口から魂?サセッタの不思議な絵とは?

こんにちは!

今回は、サセッタの描いたちょっと笑ってしまう絵をご紹介します!

早速見ていましょう!

サセッタ(1392年頃-1450年)

サセッタは、イタリアの画家です。

そしてなんと、「サセッタ」という名前自体、18世紀に間違って付けられたものらしいです。

美術界隈、画家の名前違ったり、作品の題名違ったりしても後世で修正しないのなんでだろ。ややこしいからかな。(笑)

ちなみに本名はステーファノ・ディ・ジョヴァンニです。

口から魂

サセッタ《聖体の奇跡》1423-1426年

ん???????

 

 

強い。

なんかわからないけど、強すぎでは?

どういう状況なのって思いますよね。

持っているオレンジのものは、です。

皿????皿で殺害???

ではありません。

場面は聖体拝領というキリスト教の一種の儀式。

パンワインキリストに見立てるというか、もうこのパンとワインはキリストです!!!

信じて食べなさい!!!というのが聖体拝領です。

で、この絵で何が描かれているのかというと、

神聖な儀式に、キリスト教を信じない不信者が紛れ込んでいて、パンとワインをもらおうとしたら、口から魂抜けてというか、悪魔を持っていっちゃって死亡。

白かったはずの服も真っ黒に…。

皿を持っているのは司祭ですが、司祭はパンとワインを渡しただけで、決して攻撃しているわけではありません。

多分白くて丸いのがパンで、血のように飛び散っているのがワインです。

にしても、司祭、いい表情してますよね。

偽りの信仰はすぐにバレるし、地獄へ魂が引きずり込まれるから、神とその力を信じよ。っていうのを教徒に訴えかけるために600年近く前に作られた絵です。とても怖い絵ですね。(笑)

色かわいい

《サンセポルクロ祭壇画 聖フランチェスコ、地上の父との別れ》1437-1444年

色かわいくないですか?

ピンクブルー、配色にセンスを感じます。

絵の内容としてはこれだけ見ると、「なぜ服を脱いでる???」ですが、

いろいろあって自分から脱いでいます。

裸なのが聖フランチェスコ(中世的な顔ですが男性)、

左で腕を伸ばしながら止められているのが、聖フランチェスコの父親です。

聖フランチェスコは、父親不在中に、父親の商売用の商品勝手に全て売って、司祭にそのお金をあげてしまいます。

もちろん父親は激怒、最後はアッシジ司教(聖フランチェスコの裸を服で隠してあげている)の前で、父子は対立、

聖フランチェスコは服を脱ぎ、「全てをお返しします。神以外の父は私にはもういない」と言って父親に服を差し出し、絶縁

サンセポルクロ祭壇画は、60枚のパネルで構成されている両面の祭壇画で、聖フランチェスコの物語は、これを入れて8枚で描かれています。

まとめ

キリスト教徒でない人にとって、宗教画って馴染みがないというか、抵抗感すら感じる部類の絵ですが、よく見ると結構面白いんですよね。色が可愛かったり、シュールな絵も多いので。(笑)

絵画がここまで発展したのも、宗教画あってこそ(宗教を広めるために描いていた絵が、パトロンがついて、どんどん発展して印象派のような絵になっていった)なので、そう思って見ると改めてすごいなって思います。

サセッタはもはや名前が違う
・色合いがオシャレ