マネ、ティツィアーノ、ジョルジョーネが描いた横たわるヴィーナスとは?

こんにちは!

今回は、3人が描いたヴィーナスについてです!

早速見ていきましょう!

3人のヴィーナス

金星の眠り

ジョルジョーネ《眠れるヴィーナス》1508-1510年頃

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ウルビーノのヴィーナス》1538年

エドゥアール・マネ《オランピア》1863年

眠れるヴィーナス

金星の眠り

ジョルジョーネ《眠れるヴィーナス》1508-1510年頃

西洋絵画史上初の「横たわる裸婦」

西洋絵画史上初めて、大画面で「横たわる裸婦」を描いた作品でした。

それまでも裸体のヴィーナスは描かれていましたが、一般的には立ち姿でした。

ただ、15世紀末、婚礼用の衣装箱の内蓋に「横たわるヴィーナス」が描かれたものが流行しており、そこからアイデアを得たのではと考えられています。

さらに、ヴィーナスなど神話の登場人物を描く場合、その神話の名シーンを描くのが通常でしたが、ジョルジョーネは、特定の物語の場面を描いていないことも斬新でした。

結婚記念の絵

この絵の最初の所有者はヴェネツィアの貴族ジエローラモ・マルチェッロでした。

この絵が完成する少し前に結婚していることから、彼の結婚を記念して作られた絵だと考えられています。

この絵以降、寝室に飾る結婚記念の絵として「横たわるヴィーナス」が描かれるようになりました。

ティツィアーノが完成させた

ジョルジョーネは1510年に30代半ばで亡くなってしまうので、彼の死後、ティツィアーノが風景や空を描いて完成させています。

背景の風景は、ヴィーナスの身体のラインをなぞるように描かれており、自然との一体感を演出しています。

ちなみにヴィーナスの足元には、当初キューピッドが描かれていましたが、塗りつぶされています。

この絵に衝撃を受けた画家たちが、自分流の横たわるヴィーナスを描いていきます。

ウルビーノのヴィーナス

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ウルビーノのヴィーナス》1538年

ジョルジョーネの絵を、さらに官能的に描いたのが、この作品です。

ジョルジョーネのヴィーナスは、田園を背景に目を閉じていますが、ティツィアーノの絵は、背景は邸宅、目を開けた状態で長椅子かベッドに寄りかかるヴィーナスを描いています。

モデルは高級娼婦?

16世紀当初、国際貿易都市ヴェネツィアには、約1万人の娼婦がいたといわれています。

その中でも高級娼婦と呼ばれる、美貌と知識、センスを持ち合わせた彼女たちは、裸体画のモデルにもなりました。

ヴィーナスの持ち物

右手にはバラの花束を持っていますが、バラはヴィーナスのアトリビュート(持ち物)です。

 

マートルもヴィーナスのアトリビュートです。

マートルの花は、美と若さと愛の象徴で、結婚式に欠かせない花でもあります。

犬は、「夫婦の忠実さ」の象徴ですが、今はヴィーナスの足元で眠ってしまっています。

背景

背景は、16世紀ヴェネツィアの、裕福な貴族の家の洗練された室内が描かれています。

2人のメイドが、ヴィーナスのドレスをチェストの中から探しています。

1人は、結婚式のための金と青の豪華なドレスを持っています。

性教育のため?

結婚の贈り物としてグイドバルド2世・デッラ・ローヴェレが注文したと考えられています。

この絵が、これほどまでに官能的に描かれているのは、彼の年若い花嫁ジュリア・ヴァラへの性教育の意味も込めたプレゼントだったのではといわれています。

オランピア

エドゥアール・マネ《オランピア》1863年

マネはこの作品を、1865年のサロンに出品し、入選しましたが、《草上の昼食》と同様に大批判されてしまいます。

怒り狂った客が、絵を破壊しないように監視員が見張っていたほどの問題作でした。

スキャンダラスな絵

上の2つの絵は称賛されて、このマネの絵がダメだった理由は「現実の裸の女性」を描いたからです。

ジョルジョーネとティツィアーノはあくまでも「ヴィーナス」という建前で裸の女性を描きました。

ヴィーナスは女神なので、人間ではありません。だから裸でもOKという暗黙のルールがありました。

現実の裸の女性を描くことがタブーだった時代、この作品の衝撃度は相当なものだったでしょうね…

娼婦を連想させる

タイトルの「オランピア」とは、当時のパリの娼婦によくある源氏名でした。

モデルはヴィクトリーヌ・ムーラン、マネのお気に入りのモデルでした。

 

首には黒いリボンをしていますが、これは高級娼婦の間で流行していたアクセサリーでした。

 

鈴付きの腕輪脱げかけたサンダルも娼婦を連想させます。

さらに、横には黒人女性が白人女性の召使として描かれ、彼女はオランピアが客からもらった花束を持っています。

 

ティツィアーノの作品では犬でしたが、マネはに変えています。

猫は性的なイメージを暗示しているのではといわれています。

平べったい

サロンが好んだ絵は、奥行きのある空間表現や、立体感、理想化された裸体でした。

ですがマネのこの絵は、裸体も理想化されておらず、浮世絵の影響から、平べったく描かれています。

当時の人々にとっては、マネの技法は斬新すぎて受け入れ難く、不評でした。

この絵をモネが買う

マネの死後、この作品が海外へ流出するのを防ぐため、モネがみんなに声をかけて共同購入し、国に寄贈しています。