ダヴィッド「ナポレオンの戴冠式」を超解説!ナポレオンの華麗なるイメージ戦略

こんにちは!

今回は、ダヴィッドの《ナポレオンの戴冠式》を解説します。

早速見ていきましょう!

ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

ジャック=ルイ・ダヴィッド《ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠》1806-1807年

ナポレオンのイメージ戦略

この作品は、ナポレオンの栄光を後世に残すイメージ戦略の一環として描かれた、ダヴィッドの代表作です。

縦6.2×横9.8メートルもあるとても大きな作品です。

ルーヴル美術館所蔵ですが、そのルーヴルで2番目に大きなサイズの絵です。(1番はヴェロネーゼ《カナの婚礼》

臨場感を出すために、空間は実際よりも縮小され、人物は等身大に描かれています。(最前列右の数人は身長2メートルほどの大きさで描かれています)

画面の中には壮麗な衣装の人物が191人が描かれています。

その内約100人は相貌をそっくり再現していると、ダヴィッドが述べたといわれています。

すべての視線が、画面構成の中心となるナポレオンに向けられています。

人物はポーズを決めた像のようにフリーズしていますが、これは古代ギリシャ・ローマ時代の歴史的大事件でもあるかのように見せるための演出です。

背景にある3つの荘重な柱が、ずらりと人が並ぶ画面を分け、安定感をもって支えています。

戴冠式の舞台

1804年12月2日パリのノートルダム大聖堂で行われた実際の戴冠式の様子を描いた作品です。

これを機に、ノートルダム大聖堂の内陣はゴシック様式から新古典主義様式改装されました。

歴代のフランス王は、9世紀のルイ1世から25代にわたり、パリの北東に位置する町ランスにあるノートルダム大聖堂で戴冠式を行なってきました。

ちなみにフランス語のNotre-Dameは英語のOur ladyにあたり、「我らが貴婦人」即ち聖母マリアを意味しています。

したがって、ノートルダム(聖母マリア教会)という名のカトリック教会はフランス語圏各地にあります。

ナポレオンはブルボン家の後継者と見做されるのを嫌い、「王」ではなく「フランス人民の皇帝」を名乗りました。

そのためランスでの戴冠はありえないことでした。

一千年前のローマ皇帝カール大帝(シャルルマーニュ)に倣い、古式にのっとった宗教儀式を行なうことにしました。

つまりランス司教ではなく、ローマ教皇による戴冠式でした。

ナポレオン

 

中央にいるナポレオンは、右前景の人物たちが影となることで引き立てられており、さらに、斜め左の天上からの光を受けて輝いています。

金とダイヤでデザインされた月桂冠を被っているナポレオンは、この時35歳でした。

 

実際のナポレオンは「チビ・デブ・ハゲ」だったようですが、絵の中では身長も数十センチかさ上げされ、容姿も理想化されています。

金糸で縁取った純白のビロード服、鷲の模様をちらした真紅のマント、裏が白テンの毛皮なのはブルボン家の大礼服用マントに似せたのでしょう。

ちなみにマントにある黒い点はすべて白テンの尻尾です……。

ナポレオンのポーズが違った

ジャック=ルイ・ダヴィッド《ナポレオンの戴冠式》

ナポレオンは、国民に選ばれて皇帝になったことを示すために、実際の式典では自ら冠を頭に載せました。

ジャック=ルイ・ダヴィッド《自ら戴冠するナポレオン》1804-1807年頃

当初、その場面を描いていましたが、これではあまりにも傲慢に見えるということで、ナポレオンが誰によって戴冠したかは曖昧なまま、ナポレオンが皇后に戴冠する場面に描き直されました。

ローマ皇帝式

ブルボン王朝の様式と違うことを示すために、王笏とローブには、ナポレオンの象徴である鷲と蜜蜂があしらわれています。

ナポレオンの妻ジョゼフィーヌ

 

描かれた当時、皇后ジョゼフィーヌは41歳でしたが、ナポレオンから「皇帝の妃は若々しくなくてはならない」と言われたことから、ダヴィッドが自分の19歳の娘をモデルに若々しく描きました。

 

ナポレオンは自分の戴冠後に、妃ジョゼフィーヌに、被せる動作のみですが、自らの手で冠を与えました。

教皇ピウス7世

 

この時62歳だった教皇ピウス7世が、白い法衣をまとい、ナポレオンのすぐ後ろに背を丸めて浮かぬ顔で座っています。

教皇は戴冠式以前からナポレオンと激しく対立していました。

本来は戴冠される者がローマへ出向くものですが(あのカール大帝ですら自分からヴァチカンに赴いたのに)、ヨーロッパの覇者ナポレオンは、ローマ教皇をパリへ呼びつけました。

呼びつけて戴冠式に列席させ、三度の塗油の儀だけさせると、教皇が祭壇上の帝冠に手を伸ばすより早くそれを奪い取り、自分で自分に戴冠してしまいました。

戴冠というのは権威者が行なうものなので、この一連の行為はきわめて政治的なものでした。

諸々の言い訳のため、ナポレオンは、宗教画によく登場する人差し指と中指を伸ばした、祝福のポーズで教皇を描かせました。(なので実際にはこのポーズはしていません)

「ヨーロッパの覇者」として、ナポレオンがローマ教皇より上位にあることを内外に見せつけたのだから、教皇ピウス7世の恥辱たるや、尋常ではなかったはずです。

式に参列した各国代表や貴顕の面々も、こうした力の誇示に一様に驚きました。 

宰相タラーレン

 

