システィーナ礼拝堂の天井画について超解説!

こんにちは!

今回は、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂天井画について解説します。

早速見ていきましょう!

システィーナ礼拝堂天井画

世界で一番小さな国、バチカン市国のバチカン宮殿内に建てられたのが、システィーナ礼拝堂です。

そこの天井画を描いたのが、天才ミケランジェロ、1508〜1512年に制作しました。

 

天井画だけで、なんと約300人の人物像が描かれています。

今から500年以上前、どうやってこの天井画描いたと思います?

なんと、足場を組んで、立ったまま描いたんです!首おかしくなりそう…

手直しの出来ないフレスコ(顔料+水)で描かれています。

この技法は難易度が高いのですが、耐久性も高いので、この技法で描いてくれたおかげで、今でも綺麗な状態で作品が残っています。

天井画の内容

人類にはイエス、そして神の救済が必要!!!だから信じて祈りなさい!!!

です。

それを説明するために、人類の苦難と堕落を天井画で表現しています。

システィーナ礼拝堂公式HPで360°バーチャルツアー出来るのですが、これ、生で見たら、自分の意思とか関係なく信じますね、神の存在。

それくらいすごい。圧倒的な雰囲気にのみ込まれます。

ひとつひとつについての解説は、今後別の機会に…

天井中央部分『創世記』

光と闇の分離

太陽、月、植物の創造

大地と水の分離

アダムの創造

エヴァの創造

原罪と楽園追放

ノアの燔祭

大洪水

ノアの泥酔

預言者と巫女

ヨナ

ファイル:Sistine jonah.jpg

エレミヤ

ファイル:ミケランジェロブオナローティ027.jpg

ペルシアの巫女

ファイル:PersianSibylByMichelangelo.jpg

エゼキエル

ファイル:Ezekiel.jpg

エリュトレイアの巫女

ファイル:ミケランジェロブオナローティ033.jpg

ヨエル

ゼカリヤ

File:Michelangelo Buonarroti 031.jpg

デルフォイの巫女

ファイル:DelphicSibylByMichelangelo.jpg

イザヤ

ファイル:Isaiah-Michelangelo.jpg

クエマの巫女

File:CumaeanSibylByMichelangelo.jpg

ダニエル

リビアの巫女

ファイル:LibyanSibyl SistineChapel.jpg

ペンデンティヴ

青銅の蛇

ハマンの処刑

ダビデとゴリアテ

ユディトとホロフェルネス

キリストの祖先たち

ネームプレートに書かれた人名と、絵の人物は必ずしも一致しておらず、結局誰なのかわからないという謎のルネッタです。

アキム/エリウド

アミナダブ

アサ/ヨシャファト/ヨラム

アゾル/サドク

エレアザル/マタン

ヒゼキヤ/マナセ/アモス

ヤコブ/ヨセフ

エッサイ/ダビデ/ソロモン

ヨシア/エコンヤ/シャルティエル

ナフション

レハブラム/アビヤ

サルモン/ボアズ/オベド

ウジヤ/ヨタム/アハズ

ゼルバベル/ アビウド / エリアキム

スパンドレル

ここに描かれている人物については、誰なのかはっきりしていません。

衣服を作っている母と子

パンを手に持つ授乳中の母

聖母マリア?

エジプト逃避途上の休息風

イニューディ

中央の『創世記』の天井画9面中、5面の四隅を支えている、謎の裸体の男性像です。

彼らは天使なのでは?ともいわれています。

ノアの泥酔

Michelangelo Buonarroti 013.jpg

 

Michelangelo ignudo2.jpg

大洪水

Michelangelo, ignudo 06b.jpg

 

Ignudo 03.jpg

 

 

エヴァの創造

Michelangelo Sistine Chapel ceiling- Creation of man Ignudo1.JPG

 

 

大地と水の分離

 

Ignudo 05.jpg

 

Ignudo 06.jpg

太陽、月、植物の創造