世界で一番絵を描いた画家ピカソの生涯を超解説!

こんにちは!

今回は、ギネスに載るほど多作な画家ピカソについてです。

早速見ていきましょう!

パブロ・ピカソ(1881-1973年)

ピカソ-自画像-MP4-16-530611

《自画像》1901年

パブロ・ピカソは、スペイン生まれのフランスで活動した画家です。

最も多作な画家としてギネスに

ピカソは、最も多作な画家としてギネスブックに登録されています。

生涯に約1万3500点の油彩と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作しました。

本名がすごく長い

スペイン南部の港町マラガで生まれます。

本名は、「パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・チプリアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・ピカソ」です。

父親のドン・ホセは美術教師でした。

神童

8歳のとき、油彩画や素描を描き始めます。

10歳のとき、ラ・コルーニャへ引っ越します。

11歳のとき、ラ・コルーニャの美術学校に入学します。

13歳のとき、父親が「もう絵は描かない」と画材道具一式をピカソに譲ります。

諸説ありますが、自分よりも息子のピカソの方が、圧倒的に絵の才能があると思ったからだそう。

14歳のとき、妹のコンチータがジフテリアで亡くなります。

バルセロナに移住し、1か月かけて描く入学審査のデッサンを1日で仕上げ、バルセロナの美術学校に入学します。

父親は、ピカソのために自宅近くにアトリエを用意します。

賞を受賞

《科学と慈愛》1897年

16歳のとき、父親の指導のもとで描いた古典的な様式の上の作品が、マドリードで開催された全国展で入選し、佳作を受賞し、約2週間展示されます。

後に、マラガの地方展金賞を受賞します。

マドリードの王立美術学校に入学しますが、授業の内容も今までと変わらず、新しいことやそれ以上のことを学べないことに失望し、「無意味すぎる!」と中退します。

そしてプラド美術館へ通い、ベラスケスの名画を模写し、勉強しました。

17歳のとき、猩紅熱にかかり、静養のためにオルタという村で8か月間過ごしました。

初めての個展

18歳のとき、バルセロナに戻り、カフェ「四匹の猫」に通い、芸術家たちと交流しながら絵を描きました。

このときに初めて個展を開き、ラ・バングアルディア紙に好意的に評価され、注目が集まり始めます。

初めてのパリ

19歳のとき、パリ万博に出品します。

再び個展を開き、約150点を展示しました。

カサヘマスたちと一緒に初めてパリを訪れます。

その後もバルセロナとパリを行ったり来たり。

昼は展覧会巡り、夜はカフェや劇場へ足を運びました。

20歳のとき、雑誌「若い芸術」の編集に関わります。

パリで個展を開きます。

友人の自殺と「青の時代」

《人生》1903年

ピカソはマドリードで絵を制作し、カサヘマスはパリへ引っ越しました。

その1か月後、恋人のジェルメーヌとの関係に悩み、カサヘマスは自殺します。

モテモテの彼女は、カサヘマスだけでなく、複数の男性と親しくしていました。

この出来事に衝撃を受け、嘆き悲しんだピカソは、作品の基調が青っぽくなっていきます。

このときにピカソが描いた作品たちは「青の時代」と呼ばれるようになります。

デッサンを燃やして暖をとる

21歳のとき、パリで貧乏だったため、マックス・ジャコブと一緒に暮らします。

本当に貧乏だったので、時にはデッサンを燃やして暖をとったり…

あまりにも寒く、耐えられなくてバルセロナに戻ります。

バラ色の時代

22歳のとき、パリのモンマルトルにある共同アトリエ「洗濯船」に住みます。

この辺りから、画面がかなり明るくなったことから、「バラ色の時代」と呼ばれています。

この時代の作品はよく売れ、ガートルード兄妹がパトロンになります。

作品を売ったお金でスペインに旅行に行きます。

アヴィニョンの娘たち

《アヴィニョンの娘たち》1907年

26歳のとき、《アヴィニョンの娘たち》を描きますが、周りからは不評でした。

このことがショックだったのか、この作品は公表せず、10年間もアトリエで裏返しの状態で放置されていました。

ブラックと出会います。

「モナ・リザ」を盗んだ犯人だと間違えられる

30歳のとき、ルーヴル美術館から《モナ・リザ》が盗まれ、容疑者の1人として逮捕されます。(もちろん無実なので1週間で釈放されています)

