本命と愛人を同時期にダンスの絵として描いた画家ルノワール

こんにちは!

今回は、ルノワールの描いた有名なダンスシリーズ3作品をご紹介します!

同じ主題同じ時期に、本命愛人を絵に描くなんてルノワールの神経疑っちゃいますが、これでも、いろいろ破綻しがちな有名画家の中では愛妻家で、家庭を大事にした方の画家なんです。

早速見ていきましょう!

《ブージヴァルのダンス》

ファイル:Dance-At-Bougival.jpg - Wikipedia

ピエール=オーギュスト・ルノワール《ブージヴァルのダンス》1883年

モデルは、ルノワールの愛人モデル画家シュザンヌ・ヴァラドンと友人ポール=オーギュスト・ロートです。

シュザンヌが14歳のときに出会い、18歳のときに、この絵のモデルを務めています。

シュザンヌは画家ユトリロの母ですが、美人で愛人が複数人いたため、父親がわかっていません。本人はわかっていたかもしれませんが。

ユトリロの父親はルノワール説なんていうのもありますが真相は闇の中…

シュザンヌの流し目が良いですね。

地面には青紫のスミレの花束と、タバコの吸い殻や燃え尽きたマッチ棒が落ちています。おしゃれなドラマのワンシーンみたい。

《都会のダンス》

ピエール=オーギュスト・ルノワール《都会のダンス》1883年

こちらのモデルも同じくシュザンヌ・ヴァラドンポール=オーギュスト・ロートです。

髪をアップにして、背中の開いたドレスを着ているので、肌の白さが際立っています。

タフタのイブニングドレスに、バッスルというヒップラインを美しく見せる腰当を付けています。おしゃれ。

色数が少なく、シュザンヌの憂いを帯びた顔から、洗練されたクールな雰囲気の作品です。

《田舎のダンス》

ピエール=オーギュスト・ルノワール《田舎のダンス》1883年

モデルは、ルノワールの後のとなるアリーヌ・シャリゴポール=オーギュスト・ロートです。

《都会のダンス》上流階級っぽさとは反対に、《田舎のダンス》庶民的なにぎやかさを感じます。

アリーヌも当時流行したバッスルを付けていますが、シュザンヌのような洗練された雰囲気はありません。

なぜかというと、ドレスが木綿だからです。田舎娘感。

赤や黄色が使われていて明るく、ふくよかな未来の奥さんはにこやかで、陽気な雰囲気の作品です。

男性の被っていた帽子が落ちています。女性に夢中で帽子はもうどうでもいいと。(笑)

3点とも男性暗めの服を着ていて、白っぽいうすい色のドレスの女性を引き立てています。

3点ともシュザンヌの予定だった

実はこの絵、元々はシュザンヌで描くつもりでした。

アトリエでいちゃつくルノワールとシュザンヌの元に、アリーヌが現れます。

アリーヌはシュザンヌをほうきで殴ったそう。

シュザンヌをモデルに使うことをアリーヌが怒りまくったため、《田舎のダンス》のモデルはアリーヌになりました。

田舎娘のアリーヌと、都会っ子のシュザンヌ、この三角関係に悩んだルノワールが最終的に妻に選んだのは、アリーヌでした。

まとめ

ルノワールはこの絵を描く2年前にローマ旅行へ行きました。

そこで鑑賞したラファエロの作品に影響を受けて、これらの絵画を制作しています。

なので、印象!印象を描くんだ!!という印象派のぼやっとした絵、というよりかは、女性を美しく描くことに重点を置いた作品になっています。なのでぼやっとしていません。

 

《都会のダンス》と《田舎のダンス》は対になっているので、オルセー美術館でこんな感じで並べて展示してありました。

ほぼ等身大の作品です。

ステキすぎたなぁ…何度見ても大好きな作品です。