シャガールが描いた妻ベラとの幸せに満ちた絵を紹介!

こんにちは!

今回は、シャガールが一途に愛した妻ベラについてです。

早速見ていきましょう!

ベラ・ローゼンフェルト(1895-1944年)

Bella chagall.jpg

 

ベラ・ローゼンフェルトは、シャガールと同じく帝政ロシア領(現ベラルーシ)ヴィテブスクで生まれました。

シャガールもベラもユダヤ系です。

家は裕福な宝石商でした。

なので、シャガールとは身分違いの恋、2人はベラの両親の反対を押し切って、ベラ20歳、シャガール28歳のときに結婚しています。

翌年長女イダが生まれています。

シャガールはベラのことを一途に愛し、数多くの絵の中にベラを登場させています。

しかし、1944年、48歳という若さで、ベラはウイルス感染により突然亡くなってしまいます。

戦時中で薬が不足し、治療を受けることができなかったからだそう。

シャガールは深く悲しみ、半年間筆を置きました。

その後シャガールは新しい恋をし、再婚もしていますが、ベラのことが忘れられなかったのでしょうか、ベラは絵の中に登場し続けました。

シャガールが描いたベラ

マルク・シャガール《誕生日》1915年

2人が結婚する数週間前に描かれた幸せいっぱいな作品です。

シャガールの浮かれ具合がすごい。(笑顔)

《緑の恋人たち》1916-1917年

《灰色の恋人》1916-1917年

《白い襟のベラ》1917年

 

この写真からこの作品を制作しました。

ベラの下には、シャガールと娘イダが小さく描き込まれています。

《ワイングラスを掲げる二人の肖像》1917-1918年

M.Z.シャガル 散歩

《散歩》1917-1918年

シャガールが嬉しそうで幸せそうでなにより。(笑顔)

《街の上で》1918年

2人の故郷ヴィテブスクの町の上を飛んでいます。

《緑衣のベラ》1934-1935年

《窓際の花束》1959-1960年

絵の中の恋人たちはシャガールと2番目の妻ヴァランティーヌ・ブロツキーです。

ベラはというと、幽霊のような白い姿で左側に描き込まれています。(ベラは1944年に亡くなっています)