多くの死を経験する

《マ・ジョリ》1911-1912年

エヴァと出会い、翌年、《マ・ジョリ》を描きますが、3年後に彼女は亡くなってしまいます。

「マ・ジョリ」というのは、「私の可愛い人よ」という意味で、エヴァの愛称でした。

31歳のとき、モンパルナスに引っ越します。

32歳のとき、父親が亡くなります。

35歳のとき、パリ郊外のモンルージュに引っ越します。

36歳のとき、バレエ『パラード』の装置と衣装を製作します。

最初の妻オルガ

《ソファに座るオルガの肖像》1918年

最初の妻オルガと結婚し、パリ8区ラ・ボエジーに住みます。

37歳のとき、ロンドンで『三角帽子』の装置と衣装を製作します。

39歳のとき、『プルチネルラ』の衣装を製作します。

この時のピカソの作品は、「新古典主義の時代」と呼ばれています。

ピカソ-Paul en Arlequin-MP83-16-515535

《道化師に扮したパウロ》1924年

40歳のとき、息子パウロが生まれます。

ピカソ-ビーチで走っている2人の女性-MP78-17-554081

《海辺を走る二人の女性》1922年

41歳のとき、コクトーの『アンティゴーヌ』の装置と衣装を担当します。

43歳のとき、バレエ『メルキュール』(ディアギレフ)の装置と衣装を製作します。

《夢》1932年

45歳のとき、マリー・テレーズと出会います。

ドラ・マール、フランソワーズ・ジロー、ジャクリーヌと付き合います。

47歳のとき、彫刻に専念します。

49歳のとき、《ピカソ夫人像》がカーネギー賞を受賞します。

50歳のとき、『変身譚』の挿絵を制作します。

51歳のとき、マリ・テレーズと共同生活を始めます。

53歳のとき、スペインを旅行し、連作《闘牛》を描きます。

54歳のとき、娘マハが生まれます。詩を作るようになります。

55歳のとき、人民戦線政府の依頼によりプラド美術館長に就任します。

パリ6区グラン=ゾーギュスタン河岸7番地に住みます。

56歳のとき、エッチング《フランコの夢と嘘》を出版します。

ゲルニカ

《ゲルニカ》1937年

反戦の意を込めて《ゲルニカ》を制作します。

これは1937年にあったゲルニカ爆撃へのピカソなりの抗議でした。

58歳のとき、ニューヨーク近代美術館で個展を開きます。

59歳のとき、ナチス・ドイツ占領下のパリへ戻ります。

ナチにより解放されるまで、パリを離れることができなくなります。

60歳のとき、戯曲『尻尾をつかまれた欲望』を書きます。

63歳のとき、パリ解放後最初のサロン・ドートンヌに戦争中に製作した、80点の作品を特別展示します。

フランス共産党入党します。

64歳のとき、ロンドン、ブリュッセルで個展を開きます。

フランソワーズ・ジロー

65歳のとき、フランソワーズ・ジローと共同生活を始めます。

66歳のとき、息子クロードが生まれます。

陶器製作をするようになります。

68歳のとき、娘パロマが生まれます。

《朝鮮の虐殺》1951年

70歳のとき、《朝鮮の虐殺》を製作します。

71歳のとき、《戦争と平和》のパネルを制作します。

72歳のとき、リヨン、ローマ、ミラノ、サンパウロで個展を開きます。

ジャクリーヌ・ロック

《手を組み合わせたジャクリーヌの肖像》1954年

73歳のとき、ジャクリーヌ・ロックと共同生活を始めます。

カンヌ「ラ・カルフォルニア」に住みます。

妻オルガが亡くなります。

© Succession Picasso 2012 – Photo: UNESCO/J.-C. Bernath

《イカルスの墜落》1958年

77歳のとき、《イカルスの墜落》を製作します。

パリ、ユネスコ本部にあります。

80歳のとき、ジャクリーヌと結婚します。

晩年も精力的に活動

83歳のとき、日本、カナダで回顧展を開きます。

85歳のとき、パリ グラン・パレ、プティ・パレで回顧展を開きます。

《シカゴ・ピカソ》1967年

86歳のとき、シカゴで巨大彫刻『シカゴ・ピカソ』公開します。

87歳のとき、版画に専念し、半年で347点製作します。

89歳のとき、アヴィニョン教皇庁で140点の新作油絵展を開きます。

バルセロナのピカソ美術館が開館します。

91歳のとき、フランスのムージャンの自宅で肺水腫により亡くなります。

ヴォーヴナルグ城に埋葬されました。

まとめ

ピカソは、どんどん作風が変化し、どの作風でも優れた作品を残している天才