ジョジョの元ネタ?強烈なポーズを描いた画家シーレを超解説!

こんにちは!

今回は、ジョジョの荒木先生も影響を受けている、画家シーレについてです。

早速見ていきましょう!

エゴン・シーレ(1890-1918年)

エゴン・シーレ《自画像》1910年

エゴン・シーレは、オーストリアの画家です。

ブルジョワ

オーストリア・ハンガリーの首都ウィーン近郊にあるトゥルン・アン・デア・ドナウで生まれました。

父親は、帝国鉄道の鉄道員で後には駅長を務め、母親は、チェコ系オーストリア人でボヘミアの富裕な建築業者の娘で敬虔なカトリック教徒でした。

シーレ家は北ドイツ出身で、ルター派教会牧師、官吏、軍人、医者を輩出したブルジョワでした。

小さい頃から絵を描くことが好きでした。

幼少期に初等教育を受ける為に、クロスターノイブルク市へ移住しました。

そこで美術担当の教員から「天才だ!」といわれます。

エゴン・シーレ《レオポルト・ツィハチェックの肖像》1908年

15歳のとき、父親が梅毒で亡くなり、叔父に引き取られました。

上の絵に描かれているのは叔父です。

叔父はシーレが学業に励まないことに悩みましたが、同時に芸術への強い興味に理解を示すなどシーレに愛情を持って接しました。

ヒトラーが憧れた場所

エゴン・シーレ《クルムロフ礼拝堂》1907年

翌年にシーレは、ギムナジウム(日本でいう中高一貫校)ではなく職人としての訓練を受ける許可を得て、16歳のとき、クリムトと同じウィーン工芸学校で学びました。

クリムトがそのまま職工として開業したのに対し、シーレは、よりアカデミック色が強く純粋芸術を追求する場であったウィーン美術アカデミーを受験し、最年少で合格しました。

ちなみにシーレが入学した翌年1907年と1908年に同アカデミーを受験して不合格だったのが、アドルフ・ヒトラーでした。(ヒトラーが画家を目指していたのは有名な話ですよね)

ヒトラーにとっては一生の羨望となるウィーン美術アカデミーも、シーレ にとっては、決まり切ったデッサン中心の授業と権威を振りかざす教師に失望します。

クリムトに弟子入り

エゴン・シーレ《フリーデリケ・マリア・ビアー》1914年

保守的で時代錯誤な古典主義を継承するアカデミーに価値を感じなかったシーレは、アカデミーの授業から離れ、代わりに工芸学校時代の先輩であるクリムトに弟子入りを志願しました。

クリムトとシーレの作風は必ずしも同じ路線ではありませんでしたが、クリムトは熱意ある後輩を大いに可愛がり、貧しいシーレがモデルを雇う代金を立て替えてあげるなど援助を惜しみませんでした。

エゴン・シーレ《枢機卿と尼僧(抱擁)》1912年

上の作品は、クリムトの《接吻》に影響を受けて描いた作品だといわれています。

またクリムトは自身の分離派を初めとして、象徴派や表現主義など新しい作風を模索する作家達が組織したウィーン工房にシーレの入会を推薦しました。

18歳のとき、クリムトの全面的な援助にも助けられ、最初の個展を開きました。

19歳のとき、アカデミーを正式に退校してアカデミー教育と決別、同時にアカデミーを離脱した仲間達と交流会「ノイ・クンスト・グルッペ(新たなる芸術の集い)」を設立しました。

エゴン・シーレ《Knabe mit langem Rock》1910年

この絵とかすごいジョジョっぽさある(笑)

ゴッホに影響を受ける

エゴン・シーレ《ひまわり》1911年

クリムトが開いたフランス印象派の絵画展で、ゴッホの作品を目の当たりにし、とても大きな影響を受けました。

またシーレの生まれた年が、ゴッホの死没年であることに「運命を感じていた」と語っています。

タブーを描く

エゴン・シーレ《画家マックス・オッペンハイマー》1910年

展覧会の刺激で創作意欲に駆られたシーレは精力的に試作を繰り返し、アカデミーの制約を離れた自由な創作を繰り広げました。

人体に関する研究も単に人体構造を作品に反映させるだけでは飽き足らず、性の部分などタブー視されていた部分も作品に取り込もうとしました。

エゴン・シーレ《両肘をついてひざまずく少女》1917年

性行為など倫理的に避けられるテーマをむしろ強調するような作品を制作していきました。

裸体や性を描くこと自体は問題視される傾向が減りつつあったが、彼の描く表現は非常に過激だと受け取られていました。

しかしシーレは倫理的に問題視されるような描写も怯まず作品へ用いていきました。

運命のミューズ

エゴン・シーレ《自画像》1912年

エゴン・シーレ《ヴァリの肖像》1912年

21歳のとき、シーレは自らの裸体モデルを務めていた17歳の少女ヴァリ・ノイツェルと同棲を始めました。

彼女はクリムトから紹介されたモデルだとも、街中でシーレが声をかけたとも言われており、知り合った経緯は定かではありません。

上の2枚の絵は、シーレとヴァリの対になった肖像画です。

孤独な2人は、一緒にいても孤独なままでした。

シーレのスケッチブックには、「私は今日、1913年1月8日に明言いたします。この世で誰も愛してはいません」というヴァリーの言葉が残されていました。

エゴン・シーレ《抱擁(恋人たち)》1917年

この絵のモデルも、ヴァリとシーレで、クリムトの《接吻》に影響を受けて描いた作品だといわれています。

怪しまれ捕まる

エゴン・シーレ《黒髪の裸の少女》1910年

親しい間柄となった2人はウィーンの喧騒を離れて母方の故郷であるチェコのチェスキー・クルムロフ市へ移住しています。

シーレの家に娼婦などが出入りし、ヌードモデルをしていることを近隣の住民が知り、やがて2人は町から追い出されるようにしてウィーンへと舞い戻ることに。

そして今度はウィーン近郊のノイレングバッハにアトリエを開いて活動しましたが、下町の子供を誘い込んで絵のモデルにしたり、庭で女性モデルを裸にしてデッサンを描くなどしたため、再び近隣住民から追い出されるように町を後にすることとなりました。

