山の絵を80点以上描いた?セザンヌの大好きな山を紹介!

こんにちは!

今回は、セザンヌが描いたサント・ヴィクトワール山を紹介します。

早速見ていきましょう!

サント・ヴィクトワール山

サント・ヴィクトワール山は、セザンヌの生誕地エクスの郊外にある標高約1000メートルの山で、「聖なる勝利」という意味を持つ山でした。

セザンヌの家の近くからこの山を見ることができました。

また少年時代には、ゾラや他の友達とこの山に登っていました。

そんな思い出の山を、44点の油彩画と43点の水彩画を残しています。

《サント・ヴィクトワール山》1878-1879年

《サント・ヴィクトワール山の平野》1882-1885年

《サント・ヴィクトワール山とアーク・リバー・バレーの高架橋》1882-1885年

《ガルダンヌから見たサント・ヴィクトワール山》1886-1890年

《ガルダンヌ付近からサント・ヴィクトワール山》1887年

《大きな松とサント・ヴィクトワール山》1887年頃

《サント・ヴィクトワール山》1886-1890年

《サント・ヴィクトワール山》1890年

《サント・ヴィクトワール山》1890-1895年

《サント・ヴィクトワール山》1892-1895年

《ビベムス採石場から見たサント・ヴィクトワール山》1895-1899年

《サント・ヴィクトワール山》1897-1898年頃

《サント・ヴィクトワール山》1900年

《サント・ヴィクトワール山》1900年

《サント・ヴィクトワール山》1900年

《サント・ヴィクトワール山》1902-1906年

《サント・ヴィクトワール山》1902-1906年頃

《サント・ヴィクトワール山》1902-1906年

《サント・ヴィクトワール山のある水浴図》1902-1906年

《サント・ヴィクトワール山》1904-1906年

《サント・ヴィクトワール山》1904-1906年

《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-1906年

《レ・ローヴからのサント・ヴィクトワール山の眺め》1904-1906年

《エクスの風景(サント・ヴィクトワール山)》1906年頃