円筒形大好きメカニックな画家レジェを超解説!

こんにちは!

今回は、レジェについてです。

早速見ていきましょう!

フェルナン・レジェ(1881-1955年)

《メカニック》1918年

フェルナン・レジェは、フランスの画家です。

建築から絵へ

フランス北部ノルマンディー地方アルジャンタンの家畜商の家に生まれました。

父親は腕っぷの強い荒くれ者、母親はしっかり者でした。

父親は早くに亡くなりました。

19歳のとき、建築家を目指し、パリの建築事務所で設計者として働きました。

22歳のとき、パリ国立美術学校を受験し、不合格…。

装飾美術学校に入り、アカデミー・ジュリアンにも通いました。

アジャシオ要塞

《アジャクシオ要塞》1907年

当時のレジェは、印象派風の絵を描いていましたが、この画風に迷っていた頃の作品は、レジェが後年、処分してしまったため、ほとんど残っていません。

また、当時のエピソードもほとんど残っていません。

セザンヌの絵に感動

26歳のとき、サロン・ドートンヌで「セザンヌ回顧展」を見て、セザンヌの絵に感動し、セザンヌの研究をしました。

キュビスムに参加しました。

レジェは円筒形を好んだため、「キュビスム(立体主義)」をもじって「チュビスム(土管屋)」と呼ばれていました。

27歳のとき、モンパルナスの共同アトリエ「ラ・リューシュ(蜂の巣)」に移り住みました。

そこで、ドローネ、シャガール、スーチン、アルキベンコたちと交流します。

《縫い物をする女》1910年

29歳のとき、当時の有力な画商カーンワイラーに認められ、31歳のとき、カーンワイラー画廊で初の個展を開催し、32歳のとき、専属契約を結びました。

同じ頃、ヴィヨン、ピカビア、クプカ、ローランサンたちと「セクシオン・ドール」を結成しました。

《森のなかの裸体》1909-1911年

30歳のとき、アンデパンダン展に上の作品を出品しました。

親友ドローネと共にキュビストグループ「ピュトー」に入りました。

機械大好き

《バレエ・リュスを出る》1914年

レジェは、機械の高い造形性を人体に求め、機械のカッコよさを人間にも取り入れて描きました。

兵器かっこいい

33歳のとき、第一次世界大戦に従軍しました。

大戦中に見た大砲などの兵器機能的美しさに心奪われたそう。

また、兵役期間の休暇中に見たチャップリンの映画が、その後の作風に影響を与えました。

《トランプ遊び》1917年

36歳のとき、ガス中毒で入院のため除隊になります。

38歳のとき、ジャンヌ・ローイ結婚しました。

《メカニカル・エレメンツ》1920年

機械が大好きで機械の絵をたくさん描きました。

39歳のとき、建築家のル・コルビュジエと知り合い、以降彼の設計した建築の壁画を担当することが多くなりました。

この頃から、壁画、舞台美術などにも活動の場を広げていきました。

古典絵画への興味

《室内の女たち》1922年

古典絵画をモチーフに描くようになりました。

上の絵は、アンドレア・デル・サルトの《マリアの誕生》を元に制作したと考えられています。

アンドレア・デル・サルト《マリアの誕生》

《3人の女》1921-1922年

43歳のとき、前衛映画「バレエ・メカニック」を制作しました。

シュルレアリスム

《鍵とモナ・リザ》1930年

シュルレアリスムに影響を受けて、上の作品を制作しました。

ルネサンス美術が嫌いだったレジェは、青ざめたモナリザを描きました。

54歳のとき、ニューヨーク、シカゴで個展を開きました。

晩年

《閑暇(ダヴィッドへの賛美)》1948-1949年

晩年のレジェは、労働の場休暇を描いた作品が多くなります。

69歳のとき、妻ジャンヌが亡くなりました。

71歳のとき、弟子のナディア結婚しました。

74歳のとき、パリ郊外の自宅で亡くなりました。

5年後の1960年、フェルナン・レジェ美術館が建てられ、開館式には、画家仲間のピカソ、ブラック、シャガール、そして当時のフランス文化相アンドレ・マルローも列席しました。

まとめ

レジェは、円筒形のキュビスムの画家