歳のとき、経済的に自立させること、性的関係は結ばないことなど条件付きでリベラと再婚し、「青い家」に住みました。

健康状態の悪化

フリーダ・カーロ《折れた背骨》1944年

37歳のとき、症状が悪化し、手術を繰り返します。

この頃には、寝たきりの状態になり、寝たままでも制作できるように、ベッド上に特製のイーゼルを取り付けました。

46歳のとき、右足の痛みが鎮痛剤では耐えられないほどになっていたため、膝まで切断することに。

以降フリーダは義足を使用することにより歩くことができるようになったが、生きる気力を失い、ふさぎこむようになり、日記には自殺のことが度々出てくるようになりました。

メキシコで初の個展を開くことになり、フリーダは救急車に乗り、ベットで会場にやって来て、挨拶をしました。

フリーダ・カーロ《人生万歳》1954年

47歳のとき、肺炎を併発して、「青い家」で亡くなりました。

苦悩と苦痛に満ちた人生を送った彼女の絶筆が上の作品です。

まとめ

フリーダは、苦悩や苦痛を力に、生きるために肖像画を描き続けた画家