ピカソが愛した7人の女性を紹介!女性が変わると画風が変わる?

こんにちは!

今回は、ピカソが愛した7人の女性を紹介します。

早速見ていきましょう!

ピカソと7人の女性たち

ピカソは付き合う相手によって、画風が変わっていきました。面白い。(笑)

フェルナンド・オリヴィエ

 

『オリヴィエのポートレイト』

《フェルナンド・オリヴィエの肖像》

最初の恋人フェルナンド・オリヴィエとの出会いは、ある夏の夕方でした。

激しい夕立に降られ、アパートの軒先に飛び込んできた彼女に、ピカソは自分が抱いていた子猫を手渡し、自分の部屋へ誘います。

この時のピカソは、まだ絵が売れず、貧しい生活をしていました。

この時代に描かれた絵を「青の時代」と呼びます。

フェルナンドと出会ったピカソは、彼女との甘い生活で、画風が明るく優しくなり「バラの時代」へ移り変わります。

そして開いた個展が成功し、世間に才能が認められるようになります。

しかし、フェルナンドの友人エヴァに手を出して、2人の仲は7年で終わりを告げました。

エヴァ・グエル

Fernande Olivier et Picasso à Montmartre - Montmartre secret

 

《マ・ジョリ》1911-1912年

オリヴィエの友人だったエヴァ・グエルは、ピカソと付き合い始めます。

ピカソは彼女を、当時最先端だった「キュビスム」という手法で描いています。

絵の下のところに「マ・ジョリ」と書いてありますが、これはフランス語で「私の可愛い人」という意味で、エヴァの愛称でもありました。

しかし病弱だった彼女は、その後亡くなってしまいます。

オルガ・コクローヴァ

 

《ソファに座るオルガの肖像》1918年

最初の妻オルガ・コクローヴァと出会い、彼女から「私を描くときは、私とわかるように描くこと」と言われます。

彼女は、ロシア貴族の血を引くバレエダンサーでした。

この時代のピカソの絵は「新古典主義」といわれる画風で、ギリシャ彫刻のようでした。

マリー・テレーズ

Marie-Thérèse Walter

 

《夢》1932年

妻オルガと次第にうまくいかなくなったピカソは、46歳のとき、17歳のマリー・テレーズを愛人にします。

マリーとの出会いは、彼女がデパートの前で人を待っていたときに、ピカソがいきなり「君の肖像画を描かせてください。私はピカソです」と声をかけたときでした。

ピカソはマリーを「完璧な顔と体」とたたえ、彼女のからだつきの美しさにとりこになり、また画風が変わります。

8年後マリーは妊娠し、ピカソは妻オルガのもとを離れ、彼女と暮らし始めますが、母となったマリーへの興味は急激に失せてしまいます。

彼女も後に自殺しています…。

ドラ・マール

 

パブロピカソ、「泣く女」1937

パブロ・ピカソ《泣く女》1937年

ピカソの代表作《泣く女》のモデルにもなった、写真家で画家のドラ・マール

才気あふれる内面に刺激を受け、彼女をモデルとして描きました。

ピカソも彼女のことを「よく泣く」と言ったそうで、その泣きっぷりに関心していたそう。(笑)

ピカソとの破局後は、精神病院に入院しています…。

フランソワーズ・ジロー

 

花の女:ピカソ | ペインティング, 美術家, ジロー

《花の女》1946年

62歳のピカソが次に愛人にしたのは、22歳の画学生フランソワーズ・ジローでした。

ピカソは彼女のことを「人間は誰でも動物に似ているものだが、君は違う。植物だ」と言い、彼女の穏やかさを表現しました。

フランソワーズは、ピカソとの間に一男一女を生みますが、ピカソの女性関係(妻オルガ、愛人のマリー、ドラはこのときには身を引いていた)に嫌気がさし、子供を連れて出て行ってしまいます。

フランソワーズの別れのセリフ「あなたのような歴史的記念碑とは、これ以上生活を続けたくない」は、当時名台詞として話題になりました。

当時ピカソは72歳、今まで女性に振られたことがなかったので、大きなショックを受け、南フランスの古城を買い取り、引きこもります。

ちなみに彼女は現在も存命中で、作家活動を続けています。

ジャクリーヌ・ロック

2021年、世界最大のピカソ美術館がフランスにオープン!

 

「腕を組むジャクリーヌ」(1953年)

《腕を組むジャクリーヌ》1953年

そんな引きこもりのピカソの身の回りの世話をしたのが、後に2番目の妻となるジャクリーヌ・ロックです。ピカソとはなんと45歳差!

彼女は、巨匠ピカソを訪ねて、世界中から押しかけてくる画商やジャーナリストたちを追い払い、アトリエで制作するピカソを守る「門番」でした。

ピカソは彼女を母親代わりに甘えきっていたそう。

ピカソの死後、彼女は自殺しています…。

 

ピカソは女性との恋愛をきっかけに、作風を変化させ、名作を生み出していきましたが、女性たちの方を思うと、なんだかなぁ…幸せだったのかなぁ…なんて思ってしまいます。