「ムーラン ・ド・ラ・ギャレット」で大勢のモデルを集めるためにルノワールがしたこととは?

こんにちは!

今回は、ルノワールの《ムーラン ・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》について解説します。

早速見ていきましょう!

ムーラン ・ド・ラ・ギャレットの舞踏会

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ムーラン ・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》1876年

1877年、第3回印象派展に出品した作品です。

友人の画家カイユボットがこの絵を購入しています。

舞台

パリのモンマルトルにあるダンスホール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」が舞台です。

週末にダンスホールやカフェに行くことが、当時の若者の楽しみのひとつでもありました。

ダンスホールは大きな倉庫の中にありましたが、天気の良い日は、庭にテーブルやイスを出して、野外舞踏会が開催され、その様子を描いた作品です。

当時ルノワールは、このダンスホールの近くに住んでいました。

現在はレストランとして営業しています。

たくさんのモデルを集めるために…

当初は、踊っている人々を観察して描こうとしていました。

しかし、大勢の人が好きなように動き、踊っているので上手く絵が描けない〜!ということで、モデルを集めて描こうとします。

そこで大勢のモデルを集めるために、当時大流行していた麦わら帽子を「プレゼントするよ!」と言って募集したところ、帽子をもらえない人も出てきてしまうほど、たくさんの人が集まりました。

登場人物

流行のファッションに身を包んだ人々を一部紹介します。

 

キューバの画家カルデナスと、当時ルノワールのお気に入りのモデルだったマルゴです。

 

下がエステル、上がエステルの姉ジャンヌで、2人は素人モデルでした。

 

姉妹と会話しているのは、画家のフラン=ラミです。

 

タバコを口にくわえているのは、画家のノルベール・グヌットです。

 

メモを取っているのは、批評家のリヴィエールです。

彼は雑誌『印象派』を出版し、印象派を世間に紹介した人物です。

もう1枚ある?

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》1876年

78 × 114 cmと、こちらの方が小ぶりです。

どちらの絵を先に描いたのかはよくわかっていませんが、もしかしたらダンスホールで描いたのはこちらの絵で、この絵を元にアトリエに戻ってから大きい方を描いたのかもしれません。

というのも、大きい方の絵は、131 × 175 cmあり、サイズ的に持ち運ぶことが難しいからです。

日本人が購入していた

この小さい方の絵を、1991年、大昭和製紙名誉会長の齊藤了英がオークションで落札していました。

彼は他にもゴッホの作品を落札しており、それらの絵を「死んだら棺桶に入れてもらうつもりだ」という発言をし、国際的に大バッシングを受けます。

(後に、「あれは言葉のあや」と訂正しています)

しかしバブル崩壊で海外へ流出し、スイスのコレクターの手に渡ったと考えられています。