記念メダルの創始者ピサネロが描いた不吉な肖像画とは?

こんにちは!

今回は、記念メダルを初めて作った画家ピサネロ についてです。

早速見ていきましょう!

ピサネロ (1395年頃-1455年頃)

File:08-09-2006 Pisanello 1395c 1455 Madonna della quaglia-Photo Paolo Villa-Castelvecchio Verona-Pentax K10D SMC-Pentax-FA 35mm F2-08-09-2006.jpg

《鶉の聖母》1420年頃

ピサネロは、国際ゴシック様式のイタリアの画家です。

記念メダルの作家でもありました。

ピサネロの面白いところは、かつてはピサネロの作品の多くが、別の画家の作と考えられていたところです。

レオナルド・ダ・ヴィンチやデューラーなどなど…。

ピサネロの絵画作品は、約10点ほどと、わずかしか残っていませんが、素描や記念メダルについては多数残っています。

なぜ不吉なものを少女の肖像画に入れたの

ピサネロ 《エステ家の公女》1435-1449年

ピサネロの代表作です。

目が死んでいる…

頭部と体のバランスが変なので、奇妙さを感じる作品です。

王妃の周りを飛んでいる「死・魂」の象徴、コロバインの花言葉は「愚か」です。

描かれている女性のモデルは正確には特定されていません。

大人の女性というよりかは、少女です。

少女の肖像画を描いたにしては、背景不吉すぎでは???

モデルの少女が、絵を描いたときにはすでに亡くなっていたのなら、まだわかるけど…

彼女の頭部何コレって感じですよね。

おでこ広すぎでは?と思うかもしれませんが、これがルネサンス期の流行りです。

わざわざ前髪を抜いているんです…!

広い額が良しとされた時代(丸いとさらに良し)で、その広い額に真珠や宝石を飾ることが流行っていたそう。流行ってこわいな…。

絵の中の彼女は装飾品を付けておらず、白い紐で髪をまとめています。

……白い紐気になるな…

髪型も、編み込みがあったりと凝ったものが多いなか、なぜ彼女は、このカチッとした髪型なんでしょうか。

上半身も変にきゅっとなってて気になる…

記念メダルを最初に作った人

《チェチリア・ゴンザーガのメダル》1441年

皇帝のための記念メダルを制作したことから始まり、ピサネロは、記念メダル美術メダル創始者でもあります。

ピサネロが制作する前は、メダルは硬貨と同じ手法で鋳造されていましたが、彼は、ブロンズの浮き彫り像のようにメダルを鋳造しました。

画家と鋳型製造の技量やセンスが試される方法であえて作ったところに、ピサネロの自信を感じます。

まとめ

ピサネロは、国際ゴシックを代表する画家
・記念メダルの創始者