ミレイ「オフィーリア」の切ない花言葉を超解説!

こんにちは!

今回は、ミレイの《オフィーリア》を解説します。

早速見ていきましょう!

オフィーリア

ジョン・エヴァレット・ミレイ《オフィーリア》1851-1852年

悲しい物語

シェイクスピアの悲劇『ハムレット』に登場するオフィーリアは、恋人のハムレットに冷たくされた挙げ句、父親まで殺されたことで正気を失い、ついには溺死してしまう悲劇のヒロインです。

川に落ち、死ぬ間際、歌を口ずさんでいるオフィーリアが描かれています。

このシーンは人気で、ミレイ以外にも多くの画家が描いたテーマでした。

切ない花言葉たち

ミレイは通常とは違って、まず背景を完成させてから人物を描きました。

イメージに合う小川を探し、ロンドン郊外にあるホッグズミル川を見つけ、1851年7月〜11月まで滞在し、スケッチを重ねました。

植物は実物に即して正確に描いています。

スケッチが長期に及んだため、季節の違う植物が混ざり合っています。

 

スミレは「貞節」

 

ケシは「死」

 

ひな菊は「無邪気」

 

パンジーは「無駄な愛」

 

バラは「愛」

 

柳は「見捨てられた愛」

 

いらくさは「後悔」

 

野バラは「孤独」

 

西洋ナツキソウは「死の無益さ」

 

ミソハギ「愛の悲しみ」

 

勿忘草は「わたしを忘れないで」

 

きんぽうげは「子供っぽさ」

余談ですが、きんぽうげの英語名は「Buttercup(バターカップ)」で、スラングとしても使われていて「可愛い子」という意味です。

海外のドラマや映画などでも、小さい子供や孫のことを「バターカップ」と呼んでいるシーンがあったりします。

モデルから訴えられる

 

ラファエル前派の画家たちに人気のモデルで、後にロセッティの妻となるエリザベス・シダル(愛称リジー)です。

絵にリアリティを追求したミレイは、自宅のバスタブに湯を張り彼女に浸かってもらいました。

寒くないようにバスタブの下からオイルランプで温めていましたが、いつの間にか火が消えていたことに、作業に集中しすぎていたミレイは気づかず、湯は水に…

真冬にバスタブのなかで長時間つかったおかげで、リジーは風邪をひいてしまいます。

彼女の父親はミレイを訴え、50ポンド(約100万円)の慰謝料を請求し、少し金額を下げてもらいミレイは支払ったそう…。

評価

1852年、ロイヤル・アカデミーで初めて展示されたときは、賛否評論あり、広くは称賛されませんでしたが、現在では高く評価されている作品です。