『鳥獣戯画』の甲巻を全解説!1番有名なシーンはこれ!

こんにちは!

今回は、『鳥獣戯画』の甲巻を解説します。

早速見ていきましょう!

鳥獣戯画 甲巻

水遊び

 

 

岩の上から、うさぎが鼻をつまんで飛び込んでいます。

後ろでひっくり返っているのはこのダイブしたうさぎです。

絵巻物では、続きのシーンを近くに描くことによって、ストーリーがわかるようにしています。

 

鹿に乗るうさぎに、さるが水をかけています。

弓の対決

 

平安時代、宮中では「賭弓(のりゆみ)」という年中行事が行われていました。

これは、宮中で警備をしていた人たち(近衛、兵衛)が、お正月の18日に、弓の対決を行い、天皇が試合を観戦していました。

うさぎとかえるは、そのマネをしていると考えられています。

うさぎとかえるのサイズ感からいって、的がかなり遠くにあるように見えます。達人かな?

 

的は、はすの葉でできています。

 

弓と矢は、竹(笹)からできています。

 

そして的の近くにいるこのきつね…

なんとしっぽが燃えています…!

弓の対決では、的に弓が当たったことを知らせる「的申し」という役目の人がいたため、このきつねは、自分のしっぽを燃やして、明るくして的が見えるようにしているのでは?といわれています。

このきつねはしっぽの感覚が死んでいるのでしょうか?謎です…。

 

控えの選手たちは、応援したり、弓や矢の点検をしています。

その後ろで、うさぎが扇子で手招きしています。

誰を呼んでいるのかというと…

宴会

 

「賭弓」では、弓の対決の後、盛大な宴会が開かれました。

扇子を持ったうさぎが手招きしていたのは、ごちそうを運ぶうさぎとかえるたちです。

遅刻

 

うさぎの選手が遅刻して、弓をかついで試合会場まで急いでぴょんぴょん跳んでいます。

さるのお坊さんへのプレゼント

 

当時、お坊さんに馬の引出物を渡すことはよくあることでした。

ここでは、さるのお坊さんに、馬の代わりに鹿とイノシシをプレゼントしています。

石投げ合戦?

 

一目散に逃げるさるを、うさぎとかえるが追いかけています。

何をしているのかは諸説ありますが、一説では、当時の遊びのひとつ「印地打ち(いんじうち)」という石を投げ合う石投げ合戦のマネでは?といわれています。

 

かえるが倒れています。

さるが逃げた理由は、このことかもしれません。

祭り

 

かえるたちの「田楽」(疫病の退散、豊年満作を祈る舞)で大盛り上がり。

さきほどのかえるの事件に、見物客が後ろを振り返っています。

相撲

 

「鳥獣戯画」で一番有名なシーンですね。

相撲をしているうさぎとかえるが描かれています。

相撲も宮中の行事として、毎年7月に力士を呼んで、試合が行われていました。

かえるがうさぎの耳をかんでいます。

その後、うさぎを投げ飛ばしています。

ゲームの準備

 

当時流行していた盤双六(ばんすごろく)というゲームをしようと、さるたちがどこかへ運んでいます。

盤双六というのは、バックギャモンというゲームとルールが似ているボードゲームです。

かえるの供養

 

前の場面でさるがゲームを運んでいたかと思うと、突然、さるのお坊さんが、かえるを供養する場面になります。

このことから、この二つの場面の間には、元々絵があり、何らかの理由で無くなってしまったと考えられています。

左にふくろうがいたり、前のシーンできつねがしっぽに火をともして的を照らしていたことから、この絵巻物に描かれているシーンは夜の場面だと考えることができます。

 

かえるのためにお経をあげたさるのお坊さんに、お礼の品が続々と届いています。

目の前に積み上げられたお礼の品に、さるのお坊さんは、欲深そうな笑みを浮かべています。

正しい順番がわからない?

 

甲巻は、23枚の絵がつなぎ合わされています。

なぜバラバラにしたのかというと、絵巻物だと、好きな場面を見たいと思った時に、パッと見ることができなかったため、場面ごとに切り取って、のようにしていたからです。

問題は、バラバラにしたことで、順番がわからなくなってしまったことです。

鳥獣戯画断簡(MIHO MUSEUM本) 平安時代・12世紀

そこで、使われている紙や墨の違いや、紙に残ったはけのあとを細かく観察したり、元々の『鳥獣戯画』を描き写した「模本」と比べたり、バラバラにしたときに抜けてしまった絵(断簡)が残っているため、それをどこに入れるのかを考えることで、ある程度はわかってきてはいます。

はんこの意味

 

絵巻物を見ていくと、途中途中この赤い判子が押してあります。

これは、絵巻物をバラバラにすることによって、順番がわからなくなってしまったり、盗まれてしまうのを防ぐために、紙と紙のつなぎ目に「維ぎ目印」という判子を押しています。

絵巻物の修理の時も、一旦バラバラにして、元の順番に戻す時にもこれがあると便利でした。