サイゼにもある?フラ・アンジェリコの受胎告知の絵とは?

こんにちは!

今回は、みんな大好きサイゼリヤに飾られている絵の中の1枚、フラ・アンジェリコの受胎告知についてです!

フラ・アンジェリコは受胎告知の絵を多数描いているので、そちらも合わせて紹介します!

早速見ていきましょう!

プラド美術館

プラド美術館《受胎告知》1426年頃

「受胎告知」とは、聖母マリア聖霊(絵では鳩)によってキリスト妊娠したことを、天使ガブリエルが告げにきている出来事のことです。

なにそれって感じですが、宗教画というジャンルの中ではとっても人気のシーンで、非常に多くの絵に描かれています。

この絵では、左側に禁断の知恵の実を食べて追放されているアダムとイヴが描かれています。

なぜ描かれているのかというと、アダムとイヴは「原罪」、聖母マリアは「無原罪」を表しており、対比させるためです。

プレデッラ

プレデッラとは祭壇画の最下部にある飾りのことです。

聖母マリアの誕生と結婚

絵画の中では、一つの絵の中で時間の経過を表すために、何度も同じ人が描かれることがあります。

この絵では、左で生まれたマリアを、右でマリアヨセフ結婚している場面が描かれています。

エリザベト訪問

エリザベトはマリアのいとこであり、洗礼者ヨハネ(キリストに洗礼を授けたすごい人)のお母さんです。

キリストの降誕

キリストが生まれた場面です。

神殿奉献

神殿に行って、そこで会った預言者から、キリストの将来についての予言を聞いた場面が描かれています。

マリアの死

マリアは人間ですが、神の母でもあるので、特例でだけでなく肉体天国へあげられました。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会《受胎告知》1430-1432年

プラド美術館版より、明るく華やかになっています。

コルトーナ

《受胎告知》1433-1434年

 

天使ガブリエルマリアがしゃべっています。

上下2行はガブリエル「精霊があなたの上にやって来て、最も高き者の力があなたの上から覆ってくるだろう」

真ん中がマリアの返答が「わたしは主のはしためです。おことばどおりこの身になりますように」です。

マリアの言葉は、に読めるように文字上下逆に書かれています。

プレデッラ

聖母マリアまたは聖ドミニコの誕生

聖ドミニコとは、フラ・アンジェリコが入信していたドミニコ会の大元です。

聖母マリアの結婚

エリザベト訪問

この絵、実は、イタリアの絵画で初めて本当にある風景が描かれた作品でもあります。

背景にイタリアのトラジメーノ湖が描かれているんです!

コルトーナから見えます。

東方三博士の礼拝

キリストが生まれたとき、3人の賢者が贈り物を持って拝みに来たという場面です。

神殿奉献

聖母マリアの死

聖ドミニコのビジョン

サン・マルコ修道院

サン・マルコ修道院は、フラ・アンジェリコの美術館でもあります。

サイゼの絵

《受胎告知》1440年頃

この絵になんとな〜く見覚えがある人もいるはず。

サイゼに飾られている絵の1枚です!

絵の下に書いてある文字の意味は「汚れなき聖母マリアのお姿を前にしたら、必ずアヴェ・マリアの祈りをとなえよ」です。

なので、当時この絵の前に来たら、僧侶たちはマリアにあいさつしました。

ガブリエルのカラフルな羽根は、鳥の羽を参考にして描いたそう。

《受胎告知》1440-1442年

サンマルコ修道院の僧坊(寺院内にある僧侶の生活する部屋)には、各部屋に1枚、フラ・アンジェリコの絵があり、その中の一枚です。

こちらのシュールすぎる《キリストの嘲笑》もこの中の一枚です。

左にいるのは聖ペトロ(キリストから天国の鍵をもらったすごい人)です。