14歳の少女がシーレの家で一夜を明かしたと警察に告げ、未成年誘拐と不道徳の罪で警察に逮捕され、24日間にわたって拘留されました。

その間、ヴァリーは毎日シーレの元へ通い、面会を拒否された日には、独房の窓に食べ物を投げ込んでいたそう。

シーレ自身の手記によれば彼は家出少女に宿を貸しただけで、何らやましいことはしていないと書き残しています。

しかし裁判所はシーレの絵を猥褻物として押収し、そればかりか裁判官の1人は目の前にあったろうそくで絵を燃やすという不要な挑発行為まで行ったといわれています。

エゴン・シーレ《夕日》1913年

出会いと別れ

エゴン・シーレ《縞模様のドレスを着て座っているエディット》1915年

24歳のとき、ウィーンに戻ったシーレは、通りを挟んだ向かい側に住んでいたブルジョワの家の、ハルムス家のエディットとアデーレ姉妹と知り合いました。

シーレはどちらかと結婚することを考え、妹のエディットを選択しました。

シーレによれば社会的に許される人間を選んだとしているが、実際のところはエディットとヴァリの両方を繋ぎ留めたいと考えていました。

年に1回それぞれと2人でバカンスに行くなどといった妥協案を2人に提示したが、そんなことが受け入れられるわけもなく、ヴァリはシーレの前から去りました。

エゴン・シーレ《死と乙女》1915年

そして、ショックを受けたヴァリは二度とシーレの前に現れませんでした。

シーレはこの時の経験も絵画として描いています。

その後ヴァリは従軍看護婦としての訓練を受け、クロアチアに派遣されるも、1917年、23歳の若さで派遣先で病死しました。

結婚

25歳のとき、ウィーン市の中心部ドロテーア通りにあるオーストリア福音主義教会アウクスブルク信仰告白派のルター派シュタット教会で、エディットとの結婚式が執り行われました。

エディットの父親は北ドイツ出身の機械工のマイスターでルター派でした。

カトリックが圧倒的であったウイーンにおいて、ハルムス家の属する少数派のルター派教会で結婚しています。

そのため、カトリック教徒のシーレの母親はこの結婚式には出席しませんでした。

シーレと母親の間に緊張が強まった結果、シーレはハルムス家とその姉妹と密接につながっていいきました。

姉とも不倫

エゴン・シーレ《膝を曲げて座っている女性(アデーレ・ハルムス)》1917年

結婚はエディットとしましたが、義姉のアデーレとも密接な関係を持っていました。

戦争と飛躍

結婚の3日後、第一次世界大戦が勃発し、シーレはオーストリア=ハンガリー帝国軍に召集されました。

作品制作も中止に追い込まれましたが、結果としてみればこの出来事はシーレの飛躍に繋がる結末となりました。

チェコ地方のプラハ駐屯部隊に配属されたシーレが上層部に画家として活動していることを説明すると、軍は芸術家を尊重してシーレを前線勤務に就かせませんでした。

彼は主に後方のプラハで捕虜収容所の看守を務めつつ、戦争という経験の中でスケッチや作品の構想を続けることができました。

27歳のとき、首都ウィーンに転属すると作品制作を再開できるようになり、暖めていたアイディアの製作に打ち込みました。

エゴン・シーレ《第49回ウィーン分離派展のポスター》1918年

28歳のとき、大戦も終わりに近付いた時にクリムトによる第49回ウィーン分離派展50点以上の新作を一挙に公開し、それまであまり知名度の高くなかったシーレの作品群は一躍注目を集めました。

シーレの絵の価格は上昇し、要望を受けて次々と絵の買取依頼が舞い込むようになりました。

突然の…

シーレは富裕層の住むウィーン13区ヒーツィンク・ヴァットマン通り6番地に新アトリエを構えました。

エゴン・シーレ《家族》1918年

上の絵は、分離派展に出品した作品の一つで、シーレはこの絵を《うずくまるカップル》と呼んでいました。

画家の死後に《家族》というタイトルに変更されました。

男性のモデルはシーレですが、女性はエディットではなく、別のモデルを使ったという説があります。

さらに、元々は子供ではなく、花束が描かれており、シーレの妹の息子をモデルに、後に幼児に塗り替えられたといわれています。

高級住宅地で成功した画家としての大きな一歩を踏み出したシーレでしたが、妻エディットが大戦前後に流行していたスペイン風邪にかかり、シーレの子供を宿したまま、10月28日に亡くなりました。

シーレも同じ病に倒れ、妻の家族に看護されましたが、妻が亡くなって3日後の10月31日に亡くなりました。

義姉アデーレによると、臨終に際してシーレは「戦いは終わった。もう行かなければならない。私の絵は世界中の美術館で展示されるべきだ」と語ったといわれています。

シーレは死の直前にエディットのスケッチを残しています。

まとめ

シーレは、強烈に個性的なポーズで人物を描いた画家