ゴーギャンの遺書代わりの大作「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」超解説!

こんにちは!

今回は、ゴーギャンの《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》を解説します。

『ダ・ヴィンチ・コード』で有名なダン・ブラウンの『オリジン』にも登場している絵ですね!

早速見ていきましょう!

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

ポール・ゴーギャン《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》1897-1898年

1.39 × 3.74 メートル以上ある巨大な作品です!

 

左上にはフランス語で「D’où Venons Nous Que Sommes Nous Où Allons Nous」とタイトルが書いてあります。

 

右上には「P. Gauguin 1897」とサインと制作年が書いてあります。

ゴーギャンがタヒチに滞在していたときに描いた作品です。

右から左へとストーリーが流れていきます。

遺書代わりの大作

この作品を描く前に、娘のアリーヌを肺炎で亡くしています。

ゴーギャンは家族を全く大事にせず、自分の好きなように自由に生きていましたが、そんなゴーギャンが一番可愛がっていたのがアリーヌでした。

さらに土地が売却されたため、家を立ち退かないといけなくなり、今までよりも豪華な家を建てようとして、身の丈に合わない借入れを銀行からし、借金を抱えます。

健康状態も悪化し、追い込まれたゴーギャンはこの作品を描き、完成後に自殺を試みました。(未遂に終わっています)

1か月で仕上げた

大きな作品なのに、わずか1か月で仕上げています。

こんなに急いで制作した理由として、アリーヌの誕生日だと思い込んでいた12月25日(本当は24日)までに完成させるためだったのでは?といわれています。

人生の始まり

 

赤ちゃんは、「誕生」を意味し、3人の人々はお喋りをしています。

成年期

 

果物をもぎ取っています。

禁断の実をもぎ取ってしまうアダムとイヴのイメージと重なります。

 

果物を食べています。

誰かと話し合ったり、果物を取って食べたりという日常的な生活を描いています。

愛娘アリーヌ

 

蘇りの力を持つタヒチの神の近くに、亡くなったアリーヌを描いたのではといわれています。

謎の像

 

タヒチ神話の創造神タアロアでは?といわれていますが、よくわかっていない謎の像です。

他にも月の女神説、「超越者」説などがります。

またこの青色って色が奇妙さを増しています。

 

「死を迎えることを甘んじ、諦めている老女」と、

「奇妙な白い鳥が、言葉がいかに無力なものであるかということを物語っている」

とゴーギャンが自分で書き残しています。

本当に死ぬつもりはなかった?

この作品完成後、ヒ素を飲んで自殺しようとしていますが、結局未遂に終わり、その後は普通に生活しています。

このことから、本当に死のうと思っていたのではなくて、「死んで伝説になる」という一種のパフォーマンスを計画していただけでは?ともいわれています。