著作権法を作った画家ホガースについて解説!

こんにちは!

自分の作品に対して著作権を主張しないといけないほど、人気になった画家を知っていますか?

早速見ていきましょう!

ウィリアム・ホガース(1697-1764年)

ウィリアム・ホガース《自画像》1745年

ウィリアム・ホガースはロココ時代のイギリスの画家です。

ロンドンの下町で生まれます。

パグが大好きで、上の自画像では愛犬トランプも一緒に描いています。

パグ溺愛しすぎて、周りから「パグ画家」と呼ばれていたとか。かわいい。(笑)

負債者監獄で暮らす

父親は、教科書出版の事業に失敗し、教師として働いていましたが、家は貧乏でした。

12歳のとき、父親が高級コーヒー店を開こうとしますが、これもまた失敗、一家はとうとう負債者監獄で暮らすことに…。

獄中で2人の兄弟が亡くなっています。

ここでの生活が、後の作風に影響していると考えられています。

修行

ホガースの名刺 1720年

15歳のとき出獄し、17歳で銀細工師エリス・ギャンブルに弟子入りします。

修行中に父親が亡くなり、一家を支えるため、銅版の彫師として働きます。

23歳のとき、彫刻師として独立します。

上のカードは、独立したときに作った自分の名刺です。おしゃれ。

絵の学校が閉鎖

母の家で仕事を始め、セント・マーティンズ・レイン・アカデミーにも通いました。

ところが、通っていた学校が閉鎖してしまったため、28歳のとき、歴史画家サー・ジェイムズ・ソーンヒルの無料画塾に通い始めました。

注文の取りやすい肖像画を描き始めます。

フリーメイソン

1725〜1728年頃に、イングランド首位グランドロッジに加入して、フリーメイソンに。

結婚

32歳のとき、ソーンヒルの娘ジェインと駆け落ちします。

後に、ソーンヒルとは和解しています。

『娼婦一代』

Hogarth-Harlot-1.png

『娼婦一代』第一場面

34歳のときに描いた連作物語絵はイギリスで大ヒット!

これを銅版画連作『娼婦一代』として出版、大成功します。

都会に出てきた田舎娘が早速道を踏み外す話です。

詳しくはこちら↓

ホガース『娼婦一代記』道を間違えた田舎娘の転落人生物語

2020.04.18

翌年、版画商の店を開き、次々と新作を出版し、大繁盛。

学校を再建

38歳のとき、昔通っていて閉鎖してしまったあのセント・マーティンズ・レイン・アカデミーを再建します。

自作の物語絵

ホガースは物語画を描いた画家ですが、これまでとは明らかに違うところがあるんです!

それは、自作の物語絵にしているということです!

これまでの物語画は聖書神話のシーンを描いていたのに対し、ホガースは話の構成も考えて、連作で絵を制作し、さらには流布できるように版画も作成しました。

商売上手なクリエイターですね。

現在の著作権法の元になったホガース法

物語絵が大ヒットしたわけですが、そうすると海賊版が巷に溢れ、不当に利益を上げる人たちが出てきます。

それを抑制するために著作権法を議会に通過させました。

『放蕩一代記』

『放蕩一代記』第一場面

『放蕩一代記』を出版します。

親の遺産で急にお金持ちになった息子が調子に乗る話です。
詳しくはこちら↓

孤児養育院

《コラーム船長の肖像》1740年

42歳のとき、孤児養育院のためにこの絵を描きます。

そしてここの創立院長にもなっています。

『当世風結婚』

『当世風結婚』第4場面

46歳のとき、連作『当世風結婚』を制作します。

没落貴族の息子と成金商人の娘が結婚するも調子に乗りすぎた話です。

詳しくはこちら↓

オークションを開催

当時イギリスの画家は、外国の画家より格下扱いでした。

ホガースは、自分の作品が外国の巨匠と対等だと証明しようとオークションを開催しますが、失敗。

イギリス美術界への不満が大きくなっていきます。

52歳のとき、2度目のオークションを開催しますが、これも失敗。

ビール街とジン横丁

『ビール街』1751年

『ジン横丁』1751年

対になっている作品です。

『ジン横丁』は見たことがある人も多いはず。

詳細は後日アップします。

論文を出版

56歳のとき、論文「美の分析」を出版します。

歳を取れば取るほど、ホガースの毒舌は強まり、美術界で孤立した存在になっていました。

連作『選挙』を出版します。

62歳のとき、古代神話をテーマに「ジギスムンダ」を制作します。

66歳のとき、ロンドンで亡くなりました。

まとめ

ホガースは、風刺の効いた物語絵が得意