天使の顔をした画家パルミジャニーノの描いた絵には幽霊がいる??

こんにちは!

イケメン画家パルミジャニーノと不思議な絵について解説します。

早速見ていきましょう!

パルミジャニーノ(1503-1540年)

Parmigianino Selfportrait.jpg

パルミジャニーノ《凸面鏡の自画像》1523-1524年

パルミジャニーノはマニエリスム期のイタリアの画家です。

ラファエロの影響を強く受けつつも、人物が引き伸ばされた独特な作風が特徴です。

ものすごく美青年だったそう。

ヴァザーリという様々な芸術家の伝記を書いたとても有名な人が「天使のような顔」と言うほど。

父親も画家でしたが、パルミジャニーノが2歳のときにペストで亡くなっています。

画家だった叔父に引き取られたので、絵画を学ぶ機会には恵まれていました。

錬金術にハマる

錬金術にハマったパルミジャニーノは、教会から受けていた仕事を何年間も放置

むしろ何年経っても出来上がらない絵に対して、教会が給料を払い続けていたことの方がびっくり。

どうしても描いてほしかったんでしょうね〜。

最終的に、契約違反でパルミジャニーノは2ヶ月間投獄されます。(笑)

その後、37歳で発熱し、亡くなっています。

《長い首の聖母》

パルミジャニーノ《長い首の聖母》1534-1540年

とりあえず、赤ちゃんちゃんと抱っこしよ??ってくらい今にも落ちそう。

聖母マリアのが長かったり、体を引き伸ばしたりすることで、曲線美を強調しています。

絵が下手だからこうなっているのではなくて、あえてだよ〜〜というのが、

こちらのマニエリスムの記事での話でした。

死人感のあるイエス

変に脱力していて、寝ていると言うより、死人っぽいですよね。

このポーズは、将来、十字架にかけられて処刑される運命を表しています。

絵の中に幽霊がいる?

この絵の中に幽霊っぽい何かがいるのですが、わかりますか??

ヒントは赤子イエスの右足の上です。

ここをよ〜〜く見ると…

 

いる!!

なんかいる!!

が浮かび上がってる!!!(怖い)

 

ちなみに画面左の真ん中の子も顔が透けています。

 

右に謎の人物いますよね。

この人も透けています。

透けている以前にこの人誰って感じですが、聖ヒエロニムス(聖書をラテン語に翻訳した人)です。

これは依頼者のリクエストで描き入れてあります。

ちなみに左足の横に、もうひとつ足があることに気がつきましたか?

さらに奥を見ると、円柱の影が複数あるのに、柱は1本しか描かれていません。

どういうことかというと、この絵は未完成なんです。

なので、最初の顔がぼや〜っと浮き出ているのも幽霊ではなくて、描きかけの天使だった、ということです。

 

天使が持っているには十字架が映っています。

これはイエスの行末を暗示しています。

死ぬまで手元に置いた作品

この絵は、パルマの礼拝堂から注文を受けて描いた作品です。

しかし、絵が完成することはなく、画家が死ぬまでアトリエに置きっぱなしでした。

まとめ

パルミジャニーノマニエリスムの代表的画家
・《長い首の聖母》は未完成作品