日本が大好きだったゴッホの浮世絵を模写した絵を超解説!日本の茶箱の裏に描いた絵?

こんにちは!

今回は、ゴッホと日本と浮世絵についてです。

早速見ていきましょう!

ゴッホの日本への憧れ

浮世絵にハマる

32歳のとき、エドモン・ド・ゴンクールの小説『シェリ』を読んでそのジャポネズリー(日本趣味)に魅了され、多くの浮世絵を買い求めて部屋の壁に貼っていました。

ゴッホは、サミュエル・ビングの店で多くの日本版画を買い集めました。

ビングの店に大量の浮世絵があったと聞くと、当時パリで浮世絵人気が爆発していたのかと思ってしまいますが、この頃はまだ知る人ぞ知るという程度で、それほど人気はありませんでした。

なので、ゴッホが浮世絵を集めていた頃は、1枚3スーから5スー(150円~250円)という安値で売っていました。

だからこそゴッホは、ビングの店から委託で浮世絵を預かり、商売しようと考えていました。

モーリス・ギベール 日本人として装うアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの写真 1890年頃

浮世絵への熱中には、友人の画家ベルナールやロートレックの影響も大きいといわれています。

実際に浮世絵をコレクションしていた印象派の画家も少なくなかったのでは?といわれていますが、こういったコレクションは、所有者の死後オークションなどで散逸してしまうことが多かったため、よくわかっていません。

珍しく、モネとゴッホは浮世絵コレクションとして残っていますが、それでもモネについては大部分が散逸してしまっています。

しかし、ゴッホの浮世絵コレクションは、彼の残された家族たちの努力によって大部分がそのまま残っています。

万年貧乏画家のゴッホが、苦しい生活を切り詰めながら集めた貴重なコレクションです。

ゴッホとテオの浮世絵コレクションとして、現在ゴッホ美術館には512点収蔵されていますが、失われた絵も多く、その数100点ともいわれています。

ゴッホは浮世絵を友人の画家と交換していました。

ベルナールは手紙で、自分の作品と引き換えに、かなりの枚数の浮世絵をゴッホから受け取ったと書いています。

また、ゴッホと弟のテオは、妹のヴィルなど他の人にも数多くの浮世絵を贈っていることがわかっています。

浮世絵コレクションの展覧会を開く

フィンセント・ファン・ゴッホ《カフェ・タンブランの女(アゴスティーナ・セガトーリ)》1887年

パリ滞在2年目、34歳のとき、ゴッホは自らの浮世絵コレクションの展覧会をカフェ・レストラン「ル・タンブラン」で開きました。

このカフェの女主人アゴスティーナ・セガトーリは当時、ゴッホの恋人でした。

ゴッホは、自分の浮世絵版画を背景に彼女の肖像画を描いています。

版画に買い手がつくことを期待していましたが、現在のところ実際に売れたという記録は残っていません。

日本の茶箱の裏に描いた絵

フィンセント・ファン・ゴッホ《三冊の本》1887年

この絵の裏を見ると…

《三冊の本》裏面

なんとキャンバスが、「起立工商会社」と墨で書いてある木製の楕円形パネルだとわかります。

この会社は、日本の商品をヨーロッパ市場向けに輸出する日本の貿易会社で、浮世絵も取り扱っていました。

パリにいたときのゴッホの情報はほとんど残っていないため(弟テオと同居していたため手紙を書かなかった)、正確にはわかりませんが、この木の蓋からゴッホがこの会社でも浮世絵を購入していたと推測することができます。

 

フィンセント・ファン・ゴッホ《ヒヤシンスの球根》1887年

もう1枚あります。

こちらも裏面は「起立工商会社」の墨書のある木製パネルです。

タンギー爺さん

フィンセント・ファン・ゴッホ《タンギー爺さん》1887年

パリでゴッホが絵具を買っていた店の店主、ジュリアン・フランソワ・タンギー(愛称タンギー爺さん)は、ゴッホのようなお金のない画家を支援するため、絵と交換で画材を提供していました。

日本を表す、桜、富士、芸者の絵を意図的に使い、背景の浮世絵で春夏秋冬を表現しています。

フィンセント・ファン・ゴッホ《タンギー爺さん》1887年

雨の橋(広重を模して)

フィンセント・ファン・ゴッホ《雨の橋(広重を模して)》1887年

歌川広重《名所江戸百景・大はし あたけの夕立》1857年

梅の開花(広重を模して)

フィンセント・ファン・ゴッホ《梅の開花(広重を模して)》1887年

歌川広重《名所江戸百景・亀戸梅屋舗》1857年

フィンセント・ファン・ゴッホ《広重「亀戸梅屋舗」のトレース》1887年

花魁(渓斎英泉を模して)

フィンセント・ファン・ゴッホ《花魁(渓斎英泉を模して)》1887年

花魁

 

この女性が花魁だということは、帯が背中ではなく正面で結ばれていることからわかります。

渓斎英泉 《雲龍打掛の花魁》

ファイル:Title page Paris Illustre Le Japon vol 4 May 1886.jpg

『パリ・イリュストレ』1886年

日本特集号。画商・林忠正が大半を執筆し、パリで2万5000部が完売した。

『パリ・イリュストレ』日本特集号の表紙に原画と左右反転で印刷された絵を模写したものであり、ファン・ゴッホの遺品からも表紙が擦り切れた状態で発見されたことから、愛読していたことが窺えます。

フィンセント・ファン・ゴッホ《『パリ・イリュストレ』の表紙トレース》1887年

鶴と船

 

フランス語で鶴は「娼婦」という意味もあります。

 

龍明鬙谷《芸者のいる風景》1870年代

フィンセント・ファン・ゴッホ《包帯をした自画像》1889年

耳切り事件の後に描いた自画像の後ろにもこの浮世絵が描かれています。

フィンセント・ファン・ゴッホ《包帯をした自画像》1889年

こちらの絵に描かれている浮世絵も、雰囲気が似ています。

カエル

 

フランス語でカエルは「卑しい女」の代名詞です。

歌川芳丸《新板虫尽》1883年

日本の修行僧に見立てた自画像

フィンセント・ファン・ゴッホ《自画像)1888年

ゴッホは、日本の芸術家たちが作品を交換し合っていると思っていました。

そこでゴッホは、ゴーギャンとベルナールに同じことを提案し、お互いの肖像画の制作を頼みました。

2人も自らの自画像を描き、ゴッホも、日本の修行僧のような釣り目で髪を短く刈り込んだ姿の自画像を制作して送りました。

ポール・ゴーギャン《ベルナールの肖像画と自画像》1888年

エミール・ベルナール《ゴーギャンの肖像画と自画像》1888年

一部分をクローズアップ

フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くアーモンドの木の枝》1890年

ゴッホは、ビングの編集による月刊紙『芸術の日本』の創刊号に掲載された下の作品からインスピレーションを受けて、見上げるような視点で枝をクローズアップして描いています。

文鳳《撫子の習作》『芸術の日本、美術・産業資料』1888年5月第1号より