かわいい?ウソつき?闇が深い?ルソーの謎多き生涯を超解説!

こんにちは!

今回は、シュールで可愛い絵を描くけど、嘘つきで、闇が深そうな画家ルソーについてです。

早速見ていきましょう!

アンリ・ルソー(1844-1910年)

アンリ・ルソー《自画像》1902-1903年

アンリ・ルソーは、フランスの画家です。

フランス西北部ラヴァル市で、ブリキ職人の息子として生まれました。

両親が事業に失敗し、引越しを繰り返します。

16歳のとき、リセ在学中に、声楽とデッサンで賞を受賞しました。

窃盗罪

19歳のとき、弁護士事務所に勤めましたが、そこのお金に手を付け、窃盗罪で禁固1ヶ月…

その後、アンジェの第51歩兵連隊に入隊します。

ほとぼりが冷めるまで、そこで隠れていようっていうやつです。

結婚

24歳のとき、父親が亡くなり、母親の面倒を見るため除隊しパリへ向かいます。

一目惚れした15歳のクレマンスと婚約し、翌年25歳で結婚します。

息子が生まれますが、翌年亡くなってしまいます。

税関

《入市税関》1890年

27歳のとき、パリ市入市税関に勤めます。

パリに入ってくる商品に対する税金を徴収する仕事でした。

上の絵が、ルソーが描いた唯一の税関の絵です。

28歳のとき長女が、30歳のとき次女が生まれますが、2人とも幼くして亡くなっています。

アンデパンダン展

《カーニヴァルの夕べ》1886年

41歳のとき、サロンに初出品しますが、2点とも落選します。

42歳のとき、シニャックに誘われて、審査なしの自由な展覧会、アンデパンダン展に出品します。

43歳のとき、妻クレマンスが亡くなります。

2人の妻の名前をパレットに

Henri Rousseau – řečený Celník - Já, Portrét - Krajina

《私自身、肖像=風景》1890年

46歳のとき、この絵を描きました。

 

パレットには亡くなった妻クレマンスと後妻ジョセフィーヌの名前が入っています。

画家一本

49歳のとき、税関の仕事を辞め、画業に専念します。

しかし、相変わらず絵は売れないので、デッサン教室や音楽教室を開きますがうまくいかず…。

そんなルソーに嫌気が差した三女は、叔父の家に行ってしまいます。

故郷に売り付けようとしたら断られた

《眠れるジプシー女》1897年

上の絵を、故郷ラヴァルに売ろうとしますが、断られてしまいます。

今となっては評価されているルソーの絵ですが、当時の一般的な感覚としては、理解することが難しい絵でした。でしょうね…。

53歳のとき、18歳の次男が亡くなります。

再婚

《ルソー2番目の妻の肖像》1903年

55歳のとき、ジョセフィーヌと再婚しますが、4年後に彼女は亡くなってしまいます。

肩書きだけの…

58歳のとき、美術工芸家協会の講師になります。

その後、美術工芸協会の教授になりました。

と聞くと、すごそうに見えますが、無報酬でした…。

60歳のとき、画材屋の借金を月々返済するようにと、裁判所から命令されます。

ウソばっかり

《飢えたライオン》1905年

ルソーはジャングルを舞台にした絵を多数描いています。

本人が言うには「ナポレオン3世と共にメキシコ従軍したときの思い出を元に描いた」そうですが、実際には南国になんて行っていません。ウソです。

パリの植物園でスケッチしたり、写真や雑誌の挿絵を元に描いています。

《蛇使いの女》1907年

南国繋がりで、ゴーギャン(実際に南国に行った画家)とのこんなエピソードも残っています。

ゴーギャンがルソーに「大統領が夕食会に招いているよ」と嘘をつきます。

ルソーは晩餐会が開催されるエリゼ宮に行きますが、当然入れてもらえず。

そこで、大統領に肩を叩かれて「また次に来てくれ」と言われた、というを周りに話しました。

見栄っ張りだなぁ…。

また逮捕される

63歳のとき、銀行詐欺事件に関わったとして逮捕されるも仮釈放されます。

ルソーって子供っぽい素朴な絵を描くので、純粋で少年みたいな人格をつい想像してしまいがちですが、実際はいろいろと闇が深そうなエピソードが多くてびっくりします。

《フットボールをする人々》1908年

仮釈放のときに描いた絵なので、囚人服のような縞模様が意味深な作品です。

ピカソがルソーのためのパーティーを開く

64歳のとき、ピカソがルソーを称える夕べを、アトリエ「洗濯船」で開催します。

《詩人に霊感を与えるミューズ》1909年

「アンリ・ルソーの夕べ」にも参加していた詩人アポリネールと画家マリー・ローランサンがモデルです。

ルソーは2人の全身の寸法(目と鼻の位置なども)を測り描いたにも関わらず、謎の絵が出来上がっています。才能を感じますね。

絶筆

《夢》1910年

上の作品がルソーの絶筆です。

66歳のとき、足が壊疽に。その後亡くなります。

まとめ

ルソーは、純粋そうに見えてウソつき