マネの粋なエピソード「アスパラガス」を紹介!

こんにちは!

今回は、マネの粋なエピソードを紹介します。

早速見ていきましょう!

アスパラガス

エドゥアール・マネ《一束のアスパラガス》1880年

ルノワールの親友であり、印象派の画家のパトロンだったシャルル・エフルッシに、マネは上の絵を800フランで売ります。

この絵を見たエルフッシが大変気に入り、200フラン多い1000フラン送金しました。

そこでマネは、1本だけのアスパラガスを描いて「あのアスパラガスの束から1本抜けていました」というメッセージと一緒に下の絵を送りました。

エドゥアール・マネ《アスパラガス》1880年

洒落てる〜!!!粋!!!

マネのユーモアのセンスがとっても素敵なエピソードです。

日本ではグリーンアスパラガスがメジャーですが、フランスではホワイトアスパラガスが主流です。

当時アスパラガスは貴重な野菜だったそう。

マネっていちいち洒落てて、そういうところが本当にすき。