ロートレックのポスターに描かれたモデルの顔が気になる

こんにちは!

前回はロートレックの人生に焦点を当てました。

ロートレックは人物を美化して描かないどころか、実物よりも醜く描いていたため、モデルから苦情を言われることもあったそう。

ポスターに描かれたモデルたちが、実はどんな顔だったのか興味がわいたので調べてみました!

早速見ていきましょう!

ラ・グーリュ



アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ムーラン・ルージュのラ・グリュ》1891年

ラ・グーリュムーラン・ルージュ女王フレンチ・カンカントップダンサーです。

ダンスしながら客のお酒を飲みまくったことから、「ラ・グーリュ(大食い)」の愛称で呼ばれていました。強い。

このポスターでロートレックは一躍有名になりました。


アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ムーラン・ルージュでのダンス ラ・グリュとヴァランタン》1895年

ラ・グーリュの本名はルイーズ・ウェバーです。

家が貧しく、母親と一緒に洗濯の仕事をしていました。

ダンスが大好きだったこともあり、いろいろ上手くいってムーラン・ルージュのダンサーになります。

そして名声を手に入れた彼女でしたが、ムーラン・ルージュを離れてからは、運に見放されてしまったのか、上手くいかず職を転々とし、貧困の中亡くなっています。

ジャンヌ・アヴリル



アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ジャンヌ・アヴリル》1893年

ジャンヌ・アヴリルフレンチ・カンカン大人気ダンサーです。

上品メランコニックな雰囲気がウリでした。

本名はジャンヌ・ボードンです。

父親は伯爵、母親は娼婦の家に生まれ、虐待から逃げるため家を飛び出し、なんやかんやでダンサーになり、成功します。

彼女も最後は貧困の中亡くなっています…


アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ディヴァン・ジャポネ》1892年

ディヴァン・ジャポネとは「日本の長椅子」という意味で、ショーが見れるカフェの店の名前です。

椅子に座っているのがアヴリル、舞台の上にいる黒い長手袋をしている人物が、後ほど出てくる、イヴェット・ギルベールです。

アリスティード・ブリュアン



アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《アンバサドールのアリスティード・ブリュアン》1892年

アリスティード・ブリュアンはキャバレーのシャンソン歌手です。

「ル・ミルリトン」という自分のキャバレーを持っていました。

ブルジョワの家に生まれながらも、両親が事業に失敗し、職を転々とし、歌手になりました。

上のポスターは高級キャバレー、アンバサドゥールでの出演が決まった時にロートレックに依頼して描いてもらった作品です。


アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《キャバレーのアリスティード・ブリュアン》1893年

店側がロートレックの描いたポスターが気に入らないと言ったときも、「ロートレックのポスターを貼らないなら出演しない」と言うほど、売れない時代からロートレックの才能を高く評価していました。

イヴェット・ギルベール



アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《イヴェット・ギルベール》1894年

イヴェット・ギルベールシャンソン歌手です。

ムーラン・ルージュでも歌っていました。

黒の長手袋がトレードマークで、舞台ではほぼ直立、歌に合わせて腕を動かして表現するのが彼女流でした。

ロートレックの、容赦ない人物表現…

それにしても顔がひどい(笑)

ギルベールは、ロートレックが描いた公演ポスターの原案を見て、悲鳴をあげたそう。(笑)


アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《リンガー ロンガー ルー を歌う イヴェット・ギルベール》1894年

貧しい家庭に生まれましたが、歌手として大成功し、映画に出演したり、小説を書いてみたり、学校を作ったり、最終的にはレジオンドヌール勲章まで受章しています。

ラ・グリュやアヴリルとは大違い…というか、イヴェット・ギルベールがすごすぎるだけで、大半は2人のような人生を歩んだのかなと思ったり。

小さな宝石と呼ばれたアル中の画家ロートレック

2020.04.13