ターナーVSコンスタブル 面白エピソードを紹介!

こんにちは!

今回は、ターナーの有名な面白いエピソードを紹介します。

早速見ていきましょう!

ターナーVSコンスタブル

1832年ロイヤルアカデミーの展覧会でのエピソードです。

展覧会では、出品された絵が一般公開される前に、画家が絵の状態を最終チェックする日があります。

ウィリアム・パロット《ニス塗りの日のターナー》1840年頃

ターナーは展覧会会場で最後の手直しをすることで有名でした。

自分の作品の隣に、↓のコンスタブルの明るい絵が飾られていました。

ジョン・コンスタブル《ウォータールー橋の開通式(ホワイトホール階段からの眺め、1817年6月18日)》1832年

自分の作品より、コンスタブルの作品の方が目立つと思ったターナーは、自分の絵に赤の絵の具ワンポイント足して去っていったそう。

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《ヘレヴーツリュイスから出航するユトレヒトシティ64号》1832年

それがこの作品です。

手前に赤いものがありますね。

 

何かというと、赤いブイです。

ブイというのは、係船や航路標識のための浮標、簡単にいうと海の道しるべです。

ブイの形にしたのは後からのようで、とりあえず赤い点をキャンバスに残していったそう。

この赤いブイがあるのと無いのとでは、絵の引き締まり具合が違いますね。

これを見たコンスタブルは、「ターナーはここで銃を撃った」と言ったそう。

負けず嫌いなターナーらしいエピソードでした!