本当は怖い絵?ボナールが描いた愛妻マルトのお風呂の絵を超解説!

こんにちは!

今回は、ボナールが描いた妻のお風呂の絵を紹介します。

早速見ていきましょう!

ボナールと妻マルト

ピエール・ボナール撮影 マルトの写真 1916年頃

名前と年齢を詐称

ピエール・ボナール《葡萄を持つ女》1911年

2人の出会いは1893年、ボナール26歳マルト24歳のときでした。

そのときマルトは16歳マルト・ド・メリニーだと名乗っており、ボナールが彼女の本名(マリア・ブルサン)と本当の年齢を知るのは、32年後の正式に結婚したときでした。

ボナールは、マルトをモデルに多数の絵を描き、マルトの死後も彼女の絵を描き続けました。

と、これだけ聞くと、「愛妻家〜!」という感じがしますよね?

実際に「愛妻家ボナール」というイメージが(世間的には)ついている画家なのですが、それだけとも言い切れないところがあります。

年若い愛人の存在

ピエール・ボナール《庭の若い女性たち》1921-1923、1945-1946年

というのも、ボナールはマルト以外にも愛人がいました。

その一人はマルトの若い友人ルネ・シャンティで、ボナール50歳のときに出会いました。

上の絵の金髪の女性がルネ、右がマルトです。

この絵をマルトが見つけて激怒したそう。

ボナールはこの絵を長年大切に所有し、マルトの死後加筆し完成した作品でした。

ルネとボナールは一緒にローマにも旅行に出かけていました。

マルトはルネに大変嫉妬し、ボナールに結婚を迫ったとも、ボナールを健気に待ち続ける彼女に胸を打たれたともいわれていますが、どちらにせよ、1925年、ポナール58歳マルト56歳ときに結婚しました。

しかしその1ヶ月後、ルネ自殺してしまいます。彼女は31歳でした。

彼女が死んだ場所はなんと浴槽、そして第一発見者はボナールでした。

そして、浴槽に横たわる裸婦が描かれるようになったのは、この事件の後からでした。

浴槽に浸かっている絵は、オフィーリア石棺のようにも見え、溺死、つまり死を連想させます。

2人だけの生活

マルトはルネのこともあり、ボナールが女性モデルを使うことを嫌がりました。

そんなマルトの気持ちを尊重し、女性モデルの使用を控えるとともに、同じナビ派の画家仲間からも離れていきました。

嫉妬深く、人付き合いの苦手な彼女への配慮でした。

そして、南フランスのル・カンネに別荘を購入し、2人だけの生活が始まりました。

これ以降、絵のモデルはほとんどマルトだけになりました。

高価なバスタブをプレゼント

お風呂好きなマルトのために、ボナールは猫足付きのバスタブをプレゼントしました。

当時、お湯の出る浴槽は、非常に高価なものでした。

ボナールの妻のマルトは持病の神経症を和らげるために、1日に何度も入浴していたこともあり、彼女をモデルに多数の「浴女」を描きました。

西洋絵画において、「浴女」は、伝統的なテーマでした。

神話や聖書に登場する女神や聖女(バテシバやスザンナなど)の水浴場面を描くのが王道でした。

近代以降では、ドガが実在する女性を描写したシリーズなどを制作しています。

ボナールは写真も活用して作品を制作しました。

職業モデルがポーズをとるのとは違い、日常的でプライベートな空間のマルトの姿が描かれています。

バスルームシリーズ

ピエール・ボナール《体を拭く裸婦》1907年

ピエール・ボナール《逆光の裸婦(オー・デ・コロン)》1908年

ピエール・ボナール《化粧台》1908年

ピエール・ボナール《化粧台》1908年

ピエール・ボナール《タンスの前の裸婦》1909年

ピエール・ボナール《全身鏡》1910年

ピエール・ボナール《化粧台と鏡》1913年

ピエール・ボナール《浴槽の裸婦》1913年

ピエール・ボナール《化粧》1914年

ピエール・ボナール《青い手袋のヌード》1916年

ピエール・ボナール《後ろ姿の裸婦》1916年頃

ピエール・ボナール《浴槽でしゃがんでいる裸婦》1918年

ピエール・ボナール《浴槽のマルト》1919年

ピエール・ボナール《ピンクのヌード、影付きの頭部》1919年頃

ピエール・ボナール《後ろから見た入浴女》1919年頃

ピエール・ボナール《窓際の裸婦》1922年頃

ピエール・ボナール《立っている裸婦》1924年

ファイル:バスタブのピエールボナールピンクヌード.jpg

ピエール・ボナール《浴槽の裸婦》1924年頃

ピエール・ボナール《浴槽の裸婦》1925年

ピエール・ボナール《浴槽》1925年

ピエール・ボナール《浴槽から出てくる女性》1925年頃

ピエール・ボナール《浴槽の裸婦》1931年

ピエール・ボナール《裸婦》1931年

ピエール・ボナール《立っている裸婦》1931年

ピエール・ボナール《化粧中の女性》1934年頃

ピエール・ボナール《浴槽》1935年

ピエール・ボナール《浴槽の裸婦》1936年

ピエール・ボナール《浴槽の裸婦》1940年

ピエール・ボナール《浴槽の裸婦》1940-1946年

ピエール・ボナール《ミトンの手袋》1942年