革命の動乱をかわし、ナポレオン時代から七月革命、王政復古、立憲王政まで、政治中枢で重要な役割を果たした敏腕政治家タラーレンが描かれています。

その手腕は誰もが知るところですが、金儲けや陰謀に余念がないとウワサされることも…。

画面の隅で浮かべる不敵な笑みは、のちにナポレオン失脚を画策する歴史を思わせます。

タラーレンはドラクロワの実父ともいわれています。(鼻先がツンと上向いた特徴的な横顔が似ていたとか…)

いないはずの母

 

正面2階の貴賓席には、当日はローマにいて実際には出席していなかったナポレオンの母親が微笑みながら見守っています。

ナポレオンの母は、嫁のジョゼフィーヌを嫌い、「皇帝になるのはやりすぎでは?」と大反対していました。

このように列席を断ったナポレオンの母を含む欠席者も絵の中には描かれています。

なぜいないはずの母親が描かれているのかというと、戴冠式はみんなからの祝福のもと行われなくてはいけない、という考えがあったため、演出として描き加えられたのでしょう。

ナポレオンの父親はというと、19年前にすでに亡くなっています。

白いドレスと小さな男の子

 

女性たちは、当時流行していた白い簡素なドレスを着ています。

 

また、女性たちの右側にいる小さな男の子はナポレオンの甥シャルルで、当時3歳でした。

ナポレオンの弟とジョゼフィーヌが前夫との間にもうけた娘を(無理やり)結婚させており、2人の間に生まれたのが、シャルルでした。(ジョゼフィーヌの孫)

ナポレオンは自分たち夫婦に子ができないため、シャルルを養子に迎えており、場合によってはこの子が王朝を継ぐことになる…はずでした。

しかし、本作完成前に病死しています。

ダヴィッド

 

ナポレオンの母の左上に、スケッチをする自分の姿もちゃっかり描き込んでいます。

ダヴィッドは本作を描くにあたり、まず、絵を描くための広いアトリエを確保し、画材を集めました。

これだけで1年を費やしたとか…。

ジャック=ルイ・ダヴィッド《ナポレオン1世の戴冠式》1805年

そして会場の模型をつくり、構図や光の差し方を研究しました。

ジャック=ルイ・ダヴィッド《高位聖職者のグループ》1804-1807年頃

戴冠式では、参加した人々のデッサンを丹念に行いました。

ジャック=ルイ・ダヴィッド《「ナポレオンの戴冠式」のためのノートルダムの研究》

式典後、皇帝の衣装を借り出し、刺繍なども細かく丁寧に写し取りました。

ジャック=ルイ・ダヴィッド《羽根付き帽子をかぶった男性の頭部》

それだけでなく、主な出席者の衣装や宝石、勲章までアトリエに取り寄せ、緻密にスケッチしました。

「豪奢」は人々に夢を見させるための装置でもあるので、宝石の輝きや衣装の質感もできる限りリアルに描く必要がありました。

3年の月日をかけて完成したこの絵を初めて見たナポレオンが「これは絵ではない。画面の中に歩いて入れるようだ」といって帽子を取り、ダヴィッドに最敬礼した…なんていう逸話も残っています。

その他の登場人物

 

カプララ枢機卿

 

ルブラン(ピアチェンツァ公)

王笏を手にしています。

 

カンバセレス(パルマ公)

ナポレオン法典の起草者のひとりです。

 

ルイ=アレクサンドル・ベルティエ(帝国元帥)

十字のついた宝珠を手にしています。

 

ジョアシャン・ミュラ(ナポリ王)

ナポレオンの妹カロリーヌの夫です。

 

ラ・ヴァレット夫人

皇妃ジョゼフィーヌの姪エミリー・ド・ボアルネです。

 

ラ・ロシュフーコー夫人

皇妃ジョゼフィーヌの侍女です。

 

ナポレオンの兄の夫人ジュリー

 

ナポレオンの弟の夫人オルタンス

 

ナポレオンの妹(長女)エリザ・バッチォーキ

 

ナポレオンの妹(三女)ポーリーヌ・ボルゲーゼ

 

ナポレオンの妹(次女)カロリーヌ・ミュラ

 

ナポレオンの弟ルイ・ボナパルト

 

ナポレオンの兄ジョゼフ・ボナパルト

実際には戴冠式に招かれていません。

 

ダヴィッド夫人

 

ダヴィッドの弟子ジョルジュ・ルージェ

ヴェルサイユ宮殿にある複製画

ジャック=ルイ・ダヴィッド《ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠》1805-1822年

ダヴィッドは本作の複製画を2枚描きました。

1枚はアメリカの実業家に売る用(戴冠式の様子をアメリカ人に見せるためのもので、ロンドン、ニューヨーク、ボストンなどで展覧会を開催)、もう1枚はタペストリーの下絵として描いたものでした。

 

また、複製画では、ナポレオンの妹ポーリーヌがなぜかピンク色のドレスを着ています。(ルーヴル所蔵は白)

ジャック=ルイ・ダヴィッド《ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠》1808-1822年

現在はどちらもヴェルサイユ宮殿にあります。

「ナポレオンの戴冠式」の絵を鑑賞する当時の人々

ルイ=レオポルド・ボワイー《ルーヴル美術館でダヴィッドの「戴冠」を見る人々》1810年

1808年から1810年の間に、ルーヴル美術館でダヴィッドの絵が3回展示されました。

画面左にいる軍人が持っているようなガイドブックにダヴィッドの絵の解説が載っており、人々はこれを読みながら絵を鑑賞しました。