美人画家ルブランが描いたマリー・アントワネット

こんにちは!

前回は、画家ヴィジェ=ルブランマリー・アントワネット同い年友達だったという話でした。

今回はルブランが描いたマリーアントワネットを年代順に紹介します!

早速見ていきましょう!

ヴィジェ=ルブランが描いたマリー・アントワネット

ルブランは、元の顔の特徴を活かしながら、良い感じに美化して描く天才でした。

なのでマリー・アントワネットを始め、貴族から「自分の顔も描いて〜!!!」と引っ張りだこ。しかも美人。貴族は美人が大好きです。

マリー・アントワネットは、絶世の美女というわけではないけど、とにかく肌が白くて、ものすごくキレイだったので、とても魅力的に見えたそう。

色の白いは七難隠す、ですね!

ルブランも、マリー・アントワネットの再現できる絵の具が無いと言っていたそう。

1778年

この絵から2人の友情は始まり、ルブランはフランス革命が起こるまで約10年間、マリー・アントワネットの絵を描き続けました。

バラを手に持ち、自慢の白い肌と美しいドレスが光で輝いています。テーブルには王冠も置いてあります。

右上には夫のルイ16世胸像が描かれています。

1779-1788年

1783年

1783年

このモスリンのドレスが「下着みたいだ!」と大問題に。

流行の最先端すぎて、王妃の格好として相応しくないと非難されます。

そこで慌てて下記の作品とすり替えます。ルブランは仕事が早い

1783年

宮廷の伝統を守り、古典的なドレスを着ています。

1787年

マリーアントワネットとその子供たちが描かれています。

威厳がありつつも、優しげな雰囲気のある作品です。

が、どこかに違和感を感じませんか?

ちなみに、

左が長女のマリー・テレーズ

抱っこされているのが、次男ルイ・シャルル

ゆりかごを指差しているのが長男ルイ=ジョセフです。

そう、指差しているのにゆりかごなんです!

実は、絵の制作中に次女ソフィーが天然痘で亡くなってしまったんです。

生きていればこのゆりかごの中に描くつもりだったんでしょうね…空虚感

1788年

この絵の1年後フランス革命が起こり、マリー・アントワネットは断頭台の露と消えます。

《亡き後の王妃》1800年

危険を察して早々に国外脱出していたルブランは、亡命先で王妃の死を知ります。

この絵は、ただ1人生き残ったマリー・アントワネットの娘マリー・テレーズのために描かれた1枚です。