マイティ・ソーの元ネタ北欧神話解説

こんにちは!
今回はアベンジャーズの中でソーが一番大好き!

コミコンでソー(クリヘム)からサインをもらいに行ったおもちが、

マーベル『マイティ・ソー』の元になっている北欧神話が描かれている絵画を元にまとめてみました!

『マイティ・ソー』とは


映画 パンフレット / マイティ・ソー / ダーク・ワールド / THOR THE DARK WORLD

世界中で大人気MCU (マーベル・シネマティック・ユニバース) の中のシリーズです。

主人公の雷神ソームジョルニアという最強のハンマーを使って、

最終的には仲間(アベンジャーズ)と悪に立ち向かうお話です。

完全に映画のために作った設定だと思っていましたが、

なんと!元ネタがあったんです!!

北欧神話 超解説

北欧神話と聞いて、あぁあれね…とピンとくる方は少ないはず。

ですが、英語の曜日火・水・木・金はこの北欧神話に登場する神々から取られています。(なぜそうなのかは不明)

ちなみに木曜日Thursdayはソーこと雷神トール(トールの英語読みがソー)

水曜日Wednesdayはオーディン(最高神・マイティソーシリーズでは、ソーのパパ)

と意外に身近に紛れていたりします。

世界の始まりは、火と氷

びっくりですがの中から巨人ユミル(巨人族の先祖)と雌牛(アース神族)が生まれます。

雌牛の生んだ神が巨人族の娘と結婚、3人の子供が生まれます。

そのうちの一人がオーディンです。

巨人族への不満から、ユミルを殺害し、なんとびっくり体を解体して世界を作ります。

肉で大地を、骨で山脈を…などなど昔話あるあるな超展開。

さらに海辺で拾った2本の木から人間を作りミッドガルド(地球・MCUでも出てくる呼び方です)を作りました。

そしてオーディンたちは天上にアスガルド(MCUおなじみソー達の住む世界ですね)を作り、

巨人を遠くへ追いやりました。

後に世界の中心にユグドラシル (大きな世界樹・MCUでは別世界を表しています)がそびえ立ちました。

そして個性豊かな神々の物語が始まります。

キャラクター(神々の紹介)

北欧神話に登場する神は、絶対的な神ではなく人間と同じように生きて、死んでいきます。

『マイティ・ソー』シリーズのキャラクターが神でありながらも、親しみをもてるのはそこにあるかもしれません。

主神 オーディン


ゲオルク・フォン・ローゼン《Odin in the guise of a wanderer》

北欧神話の神の中で最上の神です。

ギリシャ神話でいうところのゼウスのような最強ポジションです。

『マイティ・ソー』ではソーの父であり、アスガルドの王です。

知識欲が強く、そのためになら自分の片目を差し出したり(『マイティ・ソー』でも片目ですね)、生贄になったりと、正直理解はできないけどすごい努力をします。

知識の鬼です。

そのおかげで、かの有名なルーン文字などの知識を習得します。

雷神 トール(ソー)


モルテン・エスキル・ヴィンゲ《Tors strid med jättarne 》

雷神で北欧神話最強の戦士です。

馬鹿力で豪胆、大食漢。

一応オーディンの息子ということになったらしい。(当初はオーディンと同格かそれ以上の地位だったし、息子ではない)

絵の中でもミョルニル(ムジョルニア)という壊れない・投げたら絶対に的に当たって再び手に戻ってくる最強のハンマーを手にしていますね。

『マイティ・ソー』にもこのムジョルニアが出てきますね!!(かっこいい)

北欧神話最大のトリックスター ロキ


コンスタンティン・ハンセン《エーギルの饗宴》

いたずら好きの神で、美しい顔だけど邪悪で狡猾、嘘つきで気が変わりやすい性格。

変身術を得意としています。

ここまで聞くと、本当に『マイティ・ソー』のロキじゃん?!?!ってなるくらいにはロキ。

神話の中でも『マイティ・ソー』でもなんやかんやトール(ソー)とは仲良しです。

女戦士 ヴァルキリー


ペーテル・ニコライ・アルボ《ヴァルキリー》

ヴァルキリーとは一人の名前ではなく、戦場で生きるもと死ぬものを定める半神半人の女戦士の総称です。

戦死した勇敢な戦士の魂をアズガルドへ持って帰り、最終戦争ラグナロクへ備えます。

『マイティ・ソー』でもめちゃくちゃかっこいい女戦士ヴァルキリーが登場します!

アスガルドの番人 ヘイムダル


ニルス・ブロメール《öfverlemnar till Freja smycket Bryfing》

光の神。白いアースとも呼ばれている。

眠りを必要とせず、昼でも夜でも遠くまで見ることができる最強の視力と、

草の伸びる音すら感知する、鋭い聴力の持ち主。

虹の橋ビフレストで見張りをしています。

『マイティ・ソー』にも登場します!(かっこいい)

角笛ギャラルホルンを持っており、これが北欧神話のラストラグナロクへ繋がります…!

世界の終わり ラグナロク

ヘイムダルの角笛ギャラルホルンが鳴り響き、神々と巨人の最終戦争が始まります。

ちなみにこの戦いの原因を作ったのはロキです。


Emil Doepler「トールとヨルムンガンドの戦い」

トールが毒蛇と戦っている場面です。

毒蛇を殺した後、蛇の毒が回り、トールも死亡します…。


Emil Doepler「オーディンとフェンリル、フレイとスルトの戦い」

やばい狼と戦うのは主神オーディン。

主神だもの、さぞ強いだろうと思いきや、狼に食べられてしまいます…。

バタバタと死にゆく神たち…

もうヘイムダルくらいしか神生き残ってなくない?というシチュエーションで、

ついにヘイムダルとロキの戦いに!

相打ちになり、最後は炎の巨人スルトが大暴れし、世界樹ユグドラシル燃えてしまいました…。


Emil Doepler「ヴァルハラ炎上」

ヴァルハラとはオーディンの宮殿です。

世界中の全てのものが燃えて海へ沈み、となりました。

その後、大地は海から再浮上し、豊かな自然に恵まれ、

死の世界から戻ってきた神や、ラグナロクを生き抜いた神が、どこからか出てきて新たな世界が始まりました。

(終)

※北欧神話の解釈や展開は資料によって異なります。
今回はメジャーな路線で簡単に解説しました。

 

『マイティ・ソー』シリーズでも「ラグナロク(邦題:バトルロイヤル)」という映画があります。

とにかく戦いまくりの、危機だらけのストーリだったので、

北欧神話がベースっていうのにも納得しました。

映画での最大の敵はソーとロキの姉ヘラです。

ちなみに北欧神話ではロキの娘という設定だったりします。

登場人物や、世界観の設定が、北欧神話とリンクしている部分が多く、少しでも知っているだけで、面白さが違います。

まとめ

文化を知ることで、見え方が違ってきます。

絵画も本当にそうで、どんな人物やシーンが描かれているのか、ひと目見てわかるようになると楽しさが倍増します。

それにしてもギリシャ神話に比べて、北欧神話が描かれている絵画の少なさよ…。

 

『マイティ・ソー』は最新作「ラブ・アンド・サンダー」が来年冬全米公開予定です。

名前のダサさが本当に良い!!

おもちはすごく楽しみにしています。

みなさんも是非見てみてください!!(宣伝)